浮気は同窓会で起きている!浮気の確認方法と4つの選択

昔の友人と久々に会い、楽しい時間が過ごせる同窓会。同じ学校の人々が集まるからこそ、そこは、かつての恋人や好きな人と再開する場所でもあります。

同窓会後に夫婦の中がギクシャクしたり、上の空な態度が増えてきたりしたら、注意が必要なサインです。

ドラマや小説のように、同窓会がきっかけで浮気をしてしまう可能性が十分に考えられます。

そこで、同窓会後の不安を解消するために、ご主人が本当に浮気をしているのかを確認する方法をご紹介します。

さらに、浮気が確定した場合の選択肢も合わせて紹介しますので、同窓会をきっかけにしたご主人の浮気について改めて考えてみましょう。

あなたが抱えるその不安を解消して、前向きに過ごせる手助けができれば幸いです。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、同窓会で浮気に発展するきっかけとは

昔の友人たちと久々に会って楽しむ同窓会、しかし、間の空いた再会だからこそ、浮気へ発展するきっかけが隠れているのです。

(1)昔付き合っていた彼女との再会

高校や大学の同窓会で多いのが、昔の彼女との再会です。すでに別れているから問題ないと思うのは非常に危険です。

当時その彼女と別れた理由の多くが、若さや経験の少なさによるものだとしたら、大人になりさまざまな経験を経ることで、嫌だった部分もなくなり、当時より魅力的に見えてしまうことがあります。。

そして、元々好きだったという事実が心の中に残っているため、お互いに気持ちが高まってしまうと、簡単に浮気へと走ってしまうのです。

(2)初恋の相手との再会

中学校などもう少し年齢が低かった同窓会での再会が初恋の相手です。

告白したくてもできなかったなどの淡い思い出が、何年も経った現在でも心の中に残っていることがあります。

大人になったことでドキドキしながらも、普通に話せるようになり、くすぶっていた当時の気持ちが蘇ってしまうのです。

また、思い出は美化されて心の中に残っているため、改めて自分の理想の相手だと感じてしまい、より燃え上がってしまうこともあります。

そして、ご主人にとって初恋の相手がOKならば、拒む理由がありません。

相手が結婚している場合でも、冷静な判断ができずに関係を持ってしまうことが多いのです。

(3)ハメを外しがち

昔の友人と会い、当時できなかったお酒を飲みながら会話をするのは、非常に楽しい時間です。

しかし、楽しみ過ぎて気が大きくなってしまい、浮気してしまうことがあるのです。

また、同窓会へ出席している女性もハメを外しやすいため、ほんの少しのきっかけでも関係を持ちやすい環境になっています。

そのため、ただ再会したというだけでも浮気のキッカケになってしまうのです。

この場合は同じ同窓会に出席していた知り合いの女性だけでなく、同じ会場にいた人、帰り道などでナンパした人などが浮気相手になることもあります。

(4)日常生活にはない刺激を求めてしまった

同窓会という特別な空間だからこそ、いつもの日常生活では経験できない刺激やスリルを求めて浮気をするご主人も多いようです。

そして、家事などで自宅にいることが多い女性側も日常生活に刺激を求めていることがあります。

つまり、ご主人からではなく浮気相手から誘われる場合も多いのです。

女性から誘われると断れない男性はたくさんいるのです。


2、同窓会で浮気に発展するケースは多い?

さて、同窓会がきっかけとなる浮気には、さまざまな理由がありますが、実際にどれくらいの人が浮気に発展しているのでしょうか?

毎日多くの不倫に関する相談を受けている私どもの感覚では「多い」と言ってよいと考えています。

また、どちらかというと、男性ではなく女性が主導となっているケースが多いです。女性が積極的になる同窓会がきっかけで浮気が始まるのです。

同窓会へ出席する場合、ご主人の行動や考えに注意しなければいけないというイメージがあります。

しかし、本当に注意が必要なのは、同じ同窓会へ出席している女性なのです。


3、同窓会をきっかけに浮気が始まったかもしれないと思ったら行うべき4つのチェック方法

同窓会から帰ってきたご主人の行動が怪しく感じたら、4つのポイントから浮気を確かめてみましょう。

(1)携帯電話(スマートフォン)

浮気の証拠がバッチリ残っているもの、それは携帯電話です。

昔から浮気発覚の定番となっていますが、携帯電話には相手の名前や電話番号、写真にメールのやり取りなど、重要な証拠が満載です。

ただし、それはご主人も十分理解しています。

わざわざ怪しい証拠を携帯電話の中に隠しておく人は少ないですし、そもそも見られないようにロックしているのが普通でしょう。

そこで、まずはパスワードが何かを判別するなど、ロック解除する方法を探りましょう。

その後は、メールの設定を変更して同じ内容のものが自分の携帯電話へ転送されるようにしておくことで、証拠が手に入ります。

特に、スマートフォンならばバックアップを使用することで、ご主人のコピー携帯電話を作成することもできます。

すると、細かい内容も把握できるようになります。

しかし、ここまでやってしまうと、バレてしまった時、ご主人の信頼を失うことになり、関係の修復が難しくなることもありますので、やりすぎないように注意しましょう。

(2)パソコン

携帯電話と同じく情報が詰まっているのがパソコンです。

ウェブサイトの閲覧履歴などから、浮気相手の存在を確かめることができます。

特に、女性向けのブランドサイトなどを見ている場合は要注意です。

また、こうした履歴などを復元させる無料ソフトもありますので、携帯電話よりも手軽に消した証拠を発見できます。

しかし、仕事で使うパソコンは自宅にないこともあり、ご主人が上手に使い分けていると確かめるのは難しいかもしれません。

(3)車内

携帯電話やパソコンなどから浮気が発覚するというのは、もはや誰もが知っています。

そのため、夫も対策がしやすい部分です。

そこで注目したいのが、車内の環境です。

助手席の座席の位置や小物などから、浮気の有無を確かめましょう。

特に男性は、車内を第2の部屋と思っていることが多いため、浮気に繋がるものが隠されていることが多いのです。

また、浮気相手が意図的に証拠を残し、あなたの反応を試していることもあります。

これは、妻であるあなたが浮気に気づいていないことに優越感を抱くためです。

このように、浮気相手が直接触れる部分だからこそ、車内には浮気のメッセージが多く散らばっているのです。

(4)その他

浮気を確かめる=確実な証拠を集める、ということではありません。

まずは、些細な変化から浮気をしているのか疑ってみる、ということも必要です。

例えば、浮気相手と一緒にいる時間を確保すると、必然的にあなたや家族といる時間が減ります。

そこで、ご主人は残業や休日出勤などの理由をつけて、外出時間が長くなります。

そこで、帰宅時間などをきちんとメモに残しておき、いつから忙しくなったのかを確かめてみましょう。

もし、同窓会の後から仕事が忙しくなっている場合には、浮気をしている可能性が高いと考えられます。

このように帰宅時間や服装、持ち物などの変化が浮気によって起きていることがあるため、変わったと感じる部分を日記などに記しておきましょう。

後々にも効果の高い浮気の証拠にもなることもありますので、些細なことでも残しておくようにしてくださいね。


4、浮気が発覚したたらどうしたらいい?

ご主人の怪しい行動から、ついに浮気の証拠を掴んだあなた、では、この後はどのような対応をしたらよいのでしょうか。

(1) 大前提として証拠の確保

まずやるべきことは証拠の確保です。

離婚慰謝料請求するにせよ、話し合いをするにせよ、証拠があれば有利になります。

なお、証拠の集め方については以下の記事が参考になります。

より詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

浮気の証拠って何?使える証拠の押さえ方と調べ方のコツ

(2)浮気が発覚した後に採ることができる4つの選択肢

① 夫婦で話し合いをする

夫の浮気を知ったあなたが取る行動は大きく分けて2つあります。

関係を修復させるのか、離婚するのかです。

ただ、どちらの場合も一方的にできるものではありませんので、まずは夫婦2人で話し合う時間を設けましょう。

その中で、あなたの気持ちや2人考えを隠さずに伝え合い、今後の夫婦のあり方を考えます。

話し合うことでお互いの気持ちを整理することができるため、どんな結論を出したとしても後悔することは少なくなりますよ。

② ご主人と誓約書を結ぶ

関係を修復する場合、基本的にはあなたが許すことになります。

しかし、一度浮気をした相手をもう一度信頼するためには時間を必要とします。

一度許した後で会っても少しのことでも不安や心配を感じてしまいます。

そこで、誓約書というきちんと目に見える形で、これからの決まり事を残しておきましょう。

例えば、次浮気をしたら離婚する、今後1年間の土日は家族サービスと優先させるなどです。

ご主人にとってはペナルティになり、あなたにとってはメリットになることを決めておくのがいいでしょう。

状況に応じて定期的に内容を変更していくこともOKですので、あなただけが不安を抱えずに、再び一緒に生活できる状況を作りましょう。

③ 離婚はしないで慰謝料請求をする

さて、浮気の責任を追及する方法として、慰謝料を請求することができます。

実は、慰謝料請求に関しては離婚しなくても行うことができるため、ご主人へ請求して相当額を受け取ることもできます。

ただ、この場合は口座間でお金が移動しているだけですので、多くの場合は慰謝料代わりにブランドのバッグなどの高額なものを買ってもらうことが多いようです。

また、不倫は1人ではできません。

つまり、離婚しなくても浮気相手へ慰謝料請求ができます。

離婚が伴わないため、金額は減額されてしまいますが、浮気相手への責任の追及を忘れずに行いましょう。

④離婚をして慰謝料を請求する

浮気を知った後の行動としてのイメージが強いのが、離婚して慰謝料請求を行うことです。

離婚する場合は、夫と浮気相手、どちらへも請求することが一般的で、より重たい責任を追及できます。

ただし、離婚後はあなた1人で生活しなければならず、子供がいる場合には慰謝料や養育費だけでは足りなくなることもあります。

必ずしも離婚することが最善策とは限りませんので、よく考えて決断を下しましょう。


まとめ

同窓会は昔の仲間と会える楽しい場所なのですが、どうしても浮気のきっかけとなる場所というイメージが強く、ご主人の浮気を心配する妻も多いのは事実です。

そこで、前もって浮気を確かめる方法や、浮気をしていた場合の対処法を知っておき、もしものときの場合に備えておくことが大切です。

ただ、もしもが現実になった時には、きちんと適切な方法で対処しなければいけません。

そのため、実際にご主人の浮気の証拠を掴んだら、弁護士へ相談や依頼をして、より的確な方法で責任を追及しましょう。

もちろん、その前には夫婦でしっかりと話し合い、後悔のない選択をしてくださいね。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。