女の浮気は心の浮気!?女だからこその浮気動機と防止策

女の浮気

「女の浮気は心の浮気」との言葉もある通り、浮気だったはずが本気になることもあるのが女の浮気。どうして浮気するのか、浮気されたらどうするのか気になりますよね。

この記事では女性特有の心理にスポットを当てながら、女が浮気する理由や浮気の線引き、された場合の対応など女の浮気についてお話しします。

この記事が女の浮気の「なぜ」を理解する参考になれば幸いです。

1、女が浮気する理由

浮気する理由は、男女で違うと言われています。男性が浮気するのは、「あくまで遊び」という部分が大きく、生殖本能に基づいた行為であることが多いのです。

では、女性の場合はどうでしょう。ここでは、女性が浮気する理由や浮気相手に求めるものについてお話します。

(1)女の浮気は心の浮気?

女の浮気は、心の浮気とよく言われます。女性は妊娠する身体の作りをしているため、好きでもない男性と子を宿す可能性がある性行為をすることに非常に抵抗を覚えるからです。

そのため、「浮気した=心を許している」と解釈されます。男が浮気した場合には、本命に戻ってくるケースが多いのですが、女が浮気すると浮気相手が本命になるケースも珍しくありません。

(2)女が浮気する理由

彼氏や夫など、本命がいるにも関わらず、浮気をする女。一体、浮気相手に何を求めているのでしょうか。探偵業をしていて、よく聞くのがこんな理由です。

①淋しくて

「淋しくて」というのは、女が浮気する時によく聞くフレーズです。

本命である彼氏や夫が学校や仕事が忙しくなると、二人の時間が減り、女はそれを「自分に興味がなくなった」「前ほど好きではないのだ」と解釈しがちです。

その穴を埋めるため、浮気するというケースが数多くあります。

また、セックスレスも「自分が女性として認められていない」と感じ、浮気に走ってしまうことが多くなるようです。

②本命との関係がマンネリになった

付き合い始めた時の高揚感が忘れられず浮気するタイプがよく口にする理由です。

ドキドキする気持ちを忘れられず、浮気相手との関係という本命に対する秘密を持つことで、似た気持ちを味わおうというのです。

本命から気遣いをされなくなったり、女性扱いをされなくなっている時に浮気相手から親切にされて……というパターンもよくあります。

③刺激を求めて

「本命に不満はないけれど、なんだか物足りない」という理由で浮気する女もいます。本命からすれば冗談ではないという話ですが、そういう人は治らないのであきらめた方が賢明です。

④押しに負けて

本人に浮気をするつもりはなかったけれど、浮気相手の勢いに負けてつい……というのも、よくある話です。

強姦されたならば被害者ですが、最終的に自分の意思で抱かれたのならば、立派な浮気と言えます。

(3)どこからが浮気?

世の女性は、自分がどんな行動をとったら浮気だと思うのでしょう。「何をしたら浮気だと思いますか?」と女性にアンケートをとった結果、こんな回答になりました。

【女性】

自分がする場合

キス   …23
デート  …22
内緒で連絡…20
セックス …19
手を繋ぐ …10
二人で食事… 6

引用:http://uwaki-tyousatai.xyz/29/32/205.html

一方で、男性が相手にされたら浮気だと思うのは、こんな行為でした。

【男性】

相手にされる場合

内緒で連絡…25
デート  …24
キス   …19
セックス …17
二人で食事… 8
手を繋ぐ … 7

引用:http://uwaki-tyousatai.xyz/29/32/205.html

男女ともに「内緒で連絡」が20%以上を占めるのは、「オープンにできない人間関係は健全ではない」という思考からでしょう。

また、「二人で食事」はよくても、「デート」はNGというのは、本人の意識や二人でいる時の雰囲気が友人を超えたものになったら浮気とみなす人が多いことを示します。

女性自身の基準では「キス」などの直接的な行動で浮気の線引きがなされますが、男性からの基準では「内緒で連絡」や「デート」といった本人の気持ちを重視し、より前段階で線引がなされていることがわかりますね。

2、女が浮気したらこう変わる

彼氏や夫が女の浮気に気付くのは、浮気をしたら変化が現れるからです。具体的にどんな変化があるのか、ご紹介します。

(1)化粧が変わる

化粧の変化は、女性特有の浮気の兆候です。女性の心理として、「好きな人により好かれたい」と相手の好みにあわせる傾向があります。

そのため、それまであなたの好みにあわせていたスタイルが、浮気相手の好みにあわせ、ロングだった髪をばっさり切ったり、これまでのイメージとは違う色の口紅をつけるようになるのです。

(2)服の趣味が変わる

化粧やヘアスタイルだけではなく、服の趣味も浮気相手にあわせる傾向があります。特に、派手な下着を持つようになったら要注意です。浮気相手との密会で使っている可能性があります。

(3)夜を拒む

浮気をした後に最も顕著に表れるのが、性生活の変化です。浮気をしている女は、本命との性生活を拒む傾向にあります。

前段でもお話した通り、女の性には妊娠機能があるため、本能的に好きな相手以外との行為を拒んでしまうのです。

仮に行為に応じても、今までと対応が違ったり、途中で泣き出すというケースも多くあります。

(4)スマホでの変化

現在、浮気がスマホからわかるケースは非常に多く、女の浮気でもそれは例外ではありません。スマホは日常で使うアイテムなので、特に変化に気付きやすいのです。

あなたの妻や彼女にこんな変化はなかったか確認してみましょう。

①入浴やトイレにも持っていく

本命に隠れてやりとりを行ったり、中身を見られたくない場合、お風呂やトイレにまでスマホを持ち込むことがあります。

ただし、スマホの種類によっては、防水仕様になっていてお風呂で半身浴をする時の時間つぶしができるものもあります。

あらぬ疑いをかけて険悪になる前に、なぜ持ち込むのか聞いてみてもいいでしょう。

②ロックをかける

これまでロックをかけていなかったのに、急にロックをかけたら、スマホの中に見られたらまずいやりとりがあるせいかもしれません。

スマホにロックをかけた理由を聞いて、言葉を濁したり逆切れするケースは、浮気をしている可能性が高いと言えます。

③中身を見せるのを拒む

交際中のカップルや結婚生活を楽しんでいる夫婦が「あの時の写真見せて」と言ってスマホを触りあうのはさして珍しい光景ではありません。

以前はそうしていたのに、スマホをあなたに渡さなくなったり、見せること自体を拒むようになったら、見られたらまずい別のデータが入っている可能性があります。

3、女の浮気を知ったら

彼女や妻が浮気していると気付いた場合、どうやったらやめさせることができるでしょうか。ここでは、話し合いに至る手順についてご紹介します。

(1)まずは証拠の確保

何よりも必要なのは、「浮気をしている」という確実で客観的な証拠を押さえることです。

浮気をしているのが確定でも、証拠がなければ「気のせい」や「勘違い」で言い逃れられてしまいます。また、結婚している場合には、将来調停や裁判が必要になるかもしれません。

先に証拠を押さえておかないと、「浮気しているだろう」と問い詰めてからでは、相手のガードも固くなり、証拠を得にくくなります。

相手がこちらが気付いていると知らないうちに、証拠を集めてしまいましょう。

①どんな証拠が有効?

調停や裁判で必要になるのは「肉体関係があった、もしくはあったと思わせる証拠」です。

具体的にはラブホテルへの出入り写真や、肉体関係があったことをほのめかすメールやSNSでのやりとりなどです。また、内容証明や訴状を送るために、浮気相手の住所氏名が必要になります。

②自分で探すのが難しいと思ったら

「浮気をしていると思うけれど、証拠までは押さえられない」という場合、探偵事務所に依頼するのも手です。

調停や裁判でも使える証拠を押さえてくれますし、調査報告書自体も証拠として採用されます。

また、カウンセリングを併設している探偵事務所も多いため、「証拠を得た後にどうすればいいか」「家族にとっての一番良い結論は」など、今後のことも相談できます。

(2)この先どうしたいのか自分の意見を考える

浮気していた彼女、もしくは妻と、この先どうしていきたいのか考えましょう。交際期間中であれば、別れるのは比較的容易ですが、結婚しているとなるとそうもいきません。

特に子供がいる場合は、親権について考える必要があります。「子供にとって何が幸せか」を考えてみましょう。

(3)話し合う

証拠を揃え、希望を定めたら話し合いです。浮気を知ったという事実を伝え、今後どうしたいのかを話し合いましょう。話し合いの仕方にも様々なケースがあります。

ここでは、話し合いのパターンについてご紹介します。

①二人で

まだ交際期間であったり、結婚していても話し合う余地がある場合は、二人で話し合うのもいいでしょう。

相手が逆上したり感情的になりそうな場合は、レストランなど第三者がいる場所で話し合うのも有効です。

②調停を利用する

すでに結婚をしていて、二人で話し合うのが難しい場合、調停を利用することもできます。調停は「夫婦関係調整調停」と呼ばれ、離婚・再構築どちらの目的でも使えます。

調停のメリットとして、第三者を挟むことで客観的な意見が伝えられ、冷静なやり取りをできるという点があります。デメリットは解決に時間がかかることです。

調停でお互いが納得したケースでは、3ヶ月〜半年かかるのが一般的です。

4、女に浮気をさせないために

これまで女が浮気をする原因や浮気をした時の変化についてお話ししてきました。では、そもそも浮気させないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

(1)愛情表現をする

女が浮気する原因に「寂しさ」がありました。日本の男性は愛情表現をあまりしない人が多く、そのため女の心理としては「本当に好かれているのだろうか」と不安になってくるのです。

時々は自分の気持ちをはっきり伝え、コミュニケーションを図りましょう。

(2)マンネリを防ぐ

いつも一緒にいれば、付き合い始めた当初のときめきも薄れがちですし、最初のような気遣いも忘れがちです。

共にいることを当たり前だと思わず、デートがマンネリ化しないようにしましょう。

(3)時には甘える勇気も必要

彼女や妻を支えようと必死に走っていても、あなた一人が全てを抱えていると、女の心理として「私は必要なのだろうか」と感じる傾向にあります。

「女に甘えるなんて」と思うかもしれませんが、甘えるという行為は心を許しているということにも繋がります。パートナーの自尊心を満たすために、時には甘える勇気を持ちましょう。

(4)共通のビジョンを持つ

「結婚したら、こんな家に住みたい」「ペットを飼うのもいいね」など「将来、二人でどうなりたいか」という共通の未来へのビジョンを持つのは、この先関係を続けていく上でとても大切なことです。

同じ目標に向かっている分、他に目移りする可能性が減りますし、共通の話題も増えます。

5、女の浮気の末路は?

これまで男性目線でお話をしてきましたが、実際に浮気をしたらどんな末路が待っているのでしょうか。

女の浮気で最も悲惨なのは、浮気相手の子を妊娠し、本命と浮気相手両方に去られるケースです。

いくら「一緒になろう」と口では愛を囁いていた浮気相手も、現実がのしかかれば逃げていくケースが多々あります。

また、裏切られた本命が女を許すことも容易ではありません。ここでは、女が浮気した時の末路についてお話します。

(1)浮気相手と別れる

浮気の恋が急に冷めたり、本命との結婚話が浮上したなど、女が浮気相手と別れを決意するにもタイミングがあります。そんな時、どんな選択肢があるのでしょうか。

①本命と再構築する

浮気がばれていない場合、本命のところに戻るために浮気相手との関係を解消し、黙っている女も多くいます。

本命に浮気を知られていた場合には、速攻で浮気相手を切り捨て、本命に尽くそうとするのも女の特徴です。

②本命とも別れる

本命が浮気を知っていた場合、許すか許さないかは本命次第となります。女が不本意でも、交際は一人きりではできませんから、本命が女を許さない限り別れる結果となります。

(2)浮気相手と付き合う

浮気が本気になるケースです。この時、女は本命と別れ、浮気相手と付き合うことを選びます。

本命が浮気を知っているにしろ知らないにしろ、女の意志が固い限り復縁は難しいと言えるでしょう。

(3)結婚していた場合

結婚している女が浮気をした場合、離婚も視野に入れた話し合いになる可能性が非常に高くなります。

①夫とやり直す

浮気を夫が許した場合、夫婦として再構築することができます。

許す条件は夫により異なり、「二度としないこと」で済ます場合もあれば、不倫相手が仕事関係者の場合は職場の変更や、夫と頻繁に連絡をとるように条件がつく場合もあります。

夫は浮気相手に対し慰謝料を請求する権利がありますので、浮気相手に対し慰謝料の請求がありえるでしょう。

②夫と離婚する

夫が浮気を許せない場合、離婚になることも珍しくありません。浮気は不貞行為なので、浮気した妻は「有責配偶者」となります。

有責配偶者からの離婚請求は裁判では認められていないので、「浮気相手と一緒になるから離婚して!」と妻が言っても、夫に応じる義務はありません。

逆に「浮気相手と一緒にさせたくない」と離婚しない夫もいます。また、離婚の際には、夫から慰謝料を請求される可能性があります。

まとめ

今回は、女の浮気についてお話ししました。

女が浮気する心理や、女が浮気することで起きる変化など、「女だからこそ」見られる特徴は多々ありますね。この記事が女の浮気についての参考になれば幸いです。