PTA不倫!不倫している妻の特徴5つと証拠の集め方

PTA 不倫

※本記事は宗万恵行が監修しています。

子供や学校のために頑張るPTAですが、休日にもPTAのために出かけたり、夜遅くまで集まりに参加したりするなど、度が過ぎるほどのめり込んでしまう場合があります。

ですが、その行動はPTAではなく不倫によるものかもしれません。

実は、PTAが出会いのきっかけとなり、PTA内で不倫が起こることは少なくありません。

しかし、証拠もなく妻を問い詰めても、本当のことを話すとは限りません。

そこで、不倫をしている妻の特徴や証拠の集め方などを紹介します。

家事などが疎かになったり、夫婦のコミュニケーションがなくなったりしていませんか?

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、PTA不倫のきっかけ

子供や小学校のために集まり行動するPTA。

しかし、その集まりが不倫への第一歩になることがあるのです。

そこで、どうしてPTA内で不倫が起きるのか、そのきっかけとはどんなことなのでしょうか?

(1)夫婦関係がマンネリ化

PTAに限らず不倫のきっかけとなってしまうのが、夫婦関係のマネリ化です。

幸せなことに変わりはありませんが、どこかでいつもと同じ関係、日常に飽きてしまうことがあります。

すると、PTAの集まりが異性とのコミュニケーションの楽しさを再確認するきっかけとなり、そのまま関係が進行していき不倫にまで発展してしまうことがあるのです。

(2)PTAの飲み会なので酔った勢い

PTAというと学校に集まるイメージが強いですが、運動会などPTAが運営する行事が終わると、その打ち上げなどが行われます。

大人が集まる打ち上げですので、その場が飲み会になることも多いのです。

特に、子供に縛られることのない久々の飲み会になるケースもあり、久々の飲み会の楽しさや酔った勢いが不倫のきっかけになってしまうのです。

(3)流されるままに

マンネリ化やお酒の勢いなどとも関係していますが、夫婦関係が長引くと異性に誘われる機会が劇的になくなります。

すると、誘われたことで嬉しさや女性として見てもらえた事、自分の魅力が損なわれていないということを感じます。

また、夫婦生活を長く送っていると生活の中でだらしがない相手の姿や行動、思いやりのない言動などに不満を感じている中、隣の芝生は青く見えてしまい、配偶者と比べてしまいます。

その結果、高揚した気分やその場の雰囲気に流さてしまい、気付いたら不倫関係に陥っていたということも少なくありません。

(4)話が合う世代が集まりやすい

結婚や親になるタイミングは異なりますが、一方でPTAに参加している人々は、同じ年齢の子供を持つという共通点があります。

つまり、嬉しいことや大変なことを共感しやすく、話題が尽きることはありません。

刺激のない生活の中で、昔を懐かしむ、学生時代に戻ったような楽しさを感じてしまいます。

つまり、会話や関係を築くきっかけが豊富にあるため、そのまま深い関係になっても不思議ではないのです。

さらに、子供が同じ年齢であれば、それだけ夫婦関係の期間も似ています。

すると、夫婦関係のマンネリ化も共通の課題になる場合が多く、お互いにマンネリ化を疎ましく思った結果、お互いが不倫を望み関係を持ってしまうこともあるのです。


2、PTA不倫している妻の特徴5つ

PTAは誰でも参加でき、疑いを持ちにくいからこそ不倫をしていてもバレないことが多いです。

そこで、不倫をしている妻の5つの特徴からPTA不倫しているかどうかを見極めましょう。

(1)スマホを肌身離さず持ち歩く

不倫中の妻にとってスマホは相手との繋がりを感じる唯一のものになります。

また、同時に不倫の証拠が詰まっているからこそ、あなたに見られる訳にはいきません。

ですので、常にスマホの画面を見たり、家の中でも肌身離さず持ち歩いていたりしたら不倫を疑ってみましょう。

(2)服装の趣味が変わる

不倫をしている妻の中では、夫よりも不倫相手のことを気にしています。

つまり、あなたではなく不倫相手により魅力的だと思われたいという気持ちが強くなるため、服装やアクセサリーなどの趣味がガラッと変わります。

ですので、こうした変化を見逃さないことも不倫を見極めるためには必要です。

(3)怒りやすくなる

夫より不倫相手を魅力的に感じている妻は、常に不倫相手と夫を比べ、夫の足りないところが目に付くようになります。

すると、夫の行動にイライラを感じるようになり、夫から見ると怒りやすくなったように感じます。

つまり、妻の感情や自分への態度の変化も不倫時の分かりやすい特徴といえるのです。

(4)一人で外出することが増える

不倫相手と落ち合うのに、夫と一緒に行動するのはありえません。

つまり、不倫をすると妻が一人で外出する機会が極端に増えます。

また、PTAの会合のスケジュールを夫は把握していないからこそ、PTAを言い訳に使って、一人で外出していても不審を持たれないようにしている妻もいます。

ですので、理由に惑わされず1人での外出に違和感を覚えることが大切です。

(5)お金の使い方が荒くなる

不倫をしていると化粧品やバック、服など自分を魅力的に見せるためにお金の使い方が荒くなります。

ただ、家計を妻が管理しているとお金の変化に気付かないことも多いです。

そこで、お金の流れだけでなく、室内の物の量や変化にも気を配っておき、急激に服やバックが増えていないかもしっかりとチェックしましょう。


3、妻のPTA不倫の証拠を集める方法

妻の行動から不倫が疑わしくなったら、本当に浮気をしているのか、その証拠を集めましょう。

(1)自分で不倫の証拠を手に入れる

妻が不倫を隠すために行動していても、カバンの中などには不倫の痕跡が隠されています。

特に、PTAという目的がある以上、その日の日付が記載されたPTAとは関係のないレシートや領収書から、不倫をたどることが可能です。

また、日記やスマホなどには不倫の詳細が記載されていることもあり、こうした見られないと思っているものもしっかりとチェックすることが必要です。

抵抗感があるかもしれませんが、不倫の真偽を確かめるためにも、念入りに確かめていきましょう。

(2)探偵事務所に依頼する

PTAで知り合った人は、平日の昼などでも行動ができることが多いです。

すると、あなたの知らないところでデートなどをしている場合があります。

そこで、探偵事務所に依頼して妻の調査を行いましょう。

平日の昼は夫が仕事中だからこそ、行動に油断が生まれることがあり、夜よりも行動が大胆になりやすいです。

そのため、調査費用が安く済ませられることもありますので、仕事などで忙しく自分で証拠集めが難しいときなどは、探偵の力を借りて不倫の真偽を確かめましょう。


4、妻のPTA不倫が発覚した場合の5つの選択肢

妻の不倫の証拠がいくつも集まり、その事実が明らかになった場合には、5つの選択肢から目指す目標や考えに合わせた行動をとりましょう。

(1)まずは証拠をとりましょう!

離婚をするにしてもしないにしても、まずは、手元にお守りとして証拠を持ちましょう。

不倫を疑ってしまい証拠もなく相手を問い詰めてしまったら、警戒して証拠を撮る事ができなくなってしまいます。

証拠を手にして、離婚するもしないも自分で決まられるところまでは何もなかったように生活を送って下さい。

(2)誓約書を結ぶ

妻との関係をやり直す場合、夫は仕事のために家を空ける時間が長いため、妻を一人にしておくことへ抵抗を感じることがあると思います。

ですので、妻としっかり誓約書を結び、今後の行動の制限や次不倫をしたときのペナルティなどを取り決めておきましょう。

もし、誓約書の提案へ不信感を表すようなら、やり直すという選択肢を考え直しても良いかもしれません。

(3)離婚カウンセリングを受ける

夫婦問題を解決するために、近年注目されているのが離婚カウンセリングです。

このカウンセリングでは、不倫から離婚するための方法だけでなく、やり直すためのアドバイスも頂けます。

特に、客観的、専門的な観点からアドバイスを貰えるため、不倫の事実を知り考えがまとまらないときでも頼りになりますよ。

(4)離婚は止めて浮気相手に慰謝料請求だけをする

不倫の責任を追及するために行える慰謝料請求。

実は、精神的な苦痛を与えられたことに対する請求権ですので、離婚の有無に関わらず請求することができるのです。

そこで、離婚をしない場合でも浮気相手に慰謝料請求を行い、その責任を追及しましょう。

(5)離婚を決断して慰謝料請求を行う

もし、離婚を選択する場合には、慰謝料請求を行う相手は不倫相手だけでなく妻も含まれます。

お互いの行動に傷つけれたことになるからです。


5、注意!W不倫の場合は慰謝料請求に意味がなくなる可能性

PTAで出会う人は既婚者である場合が多いです。

すると、お互いに不倫関係であるというW不倫になる場合があるのです。

しかし、W不倫の場合、お互いが不貞行為を行なっていることから、お互いに慰謝料請求を行うことができ、その金額も同じとなる可能性があります。

すると、利益と損益が相反され慰謝料請求の意味がなくなってしまいます。

ただ、相手の男性が不倫を主導していた、妻が不倫相手の子供を姙娠した、こちらのみ離婚をしたなど、よりこちら側の負担が重い状況の場合は相反されて多分を差し引いても、慰謝料を受け取る事できる可能性もあります。

そのため、状況を冷静に把握して証拠を揃えて、意味のある慰謝料請求を行いましょう。


まとめ

PTAは似たような年代や同じ悩みなど、共通の話題が多くお互いに良き相談相手となりやすいからこそ、親密な関係を築きやすいコミュニティーとなっています。

さらに、一緒に居る目的がありますので、嘘をつかずに不倫関係を継続できることが、不倫を暴くことが難しくしています。

ですので、今までの妻の行動や様子と比較して怪しい点や疑惑を感じることがあれば、不倫を疑い証拠と集めなどを開始しましょう。

ただ、本当にPTAに一生懸命頑張っていることもありますので、証拠もなくむやみに問い詰めないようにしてくださいね。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。