里帰り中に旦那が浮気する理由は!?浮気を予防するためのコツ4つ

嫁いだ先から、もともと自分が暮らしていた実家に帰る「里帰り」。

単に顔を見るのが目的だったり、出産のために帰ったりと理由はさまざまです。

ですが、この里帰り中に旦那が浮気する確率が高いと言われているのはご存知でしたか?

特に里帰り出産中は浮気の心配が余計に高まってしまいます。

そこで、里帰り中に浮気をしてしまう旦那の心理や浮気の防止策などを一緒に確かめていきましょう。

安心して里帰りをし、旦那と幸せな家庭を築くためにも、ネガティブな情報をしっかりと把握しておき、今から対策を講じましょう。

あわせて読みたい

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、旦那が里帰り中に浮気する理由は?

妻の里帰りに合わせて浮気をするという、最大の裏切りを行う旦那。
ですが、どうしてこのタイミングで浮気をするのでしょうか?

そこには、里帰りならではの理由があります。

(1)奥さんが確実にいないから

好きな人と一緒に生活してゆく結婚生活。

しかし、結婚生活の中で一度は浮気をしてみたいと思う男性も多いのです。

ただ、普段は妻がいるため、なかなか一歩踏み出せず、実際に浮気ができません。

しかし、里帰り出産となると確実に妻がいない時間が長く続きます。

そこで、この時をチャンスだと思い、浮気へ走ってしまうのです。

(2)開放感から

妻がいる生活は、良くも悪くも男性の中では妻が中心の生活になってしまいます。
女性関係はもちろん、帰宅時間や食べるものでさえ制限されることも多いのです。

妻の里帰りで久々の自由な一人暮らしができ、こうした制限から開放された高揚感から浮気をしてしまいます。

特に、子供がおらず妻が自宅にいないという場合には、この期間が最後の羽根を伸ばせる時だと考える男性も多いようです。

浮気は妻にとっては最低の行動ですが、最後に遊んでおきたいという男性の心理によって、浮気へのハードルがグッと低くなってしまうのです。

(3)性欲処理に困って

男性にとって性欲処理は、ある意味日常的な行動の一つです。

子孫を残したいという気持ちが強くなることで、たかが外れてしまうこともあります。

妊娠初期はセックスできますが、出産が近づくほどできなくなります。

また、情緒が不安定になったり、匂いなどに敏感になることから、そうした行為をすること自体が嫌になってしまうこともあります。

すると、長期間男性は性欲を溜め続けなければならず、里帰り中という妻がいない間に発散しようと思ってしまうのです。

また、家を空けていなくても浮気される背景にあるのは、こうした生理的な欲求を満たすためだといわれています。

特に里帰り出産の場合、自分の子供が産まれるのに身勝手だと思われるかもしれませんが、男性は産まれてからしか父親になることを実感できません。

産まれる前は、どうしても自分本意な行動に走ってしまいがちなのです。

(4)妻子に会えない寂しさから

妻のためだと分かっていても、男性にとって妻と離れるのは寂しさを感じてしまいます。

特に、出産という危険が伴う行動に自分が積極的に関われないことに対しても、不安を覚えることもあります。

その結果、寂しさや不安を紛らわすために、他の女性を求めて浮気をしてしまうのです。

気持ちが矛盾していますが、こうした浮気は戻ってきたらすぐに関係を断つことも多いため、一時的な衝動なのかもしれません。


2、里帰り中の旦那の浮気を防止するには?

では、さまざまな理由で起こる、里帰り中の浮気を防止する方法はどんなことなのでしょうか?

(1)コンタクトをマメにとる

里帰り中の浮気の防止策で大切なことは、離れていてもコミュニケーションを積極的に取ることです。

①メールやLINEは仕事を気遣いながら

メールやLINEを利用することで、離れていても手軽に連絡を取り合うことができます。

ただし、お互いの時間の認識がズレていることに注意しましょう。

例えば、妻には時間を自由に使える日中でも、夫にとっては仕事中です。

すると、あなたから連絡をもらっても、旦那は簡単に返信できません。

また、残業が続いていても、離れていることでそれが分からず、夜に連絡しても返信が来ないことにイライラしてしまうこともあります。

さらに、今日何があったのか、あなたは知りたいかもしれませんが、細かいことをしつこく聞かれるのは旦那のストレスになってしまいます。

こまめな連絡が束縛に感じてしまうと、旦那は逃げるように浮気をしてしまうこともあります。

きちんと相手のことを考えながら、適度な頻度で連絡を取り合いましょう。

②時には顔を見て話を

メールやLINEは手軽な一方で、文字だけではなかなか真意を伝えることは難しいです。

そこで、スカイプやテレビ電話などを利用して、顔を見て話をする時間を設けましょう。

特に、スカイプなどは室内の様子も移すことができるため、浮気相手を自宅へ招き入れることが難しく、この点も浮気防止策に有効です。

食事に時間を合わせて、一緒に食べるのも良いかもしれません。

表情は言葉よりも相手へ与える情報は多くなります。

お互いに顔を合わせながら話すことは、離れている中での最高のコミュニケーション手段といえるでしょう。

(2)父親としての自覚を促す

妊娠中の浮気は、総じて旦那が父親としての自覚がないことが根底にあります。

そして、出産後にすっかり浮気をしなくなるのは、父親として気持ちを入れ直すからです。

そこで、生まれる前から旦那をパパと呼ぶなどして、父親になる、すでに父親なのだという自覚を促してあげましょう。

こうすることで、子供のためにも浮気はできないという気持ちが生まれやすく、浮気の抑止になるのです。

ただ、あまりにも父親としてのプレッシャーをかけすぎると、現実から逃げるために浮気をしやすくなります。

逆効果にならない程度に、旦那へ父親の自覚を持たせましょう。

(3)産後は赤ちゃんの写真をたくさん送る

父親としての自覚が産まれるのは、実際に赤ちゃんを見た瞬間だといわれています。

そこで、産後は赤ちゃんの写真や動画をたくさん送りましょう。

ふとスマホを見る度に赤ちゃんの姿が目に入ることで、子供のために頑張ろうという気持ちから、浮気の抑止や浮気をやめさせられるのです。

また、可能な限り旦那と会える機会を設けるのも非常に効果的です。

赤ちゃんのためにも、早くパパに会わせてあげましょう。

(4)これはダメ!「浮気したら〜」と脅す

浮気を抑止するために、「浮気をしたらすぐに離婚するよ」などと旦那を脅すことがよくあります。

しかし、この言動は逆効果になりやすいため、絶対にしてはいけません。

こうした脅し文句を言われた旦那は、信頼されていないと感じ、本当に浮気してやろうと火をつけてしまうのです。

なるべく、「信じてるよ」と信頼をベースにしたアピールのほうが効果的です。

また、芸能人や時事ニュースなどを利用して、浮気の大変さを分からせることも良いかもしれません。

この場合は、あくまで他人事のように話し、無意識に相手へアピールするようにしましょう。


3、里帰り中の浮気を見抜くポイント

さて、どれだけ対策しても浮気をする旦那はいます。
それでは、里帰り中に浮気を見抜くポイントを確かめていきましょう。

(1)旦那の言動が不自然

里帰り中に行うメールやLINEをしている中でも、離れる前よりもメールなどの文面が変化したり、電話に出られない頻度が増えたりしたなど、今までと違う変化に気づくことがあります。

実は、旦那のこうした何気ないところに違和感を覚える場合、浮気をしている可能性が高くなっています。

そこで、「何か変だよ?変わったことない?」と、ストレートに聞いてみましょう。

もし、さらに不自然な言動になったら、浮気を確定しても良いかもしれません。

また、浮気をしていなくても、「あなたのことが心配だったから」と付け加えることで、相手に疑っていることを悟らせないこともできます。

離れているからこそ、ストレートに相手の不自然さを突くことが、次の浮気を防止するためにも大切です。

(2)突然のskypeに動じる

休みの日や帰宅後の時間を狙って、スカイプやテレビ電話を突然かけてみましょう。

対応できるできないかは問題ではありませんが、いつも以上に強く拒否する場合は可能性が黒に近くなっている証拠です。

あまりにも拒否が強い場合、周囲にあなたに見せたくないものや人がいる可能性があります。

つまり、浮気相手と会っている場合や、浮気の証拠が側にあることを意味しているのです。

また、電話中にSkypeをねだってみるにも効果的です。

拒否しても、外の雑音から周囲の状況が判断できるため、嫌がる理由に嘘がないかを見極められるからです。

映像という相手に伝える情報量が多い通信だからこそ、やましいことがあるほど拒否したくなってしまうのです。

(3)自宅に戻った際の違和感

里帰り出産を終えて自宅に戻った際、あなたが出ていったときと同じなのかあたりを見渡してみましょう。

もし、少しでも違和感を覚えたら、何が変わっているのか考えたり、探してみたりしましょう。

例えば、見たことがないものが増えていたら浮気相手の私物の可能性がありますし、消臭剤が増えていたら痕跡を消すための工作かもしれないからです。

大きな変化よりも、ちょっとした変化の方が浮気の可能性を高めますので、戻った直後は敏感に自宅の中を見渡してみましょう。


4、里帰り中に旦那の浮気が発覚したら

もし、あなたの里帰り中に旦那の浮気が発覚したら、どのような対応をしたら良いのでしょうか?

(1)まずは母体優先

里帰り中に優先することは、二人の関係よりも子供のことです。

浮気の問題は後からでも十分解決できますし、遅くはありません。

しっかりと、安全に元気な赤ちゃんを産めるように出産に専念しましょう。

もし、旦那と関わることでストレスになるようなら、重要な連絡は両親に代わってもらうなどして、出産までなるべく話したり会ったりしないようにすることも視野に入れましょう。

(2)体調が落ち着いてから話し合いを

無事に出産し、あなたも子供も体調が落ち着いたら、これからのことについて話し合いましょう。

ただ、出産後の育児と並行しながら、今後について話し合うのは難しく、子供の状況によっては、きちんと話し合いができない場合もあります。

そこで、あなたは地元に残り、旦那に実家に来てもらいましょう。

話し合い中は両親に子供の世話を頼んでおくことで、しっかりと今後のことについて考えながら話し合いができます。

また、出産後も離れた時間を作ることで、お互いに冷静な考える時間ができるため、感情に流されず、後悔しない選択ができます。

(3)浮気された人の79.8%は再構築を選んでいる

出産中の浮気は簡単に許せない行為です。

しかし、即離婚することが必ずしも正しい決断とはいえません。

一人で子育てをしながら働くというのは、非常に厳しい道程だからです。

また、浮気をされた人の79.8%が離婚をせず、関係の再構築を望んでいるというデータがあります。

たとえ許すことができなくても、離婚までの猶予期間を設け、相手の誠意を見てから改めて離婚するかの決断を下しても遅くはありません。

すぐに結論を出して後悔しないように、あなたの感情よりも子供のことを踏まえた最善策を見つけましょう。

(4)離婚する場合には証拠があればより有利に

もし、どうしても一緒にいることが辛い場合は、離婚を前提に話し合いを進めましょう。

ただ、旦那が頑なに認めていない場合、離婚したくても離婚できない場合があります。

そこで、探偵に依頼して、確実な旦那の浮気の証拠を集めましょう。

確実な証拠があれば、旦那は逃げることができず、浮気相手への責任も追求できます。

特に、出産後は以前のような体力が戻らず、子育てもあるためなかなか自由に動けません。

育児の大変さと浮気の証拠集めのストレスから、精神的なストレスも計り知れないものになることもあります。

そのため、プロである探偵へ依頼して証拠を集めることで、負担を軽減した証拠集めが可能なのです。

大変なときだからこそ、探偵の力を借りましょう。

あわせて読みたい

まとめ

ただでさえ増えるという妊娠中の浮気の確率を、さらに上げてしまう里帰り出産です。

夫一人を残す妻にとっては、出産とともに大きな悩みとなってしまいますよね。

しかし、離れているからこそバレないと気が緩んでしまい、浮気のサインや証拠を見せやすくなるともいわれています。

つまり、見つけやすい浮気をすることが多い時期なのです。

ただ、里帰り中に夫の浮気を見つけても、すぐに面と向かって話すことはできず、余計にモヤモヤしてしまうこともあります。

そのため、出産前に浮気の兆候を見つけたら、探偵へ浮気の証拠集めを依頼しておくだけにして、出産に集中しましょう。

そして、出産後にきちんと夫と話し合い、浮気の事実を突きつけるのが良い選択となります。

また、すでに夫の浮気はあなたと二人の問題ではなく、子供を含めた家族の問題です。

離婚するかどうか、なにが家族にとって大切な選択なのかを考え、最良の選択を選びましょう。

あわせて読みたい

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。