夫の不倫相手が妊娠した場合の5つの対処法方と問題解決の選択肢

妊婦

※本記事は宗万恵行が監修しています。

夫が不倫していただけでも、ショックだったのに、不倫相手が妊娠してしまいました。

こんなことが起こってしまうと、もうどうすればいいのかわからず、困惑してしまうと思います。

そこで今回は、夫の不倫相手が妊娠した場合の対処法と夫とのその後の選択肢をご紹介します。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、夫の不倫相手に子供ができた場合の対処法

ではまず、夫の不倫相手に子供ができてしまった場合は、どのように対処したらよいのでしょうか。

(1)不倫相手が本当に浮気したのかの事実確認をする

妊娠したと言われてもすぐにそれを真に受けないようにしましょう。

単純に生理が遅れている可能性もありますし、単に不倫相手の勘違いであるケースもあるのです。

まずは病院に一緒についていき、妊娠の事実を確かめましょう。

また同行する際は、知り合いに見られるリスクを避けるため、自分と不倫相手の両方の生活圏と異なる病院にするのがおすすめです。

(2)不倫相手との話し合いの場を設ける

妊娠していることが明らかな場合、お腹の子をどうするか話し合う必要があります。

この際あなたができることとしては、不倫相手がなるべく早く落ち着いて結論を出せるように精神的なケアをしてあげることです。

「どうして自分が」と思ってしまうかもしれませんが、まずはお腹の子供に罪はないことを頭に入れておきましょう。

(3)産むのか降ろすのかを決める

旦那も交えて話し合いをしっかりして、産むのか下すのかを決める必要があります。

ここで、産みたいとなる女性はほとんどいないと思いますが、あなたの要望伝えることも忘れてはなりません。

(4)子供を産む場合に認知するかどうか

子供を産むと判断された場合には、あなたと旦那の関係をどうするのかというところから話し合う必要があります。

また生まれてくる子供を認知するかどうかも、しっかり話し合って決めましょう。

(5)不倫相手との関係をどうするか決める

最後に不倫相手と旦那の関係をどうするか、しっかり決める必要があります。

最もよいのは別れてもらうことですが、そうでない選択肢が選ばれる可能性もではありません。

冷静に不倫相手との関係を決めていく必要があります。


2、中絶する場合に知るべきこと

では不倫相手が中絶すると決めた際に、知っておかなければならないことについてご説明します。

(1)中絶できる期間

まず中絶手術を受けられる期間は妊娠5週目〜22週目です。

妊娠してから日が経てば経つほど人工妊娠中絶を行う際の母体の負担は増大するので、できるだけ早く決めるのがベターです。

特に、11、12週目以前と12、13週目以降とでは中絶方法が異なってくるため、12週目あたりを境に大きく母体への負担が増大する、ということも忘れてはなりません。

(2)中絶に必要な費用

費用は妊娠週数が進むに伴って高くなり、病院によっても費用は異なってきます。

なお裁判例によると、男性が負担すべき金額は半額ですが、女性の方が身体的、精神的苦痛を負担することを考えると、費用は男性が全額負担した方がよいでしょう。

つまり、あなたの旦那がお金を支払わなければならない、ということです。

(3)妊娠させた側の義務

不倫であっても妊娠させた男性には、中絶する女性の経済的、身体的、精神的負担を軽減、解消するための行為を行う義務があります。

そしてこれに違反すると、慰謝料を請求されることもあるため、注意が必要です。

つまり、不倫をした旦那のせいで、あなたの家庭の経済が圧迫されてしまう、ということなのです。


3、夫の不倫相手の妊娠問題を解決させる選択肢

では夫の不倫相手の妊娠問題を解決させるにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは考えられる2つの選択肢についてご紹介します。

(1)不倫相手に子供を降ろしてもらう

仕方のないことではありますが、子どもを産んでもらうことが現実的に厳しいときは降ろしてもらうしかないでしょう。

これは言葉で説得するしかありません。

(2)浮気相手の子供を産んで認知する

夫の浮気相手の子どもを認知するという解決策もないことはありません。

しかし旦那と結婚生活を続けるのであれば、認知の選択をすることは現実的に難しいものとなるでしょう。


4、不倫した夫とのその後の選択肢

ではこのように不倫して子供を作ってしまった夫とのその後は、どう考えていったらよいのでしょうか。

(1)離婚カウンセリングを受ける

話し合いが平行線をたどっていたり、その後の選択肢に悩んでしまった場合には旦那と、もしくは一人で離婚カウンセリングを受けに行く、というのも選択の1つです。

不倫をされたからといって、すぐに離婚を決意できるかというとそういうわけでもありませんよね。

やはり長年連れ添った相手であればあるほど、その決断をするのは難しいことです。

そんな離婚するか悩んでいる人が相談できる先として、「離婚カウンセラー」という相談先があることを覚えておきましょう。

離婚カウンセラーというのは、特定非営利活動法人(NPO)日本家族問題相談連盟が認定している民間資格のひとつで、「夫婦問題カウンセラー」と呼ばれることもあります。

離婚カウンセラーは、カウンセリングを通して、夫婦関係やメンタル面のサポート、離婚や子供の問題などに関する他の専門家のコーディネートなどを行ってくれます。

二人にとって中立的な立場で、離婚を含む「夫婦の問題」を一緒に考えてくれるだけでなく、離婚やそれにまつわる問題について持っている知識を生かして対応してくれます。

もちろん相談したからといってカウンセラーに離婚を無理やり勧められたり、離婚を頭ごなしに否定されるなどといったことはないので、安心してください。

あわせて読みたい

(2)離婚は止めて浮気相手に慰謝料請求だけをする

子供を生まない、などの選択肢を撮った場合に離婚はせずに、不倫相手に慰謝料請求だけをする、という選択肢もあるのです。

離婚しないと決めた上で慰謝料を請求する場合、やはり慰謝料の相場は低くなる傾向にありますが、それでも旦那に他の異性との不貞行為が認められれば慰謝料を請求することができるので、請求するのが良いでしょう。

あわせて読みたい

(3)離婚を決断して慰謝料請求を行う

夫に浮気をされたことや子供を作ってしまったことを受けて、離婚して慰謝料を請求しようと考える女性も多いでしょう。

夫が浮気を反省していなかったり、浮気を再度繰り返しそうなことが目に見えている場合、そして浮気相手との子供を育てたい、などと言っている場合には、離婚をするという選択肢は正しい選択肢であると考えられます。

このような場合には、浮気相手だけでなく配偶者である夫に対しても慰謝料を請求することができることを覚えておいてください。

「婚姻年数が長い」「浮気期間が長い」「生活に与えた影響が大きい」「子供がまだ未成年など幼い」「浮気された側が精神的に大きな苦痛を受けた」など様々な要因によって慰謝料の金額は増額するので、それらを踏まえてどのくらいの金額をもらうのが正当なのか把握しておくようにしましょう。

またこれまでに集めた証拠や、夫の浮気によって受けた精神的ダメージにかかる治療費の請求書や診断書なども重要書類として機能してくれるので、必ず保存しておいてください。

あわせて読みたい

まとめ

今回は夫の不倫相手が妊娠した場合の対処法方と夫とのその後の選択肢についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

旦那が不倫していただけでなく、不倫相手との子供を作ってしまったとなれば、ショックで頭が真っ白になってしまう女性も多いでしょう。

ですがここでは必ず冷静になって、旦那だけでなく不倫相手ともしっかり話し合うことが大切なのです。そうすることで、あなたの人生が守られることにも繋がっていきますよ。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。