素行調査の費用は?費用の内訳と信頼出来る探偵事務所を選ぶコツ

費用

「あの人が普段どんな行動をしているのか知りたい」と思った時にする素行調査。しかし、ネックになるのが料金ですよね。

特に初めて探偵事務所に依頼をする場合、「素行調査にかかる費用は?」「本当に適正な料金なの?」「結果は信用できる?」など疑問は尽きないはず。

そこで今回は、RCL探偵事務所に所属する現役の探偵が、素行調査の費用がどうやって決まるのか、どんな探偵事務所を選べば満足いく結果を得られるかをお話しします。

これから素行調査をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1、素行調査の費用は?

どんな調査にも依頼をすれば費用がかかるもの。でも、普段探偵事務所を使わない人からすれば「本当にこんなにかかるの?ぼったくりなのでは?」と疑いたくなることもありますよね。

そんな疑問を解消するために、まずは素行調査でかかる費用の内訳からご紹介します。

(1)素行調査の費用の内訳

素行調査には、大きく分けて「調査費用」「着手金」「成功報酬」といった費用がかかります。調査費用は「人件費」「実費」「事務費用」の3つにわけることができます。

ここでは、それぞれの項目について詳しくお話しします。

 ①人件費

調査費用の中で最も大きな割合を占めるのが人件費です。探偵は、通常二人以上一組で行動します。これは、尾行の失敗を避けるためです。

調査対象となる人物も人間ですから、ずっと同じ人がついてきたら不審がられてしまいます。素行調査をする中で、調査対象者にバレるのは絶対に避けたい事項です。

そのために人数を確保して、調査していくのです。

②調査にかかる実費

車で移動する調査対象者を追いかけるのにかかるガソリン代や電車賃など、調査にかかる実費も調査費用に含まれます。車やバイクは車種によって料金が異なる場合がほとんどです。

尾行の手段は、調査対象者の行動範囲によって決定されます。例えば全国を飛び回る職業であった場合、飛行機やタクシー、新幹線などを使う可能性もあります。

また、宿泊を伴う場合は宿泊費も依頼者の負担となります。

③事務費用

調査報告書などの作成にかかる費用も調査費用に含まれます。

④着手金

着手金は、調査を始める段階で支払う金額です。調査の結果に関わらず戻ってきません。着手金の他に、手付金と呼ぶ場合もあります。

⑤成功報酬

成功報酬は、調査が成功した場合に支払う金額のことです。この「調査が終了した」という定義は、探偵事務所が定めるものと一般の人の認識で違うことが多いため、依頼前によく確認しましょう。

よくトラブルになりやすいのが浮気を疑った素行調査で「浮気はしていませんでした」という結果が出た場合です。

探偵からすれば「調査の結果、浮気はしていないと判明した」となりますが、依頼者からすれば「浮気をしているはずなのに、なぜ」と調査結果が失敗に終わったような気になってしまいます。

そういった行き違いを防ぐためにも、「成功」は何を指すのかよく確認しましょう。

(2)料金体制はどんなものがある?

探偵事務所の調査料金を見たときによく聞かれるのが「わかりにくい」「結局いくらかかるのかがわからない」という言葉です。

私たち探偵事務所もなるべく依頼者にわかりやすい料金体制になるよう心がけています。

ここでは、よくある料金体制位についてお話しします。

①一目で総額がわかるパック制

着手金や調査料金、成功報酬まで全て込みの料金を提示するパック制は「わかりやすい」と人気の料金体制です。

余分な費用がかからない反面、調査期間があらかじめ決まっているので、パック料金内の期間では思うような結果が出ない場合もあります。

逆にパック料金内の期間より短い期間で結果が出て調査が終了しても、浮いた分の費用の返金がある探偵社と無い探偵社がありますので確認が必要です。

②コストを抑えられる時間制

時間制は、カラオケボックスのように時間が経過する度に料金が発生する料金体制です。調査当初に総額はわかりませんが、短時間で調査が終了した場合にはコストを抑えることができます。

(3)素行調査の料金を支払うタイミングは?

素行調査の費用を支払う場合、一体どんなタイミングで支払えばいいでしょう。

探偵事務所によって違う場合もありますが、ここでは一般的な探偵事務所の支払いのタイミングについてお話します。

①依頼する時に支払うお金

調査を依頼する時に支払うのは、着手金です。また、パック制を選んでいる場合には、すでに費用が決まっているため、先払いするケースが多いようです。

②調査終了後に支払うお金は?

調査終了後に支払うのは、成功報酬です。時間制を選んでいた場合には、調査終了後に料金が確定するので、調査料金もこのタイミングで支払います。

2、素行調査でわかること

素行調査では、普段の行動がわかると言われています。具体的にどんなことがわかるのか、見て行きましょう。

(1)本当の名前、住所、勤務先など

調査対象者の本名や住所、現在の勤務先など基本的な情報がわかります。偽名を使っていた場合や、勤務先を偽っていた場合にはここで発覚します。

「名前ぐらい知っている」と思われるかもしれませんが、インターネットが発達した現在では、SNS経由で出会うことも珍しくありません。

名前や勤務先を偽ってしまい、その後修正のタイミングを逃してしまうケースもあるのです。

(2)よく立ち寄る場所

勤務先の他に通勤ルートや、買い物に訪れる場所、お気に入りのカフェなどもわかります。何時に出てどこに向かったかを、タイムスケジュールごと把握できます。

結婚目的の素行調査で、「ギャンブルは嫌い」と言っていた人が競馬場に立ち寄っていたことが発覚するなど、普段の言動と行動の不一致がわかります。

(3)交友関係のある人

調査対象者と交流を持った人物を男女関係なく調査します。交流のある人物の年齢や素性で、調査対象者がどんな人物であるかを知ることができます。浮気が発覚することも珍しくありません。

3、素行調査で解決できることは?

(1)浮気を疑った時

素行調査では、調査対象者と接触をした人物を男女関係なく調べます。そのため、調査対象者が浮気をしていた場合には、おのずと浮気していた事実が明らかになるのです。

さらに、立ち寄り先も調査するため、浮気相手の家に出入りしていた場合には、相手の住所や氏名もわかります。

(2)結婚相手が問題ないか知りたい時

お子さんが連れてきた結婚相手が相応しい相手か知りたい場合にも役立ちます。

普段の素行を調べるので、ギャンブルや金遣いの荒さ、勤務先に虚偽がないかなど、結婚後に判明してからでは遅いことも先に見つけることができるのです。

(3)従業員が真面目に仕事をしているか知りたい時

営業の外回りなど、社外で働くことの多いスタッフの勤怠もチェックできます。業績が落ちて不審に思い調査したところ、実はパチンコ屋に長時間滞在していたというケースもあります。

(4)反抗期の子供の立ち寄り先を知りたい時

子供が成長すると親の手を離れる反面、具体的に今どこで何をしているのかわかりにくくなります。また、反抗期ともなれば、素直に行先を言ってくれるとも限りません。

「反抗期の子供がどこに立ち寄っているか知りたい」という場合にも素行調査は役立ちます。素行調査の結果、いじめが判明したり、非行を未然に防げることも珍しくありません。

4、素行調査を頼みたいと思ったら

素行調査を頼んで満足する結果を得たいと思った場合、もっとも重要になるのは探偵事務所の選び方です。しかし、現在日本には数多の探偵事務所が存在します。

その中から、どうやって自分にあった探偵事務所を選べばいいのか、現役の探偵がお教えします。

(1)探偵業届出証明書が提示されている

探偵事務所をやろうと思ったら、公安委員会に届出をしなければなりません。この届出をきちんと行った証として、探偵業届出証明書が発行されます。

この探偵業届出証明書は、事務所内のわかりやすい場所によく見えるように飾るよう義務付けられています。

探偵事務所を訪れた際には、この探偵業届出証明書があるかどうか、きちんと確認しましょう。ない場合には、届出の出ていない、または届け出をできない探偵事務所ということになります。

調査方法も法令を守っているとは限らないため、注意しましょう。

(2)料金体系がわかりやすい

同じ調査費用をかけるのだったら、納得のいく結果を得たいですよね。そんな時にわかりにくい料金体系では不安を覚えます。

また、料金の提示の際に、なぜその調査が必要なのか、どうしてこの調査員の人数なのか、きちんと説明してくれる探偵事務所を選びましょう。

(3)素行調査の実績がある

素行調査は探偵の基本といっても過言ではありません。そのため、経験がない事務所を探す方が難しい傾向にあります。

その中でも、より多く実績を持ってる探偵事務所ならより安心できるでしょう。

調査対象者の中には、警戒心が強く、電車に乗ったと思ったらホームに飛び降りたりするなど、尾行だけでも苦労するタイプもいます。

そんな相手だった時に、実績の多い探偵事務所ならば打開策のノウハウも豊富に持っているのです。

(4)話を親身に聞いてくれる

普通の人にとって、探偵事務所は縁のない場所です。初めて依頼する人が右も左もわからないのは当然なこと。さらに、調査が必要なのは事情を抱えているからですよね。

そんな依頼者に対し、親身に話を聞いてくれる探偵事務所は信用ができると言えるでしょう。

(5)最後は探偵とのフィーリング

素行調査では他の調査に比べて調査期間が短い傾向にあるので、フィーリングより料金の安さを重視する依頼者も珍しくありません。

ですが、素行調査の結果で浮気がわかり、証拠を押さえるために浮気調査にシフトした場合など、調査の結果次第で長いお付き合いになる可能性もあるのです。

そんな時にフィーリングのあわない探偵事務所だと、事務的なやりとりにすら苦痛を覚える可能性があります。

見積もりを求める際には数社から出してもらい、同レベルの料金であれば、フィーリングのあう探偵事務所を選びましょう。

5、自分で素行調査をするには

「探偵に依頼せず、自分で素行調査をしたい!」と思う場合もあるでしょう。対象が同居の家族であれば、ある程度は可能です。

しかし、それ以外の場合は、あなた自身がストーカーなどの罪に問われる可能性もあるので、十分に注意が必要です。

ここでは、同居の家族の素行調査をしたいと思った場合にできることについてお話します。

(1)カードの履歴やレシートのチェック

クレジットカードの履歴やレシートを見ることで、どんな店に立ち寄り何を買ったのか知ることができます。

他に車のETC履歴やドライブレコーダーを見れる場合には、どこに出かけていたのか簡単に把握できます。

例えば、デートで有名なレストランに夜でかけ、二人分の料金が記されたレシートがあれば、異性と行った可能性が濃厚になるなど、立ち寄り先以外の情報も読み込むことができます。

(2)生活パターンを把握する

朝起きる時間や外に出る時間、戻るタイミングを知ることができるのは、同居の家族なら苦もなくできます。曜日などによるスケジュールの変化も把握しておきましょう。

(3)尾行する

尾行して調査対象者の行動を把握することもできます。可能であれば友人などに協力を依頼して、あなた以外の人間が後をつけるようにしたほうがいいでしょう。

(4)難しいと思ったら探偵へ

「自分で調査をしてみたいと思ったけれど、実際にやってみたら思うように情報が集まらない」というケースは、実はよくある話です。

探偵が素行調査を行う場合、探偵業法に基づいて調査をします。この時、一般の人より調査可能な範囲が広がるからこそ、専門職として成り立っているのです。

もし、ご自身で素行調査をやってみたけれど難しかったという場合には、ご自身で調査した結果も一緒にお持ちください。

ゼロベースから調査を開始するより、費用が安くなる可能性があります。

まとめ

いかがですか?今回は素行調査の費用についてまとめてみました。素行調査をする場合、相手を疑うというより信じたいからこそ依頼するケースが目立ちます。

この記事が、納得のいく結果を得るための参考になれば幸いです。