浮気のまとめサイト5選から浮気の対処方法までご紹介

※本記事は宗万恵行が監修しています。

新婚のうちは、互いに新鮮な気持ちで新婚生活を楽しむことができますよ。

ですが、結婚生活が長くなるにつれて、新婚の頃の気持ちというのはどうしても薄れていってしまいます。

これは2人でいることが当たり前のことになってしまうからなのです。

そしてそんな中で、男性は刺激を求めて外で浮気をしてしまう可能性もあるのです。

できればそのような事態は避けたいものですが、刺激を求めて浮気をする男性は以外と多いのです。

そこで今回は、浮気の事例をまとめたサイトをご紹介していきます。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、浮気する確率はどのくらい?

そもそも浮気をする男女の割合はどのくらいなのでしょうか。

「浮気」と聞くと、女性よりも男性の方がしているイメージを持ってしまいますよ。

実際に浮気率を調査した企業のデータによると、配偶者がいるにもかかわらず浮気をしたことのある男性はおよそ26.9%という結果が出ているようです。

4人に1人以上が浮気の経験がある、というのはかなり大きい数字だと言えそうです。

では女性の浮気率はどのくらいなのでしょうか。

実は女性の浮気率はおよそ16.3%と男性よりも10%ほど低いのです。

浮気の定義というのは曖昧で、個人によってその程度は異なることから、必ずしも正しい数字とは言えません。

しかし浮気をしたことがある人は男女ともに決して少なくない数字なのではないでしょうか。


2、浮気サイト5選

つづいて浮気をしている人や浮気に興味のある人が集まる浮気サイトについてご紹介します。

こっそり浮気をしてみたいと企んでいる人や、夫が浮気をしているのではないかと悩んでいる女性は、ぜひチェックしてみてください。

生々しい体験者の声に触れられますよ。

(1)浮気ちゃんねる

浮気ちゃんねるは、浮気・不倫・W不倫を中心に離婚・慰謝料・レス・托卵・修羅場などといったトピックで情報交換がされているサイトです。

2ちゃんねるのような雰囲気で、匿名で生々しく体験談や相談が投稿されています。

浮気をする人の心理が知りたい、という人も覗いてみると少し理解できるかもしれません。

浮気ちゃんねるはこちら

(2)NAVERまとめ

キュレーションサイト「NEVERまとめ」でも浮気に関する情報はまとめられています。

NEVERまとめはキュレーションサイトであるため、様々なサイトに投稿されている不倫に関する相談や浮気の体験談などが大量にまとめられています。

事例も豊富なので、自分の置かれている状況に近しいケースやその末路などを知ることもできそうです。

てっとり早く浮気に関する情報を得たい、という女性にオススメです。

NEVERまとめはこちら

(3)鬼女の宅配便

「鬼女の宅急便」は2ちゃんねるで浮気がトピックになっているスレッドをまとめたサイトです。

2ちゃんねるという匿名性を利用して、浮気を体験した女性が体験した修羅場やそれに対する対処法などをかなり詳細に書き込んでいるようです。

かなり生々しい体験談がたくさんまとめられているため、「他の人の不倫話を見て自分の行動を省みたい」「対策や解決法を知りたい」などといった人にオススメです。

鬼女の宅急便はこちら

(4)いっかいはいっかいです。。

「いっかいはいっかいです。。」も、不倫や浮気について2ちゃんねるに投稿されたトピックをまとめたサイトです。

夫に浮気をされた女性の愚痴などがストレートに投稿されていたり、投稿者が見た「近隣住民の不倫・浮気事情」が投稿されていたりと、不倫をしていない人が見ていても興味深いものになっています。

「浮気をされていて、夫にイライラする」という女性がウサ晴らしにこのサイトを訪れることもあるようです。

いっかいはいっかいです。。はこちら

(5)2ch浮気速報

2ch浮気速報も、2ちゃんねるが元になっている浮気・不倫人まつわるまとめサイトです。

サイトには記事がたくさんありますが、「殿堂入り」「傑作」「今週の人気記事」などのカテゴリがあるため、自分に近いものや最近話題になっている浮気・不倫についてすぐに情報を得ることができそうです。

暇つぶしにサイトをチェックするのも良いですが、浮気・不倫に関する悩みを持っている人が似たような体験をしてはいないか、またそのような体験をどう乗り越えたのかなどを調べるのに便利です。

2ch浮気速報はこちら


3、浮気されないための方法

続いて浮気をされないための方法をご紹介します。

最初に述べたように、浮気をしている男性は決して少なくはないのです。

「自分の家庭は関係ないから」とタカをくくっていては、知らないうちに浮気をされてしまうかもしれません。

そのような悲劇を生み出さないためにも、浮気をされる前に対策を練るようにしましょう。

(1)感謝・愛情表現を徹底する

まず最低限の対策として、感謝や愛情表現を徹底する、ということが挙げられます。

付き合いたての頃や結婚したての頃は、どれだけ些細なことにでも相手に感謝の気持ちを伝えていましたよね?しかし結婚生活が長くなってくるにつれて、相手のことをより近しい仲だと思うがゆえに何をしてもらっても「当たり前」のように感じてしまうのです。

その結果「どうしてこんなにしてあげているのにお礼を言わないんだ」と相手はあなたに対して失望してしまったり、より新鮮な関係を築ける他の女性と不倫してしまう可能性があります。

また結婚生活が長く続くことで、相手に対して愛情表現をしなくなってしまう、ということもあります。

新婚の頃は毎日夫に対して愛情表現をしていたという人でも、結婚生活が長くなるとだんだん億劫になってしまったり、「一緒にいること」が当たり前になってしまってそのようなことをしなくなってしまいます。

男性は基本的に「愛されたい」生き物であるため、愛情表現をしてくれなくなった妻よりも、外にいて愛情表現をしてくれる女性の方が一緒にいて楽しい、と思ってしまうのです。

(2)束縛しすぎないようにする
次に必要なのは、束縛しすぎないようにする、ということです。

夫が少し浮気性であったり、帰りが遅いことが気になったりしても、むやみに束縛しすぎないようにする、ということが重要です。

夫のことが心配だからといって無理やり門限をもうけたり、お小遣いを極端に少ない額にするなどの束縛をしてしまっては、夫はあなたに対して敵意すら抱いてしまう可能性もあるのです。

束縛されていることを感じた夫は、家庭に窮屈さを感じたり、それに対する報復として、かえって浮気に走ってしまうこともあるのです。

(3)夫のことをキチンと理解する

夫のことをきちんと理解してあげる、ということも浮気をされないためには必要なことです。

「夫のことは私が一番理解している」と思い込んでしまっている女性は、意外と多いのです。

ですが、本当に夫のことを理解できているのでしょうか。

どのような仕事をしていて、どのようなことをされるのが好きで、どのようなことをされるのがいやなのか…これらをきちんと把握していなければ、家庭を「癒しの場」と感じて大切にしてくれることは期待できないでしょう。

夫が悩んでいるときなどに速やかに察することができたり、そばで寄り添うことができていれば、夫は浮気に走ることなくあなたを大切にしてくれるでしょう。

(4)家事をそつなくこなす

家事をそつなくこなす、ということも浮気をされないために必要なことです。

男性はやはり妻に家庭的なスキルを求めることが多いようです。

そのため妻であるあなたが家事を十分にできていなかったりすると、物足りなさを感じてしまうでしょう。

その結果あなたから離れ、より家庭的な女性と浮気に走ってしまうことも考えられます。

(5)甘えすぎず精神的に独立する

夫に浮気をされないためには、甘えすぎず、精神的に独立することも必要です。

彼氏であれば、甘えることはもちろん大切です。

ですが、結婚している場合夫婦は互いを「支えあう」パートナーでもあるのです。

そのためどちらか一方が甘えたり頼ってばかりいては、相手にとって負担になってしまいますよね。

男性は仕事などで日々気を張っているため、家庭では妻に甘えたいものなのです。

そこを理解せず夫に甘えすぎていたり、精神的に独立できずにいると、妻のことを煩わしく感じてしまい、外に癒しを求めて浮気に走ってしまいます。


4、浮気された場合の対処方法

では対策を練っていたにもかかわらず浮気をされてしまった場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

ここでは浮気をされた場合の対処方法をご紹介していきます。

(1)浮気の事実関係を明確にする

まず最初に、浮気の事実関係を明確にする必要があります。「浮気をされたかもしれない」という事実無根の状態で相手に詰め寄ったり、不安になったりするのはまだ少し早いのです。

まずは夫が本当に浮気をしているのか、本人に事実確認をします。

(2)落ち着くために時間を作る

相手が浮気の事実を認めたり、確信的な証拠を見つけてしまった場合は、落ち着くための時間を作るようにしましょう。

大好きな夫が浮気をしていた、という事実を受け入れるのは、決して簡単なことではありません。

なかなか受け入れられず、どうしたら良いのかわからなくなってしまうかもしれません。

浮気の事実を確認した後は、無理にすぐ解決しようとせずに、一度自分が落ち着くための時間を作るようにしましょう。

(3)先のことを考える

時間を作って落ち着くことができたら、徐々に先のことを考えていきましょう。

不倫や浮気をされたけれど、もう二度としない約束をしてこれまで通り結婚生活を続けるのか、慰謝料をもらうのか、離婚申請をするのか…どのような判断をするのはあなた次第です。

慎重にこれからどうしていくのか考えましょう。

(4)別れる選択肢を選んだ場合

では、夫の不倫や浮気が原因で別れる選択肢を選んだ場合、どのようなことをしたら良いのでしょうか。

浮気や不倫が原因で離婚する場合、しなければならないことが幾つかあります。

①離婚カウンセラーに相談する

まず最初にするべきは、離婚カウンセラーへの相談です。

離婚カウンセラーというのは、あまり聞き馴染みのないものかもしれません。

ですが離婚したいと思っている人の心強い味方となってくれるため、ぜひ利用したいものです。

離婚カウンセラーはあなたと夫の間に立って、中立な立場で一緒に二人の離婚について考えてくれます。

②離婚するために弁護士に相談する

離婚カウンセラーに相談して気持ちがまとまったら、次は離婚するために弁護士に相談します。

離婚をするためにはまず協議離婚と言って話し合いで離婚を決める方法があります。

ですが浮気や不倫によって離婚することになった場合は、この方法では解決できないことがほとんどです。

そのため調停委員に離婚調停を申し立て、調停委員を入れて話し合いをする必要が出てきます。

調停委員は双方の意見を聞き入れ、妥当な着地点を提示してくれます。

ここでは証拠が重要な判断基準になるため、夫の浮気や不倫に関する証拠はできるだけ多く集めておく方が有利にことは運びます。

これでも決着がつかない場合、裁判離婚という形を取ることになります。

調停以上に証拠や本人の証言が重視され、期間も長期に及ぶ可能性が高くなります。

精神的にも負担が大きくなってきます。素人だけで立ち向かうには困難なものなので、できるだけ早めに弁護士に相談するのがベターです。

(5)別れない選択肢を選ぶ場合

では別れずにこれまで通り結婚生活を続ける場合にはどのようなことをするべきなのでしょうか。

残念ながら浮気や不倫をする人は、もうしない、と思いつつも繰り返してしまうことが非常に多いのです。

もう二度と浮気や不倫はしない」と口約束だけで済ませてしまうのはリスクが大きすぎるため、しっかりと記録に残すことが必要です。

①誓約書を結ぶ

もう二度と浮気をしない、ということを誓約書によって証明させることは必要不可欠です。

その際には浮気をしない、という宣言だけでなく、浮気をした際にはどうするのか、ということも明記する必要があります。

このような誓約書は、内容に問題がなければ簡易的な契約書として効力を持ちます。

そのため書類には最低限、以下の項目を盛り込むようにしましょう。

  • 日付
  • 本人と不倫相手の氏名、住所
  • 誰に対しての誓約か
  • 浮気を認める内容
  • 約束する内容
  • 違反した場合の罰則、違反金など
  • 署名、捺印

これらを明記した上で、自筆での署名と捺印を必ずつけさせるようにしましょう。

②慰謝料だけ請求する

浮気や不倫によって慰謝料をもらう際は、相手の浮気や不倫によってどれだけ自分が精神的ダメージを受けたか、ということが重要になります。

そしてその精神的ダメージの度合いを証明するためには、夫の不倫や浮気に関する証拠が重要となってきます。

相手がどのくらいの期間浮気をしていたのか、そしてそれによって妻はどのくらい精神的ダメージを受けたのか、あなたが精神的ダメージによって通院を余儀なくされていた場合などは、医師の診断書も重要な証拠となります。

夫が浮気相手とやりとりしていたメッセージ履歴なども重要な証拠になります。

慰謝料を請求する際は、これらの情報をできるだけ多く集めてから挑むのが良い方法です。”


まとめ

今回は浮気についてまとめてきましたがいかがでしたか?

ご参考になれば幸いです。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。