妊婦を放って浮気!?妊娠中の妻がいるのに浮気をする夫の心理とは

※本記事は宗万恵行が監修しています。

男性の浮気はどんな時も大きな問題となりますが、特に辛いのは妻の妊娠中の浮気ですよね。

ですが、浮気を始めるきっかけの中で、意外に多いのが妻の妊娠だと言われています。

これから夫婦二人の力を合わせないといけないときの裏切り、考えただけでも胸が痛いですよね。

 そこで今回は、妊娠中の浮気という妻への最大の裏切り行為をする、夫の心理状態をクローズアップしていきます。

どうして妻が妊娠してから浮気をするのか、妊娠中の浮気を知ったときは何をすればよいのかなどを一緒に確かめていきましょう。

 自分には関係ないと自信を持っているそこのあなた。本当にあなたの夫は大丈夫なのでしょうか?

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、妻が妊婦なのに浮気する理由とは? 

夫婦にとって幸せの絶頂でもある妻の妊娠。

にもかかわらず、どうして妻の大変なときに浮気をしてしまうのでしょうか?

(1)妊娠中の体調不良で妻が相手をしてくれない

妊娠中の身体は出産に向けて変化するため、体調が崩れやすくなっています。

特に、初めて妊娠する女性は体調不良をより重く感じやすいため、家事や雑談など夫の相手ができないことが増えます。

その結果、夫が疎外感を抱いてしまい浮気へ走るきっかけとなってしまうのです。

(2)セックスレスの問題

 妊娠前との日常の変化がセックスの有無です。

初期なら問題ない場合もありますが、妊娠中のセックスはあまり推奨されません。

体調不良と相まってセックスレスとなった結果、夫が欲求を解消するために他の女性を求めてしまうことがあります。 

(3)妊娠を機に妻が情緒不安定になった

妊娠中の女性は体調だけでなく、心理面でも変化が現れます。

イライラしたり、急激に落ち込んだりと、感情のコントロールが難しくなります。

初めは協力的な夫も、何度も感情の不安定さに振り回されることで妻への不満が募り浮気をしてしまうのです。

(4)父親になるというプレッシャー

女性と違って、男性は子供が生まれることを痛みなどで実感できません。

自分の中で父親になるという責任感と向かい合い、確立しなければいけないのです。

しかし、父親になるというプレッシャーを大きく感じる男性は、現実逃避のために浮気をしてしまいます。


 2、妊娠中の浮気、どうやって気づいた?

日に日に大きくなっていくお腹。

幸福が満ちている中で、まさか夫が浮気していると考える人は少ないでしょう。

そんな中で、夫の浮気に気づいた瞬間をご紹介します。

(1)スキンシップがなくなった

 妊娠中のセックスは難しいですが、キスやハグなどのスキンシップは行なえます。

特に、妊娠中のお腹を触るというのは妊娠期特有のスキンシップで、お互いの不安を取り除く重要な事柄です。

しかし、重要なスキンシップだからこそ、減少すると不安に感じ、浮気に気づくきっかけとなることも多いのです。

(2)残業や飲み会が不自然に増えた

通常、妻が妊娠をすると残業や飲み会は減少傾向にありますが、妊娠してから急激に増えたことで浮気を怪しむきっかけとなる場合があります。

ただ、妊娠をきっかけに仕事をバリバリこなす男性もいるため、決定的なポイントにはなりにくいかもしれません。

(3)スマホを持ち歩くようになった

浮気中のには持ち物などが変化しますが、分かりやすいのがスマホです。

ガラケーと違ってメッセージのやり取りが簡単で、なおかつ長時間画面を見ていても怪しまれません。

そのため、浮気をする上ではスマホの方が有効なのですが、相談なく変えることもあって浮気に気づくきっかけとなっています。

(4)服から匂いがした

男性は香水など付けませんので、服から良い匂いがするのを感じ取ることで浮気に気付くことがあります。

特に、妊娠中は嗅覚が敏感になっているため、匂いが浮気を見つけるきっかけになることが多いそうです。

しかし、香水がではなくファブリーズなどの場合もあり、決定的な証拠とはいえません。


 3、妊娠中の浮気に気づいたらどうすればいい?

 もし、さまざまなことをきっかけに夫の浮気に気づいた時、妊娠中であるあなたは何をすればよいのでしょうか?

(1)まずは証拠の確保

 まず重要なのが、浮気の証拠を確保することです。

証拠がなければ浮気を追求しても逃げられますし、なにより本当に浮気をしているのか分かりませんので、浮気をしているかを確かめるためにも証拠を集めます。

 ただ、妊娠中は身軽に動けませんし、怪我や心理的なストレスで胎児に影響を与える危険性があります。

そのため、安全を期すためにも探偵へ依頼して証拠を確保しましょう。 

(2)気持ちを定めるまでは気づいていないふりを

浮気の証拠がない場合、夫が本当に浮気をしているのか確定できません。

しかし、浮気の証拠を集めるために行動し始めると、夫の真実を知ることになり、大きなショックを受ける可能性が高いです。

そこで、浮気を追求したいと決心が付くまでは、何も行動しないことも大切です。

特に、妊娠中の浮気は出産とともに終わる一時的な場合が多いため、離婚することまで決心できなければ動かない方が良いでしょう。


4、妊娠している時に浮気された場合の選択肢は?

 妊娠中の浮気が確定した場合、どんな行動を行うのが最適なのか考えてみましょう。

(1)見なかったことにする

 浮気は許せないことですが、浮気の追求は離婚に直結することもあり、自分の想像とは違った最悪の結末を迎える場合もあります。

妊娠中という大変な時期でもあるので、出産後には戻ってきてくれる夫を信じて目をつぶることも大切な選択肢の1つです。

(2)距離を取る

 浮気=即離婚という考え方は分かりますが、現在妊娠していること、これから子育てが始まることを考えると常に正しい選択肢とは限りません。

そこで、実家に帰るなど、夫との距離を取ることも正しい選択肢といえます。

すぐに行動するか決められない場合も、少しだけ離れて自分の考えをまとめましょう。

(3)離婚を視野に入れる

 妊娠中の夫の離婚がどうしても許せない場合、離婚を視野に入れた行動を始めましょう。

 出産前・出産後どちらにするか決める

 妊娠中に離婚を決めた場合、重要なのが離婚するタイミングです。

出産前か出産後かで、認知や養育費などの問題が複雑化する可能性があるからです。

また、生まれてきた赤ちゃんを見たことで、父性に目覚め浮気をやめる男性も多いです。

離婚のタイミングは出産後にし、少しだけ結論を先延ばしするのも有効な手段となります。

夫と話し合う

離婚のタイミングにも関わってきますが、夫と十分に話し合うことも大切です。

勝手に家を飛び出して離婚してしまうと、夫の浮気ではなくあなたの家出が離婚原因となり、責任が課される場合があります。

きちんと二人で話し合って、離婚のタイミングや親権などを決め離婚を進めましょう。

 調停・裁判で離婚する

 もし、離婚の話し合いがこじれてしまった場合は、調停や裁判を利用して離婚することになります。

ただ、こうした離婚は負担が大きいため、なるべく出産後に行うようにするのが、あなたにとっても胎児にとっても良いでしょう。

(4)再構築する

これから生まれてくる子供のため、一時的な気の迷いだからと、夫婦関係の再構築を選ぶことも大切な選択です。

 夫と話しあう

 離婚する場合と同じように、再構築するためにも夫と十分に話し合うことが必要です。

ただ、夫の浮気だけを一方的に責めるのではなく、辛いと思いますが浮気をした原因などにも耳を傾けながら、あなたの気持ちを伝えましょう。

 やり直すための条件を決める

 夫の浮気を許すことが再構築には必要ですが、無条件で許してしまうと浮気を繰り返す恐れがあります。

そこで、やり直すための条件を二人で決めます。

高価なものを買ってもらう、次したら離婚など、次の浮気を予防しながら関係の修復を行っていきましょう。


5、浮気相手から慰謝料を取るには?

 夫のことはなんとか許せても、浮気相手を許せないことはよくあります。

そこで、浮気相手から慰謝料を取る方法もしっかりと覚えておきましょう。

(1)内容証明を送る

 浮気相手から慰謝料を取るためには、まず内容証明郵便を利用して相手へ請求します。

内容証明は確実に浮気相手のもとへ届きますし、受け取っていないなどの言い訳もできません。

ですが、内容証明を送るためには相手の氏名、住所が必要なため、探偵などに調べてもらいましょう。

(2)裁判を起こす

 内容証明を無視したり、慰謝料を払う意志がない場合は、裁判により慰謝料を請求します。

浮気の確実な証拠があれば、裁判にも有利になりますし、支払いの判決からは決して逃げられません。

しかし、裁判は裁判所に行ったり、話し合いが長びいたりと、身体への負担が大きいですので、出産後に行いましょう。


6、妊娠している間の浮気を防ぐための4つのポイント

 最後に、妊娠中の夫の浮気という、最悪の裏切りを防ぐためのポイントを紹介していきます。

(1)男性の性を理解する

 男性と女性の大きな違いが性欲のコントロールです。

男性は、定期的に愛する人とセックスができないことに、大きなストレスを感じます。

ですが、妻と同居している自宅では自分で性欲を処理できないため、他の女性を求めてしまうのです。

 こうした男性の考え方、性欲との関わりをしっかりと理解して、一緒に改善方法を探っていきましょう。

(2)コミュニケーションをとる

セックスは最大のコミュニケーション手段といわれているように、セックスレスになるだけでも夫婦関係が悪化してしまうことがあります。

そこで、今までよりも意識的に会話を増やしたり、共通の趣味を行ったりと積極的にコミュニケーションをとりましょう。

 コミュニケーションを増やすことで、相手との気持ちのすれ違いを無くすだけでなく、夫婦関係をより親密にできます。

妊娠してからさらに仲良くなったといわれる夫婦を目指しましょう。

(3)スキンシップをする

 スキンシップの減少は浮気に気付くきっかけとなりますが、反対にスキンシップを増やすことで、浮気を抑制させることができるのです。

可能な範囲で身体のふれあいを持つことで、相手への信頼感や愛情を感じ取れるため、出産や子育てへの自然に二人で行えるようになりますよ。

(4)感謝を忘れない

 浮気をさせない最も大切なことが感謝を忘れないことです。

妊娠は女性だけができることのため、どうしても自分だけが辛く頑張っていると思いがちです。

しかし、あなたが安心して出産するために、毎日働きお金を稼いでくれているのは夫です。

 感情がコントロールできず辛く当たってしまうこともありますが、きちんと謝り感謝の気持ちを伝えれば夫も納得できます。

妊娠しているからといって、協力してくれることを当たり前だと思ってはいけませんよ。


 まとめ

 妊娠中の浮気は、妊娠中の妻の変化に対して知識がないことが原因となることが多いです。

しかし、全ての知識を把握して、妻の気持ちや辛さを理解してもらうというのは、夫へのプレッシャーが重くなり浮気の原因となります。

 つまり、お互いに相手へ責任や考えを押し付けていることが、夫婦関係を悪化させ浮気のきっかけとなってしまうのです。

 妊娠と出産、そして子育ては夫婦二人で協力しなければいけません。きちんとお互いに相手を思いやりながら、幸せな我が子の誕生の瞬間を迎えましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。