パターン別の浮気率と浮気をしている人間の5つの特徴

※本記事は宗万恵行が監修しています。

最近では、旦那や妻の浮気が原因で離婚する夫婦が増えてきています。

テレビや雑誌でも、芸能人の浮気が発覚して騒がれていたりと、浮気は身近なテーマとして私たちの周りにあふれていますよね。

そこで今回は、様々なパターン別の浮気率や、浮気をしている人間の特徴についてご紹介します。

あわせて読みたい

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、日本の平均的な浮気率

そもそも日本人の浮気率というのはどのくらいのものなのでしょうか。

全国的に見ると、浮気をしたことのある人はおよそ21%と、5人に1人以上が浮気をしたことのある計算になります。

(出典元:相模ゴム工業株式会社

浮気は他人事ではなく、自分がしたりされたりする可能性のある身近なテーマです。


2、都道府県別の浮気率

続いて都道府県別の浮気率について見ていきましょう。

実は地域によって浮気率には差があり、都会よりも地方の方が浮気率が高くなっているのです。

また寒い地域よりも暖かい西の地域の方が比較的浮気をしやすい傾向にもあるようです。

暖かいと開放的な気分になるため、つい浮気をしてしまうのかもしれませんね。

最も浮気率が高い都道府県は島根県で26.5%、実に4人に1人が浮気をしたことのある計算になります。

反対に最も浮気の経験が少ないのは秋田県で、15.4%、つまり6.5人に1人が浮気をしたことのある計算になります。

(出典元:相模ゴム工業株式会社


3、年代別の浮気率

続いて年代別の浮気率についてご紹介します。

結婚相手・交際相手がいる方に対して「そのお相手以外にセックスをする方はいますか?」といった質問を投げかけ、その質問に対して「特定・不特定の浮気相手がいる」と答えた人の割合を20〜60年代別にご紹介します。

(1)20代の浮気率

20代の浮気率は17.0%です。

最も若く、結婚していない人も多いことからもっとも浮気率が高くなるようですが、意外にも他の年代と比べると3番目に低い割合となりました。

交際相手がいたとしても交際年月が浅く、浮気をするほどパートナーに飽きていない、ということなのかもしれません。

(2)30代の浮気率

30代の浮気率は17.6%で、他の年代と比較すると2番目に多い世代となりました。

30代になると結婚をしていながら旦那や妻に飽きてしまい、つい浮気をしてしまったり、より若い人に心を惹かれて浮気をしてしまうことがあるのかもしれません。

また20代の頃のように純粋に一人の異性を想い続ける、ということができなくなってしまう年代でもあるのかもしれません。

(3)40代の浮気率

続いて40代の浮気率です。

40代では19.0%と、なんと他の年代に比べてもっとも高い数字となりました。

40代になると夫婦の絆も強固なものになり、浮気などしないのではないか、と思ってしまいますが、この年代の男性は権力や経済力を持っていて若い女性にモテたり、女性は大人の魅力を持ち年下男性からモテたりとつい浮気をしてしまいやすくなるのかもしれません。

特に女性は年齢が増すごとに性欲が高まるため、つい浮気に走ってしまうこともあるでしょう。

(4)50代の浮気率

50代の浮気率は15.1%と他の年代と比べて2番目に低い数字となりました。

50代にさしかかると老後のことを考えて夫婦の関係をより良くしようと努めるようになり、浮気しにくくなるのかもしれません。

また体力的に性行為を行うのが難しくなり、浮気ができなくなってしまうことも考えられます。

(5)60代の浮気率

最後に60代の浮気率です。

60代ではどの世代よりも低い13.3%となりました。

この年代になると自分の子供が子供を産み、孫を持っている人も少なくないでしょう。

そのため浮気などしていられない、という気持ちが芽生えるのかもしれません。

他にも仕事を退職して出会いの場がなくなることや、体力的な問題などから浮気しにくくなることは想像に易しいですよね。
(出典元:http://any-stress.com


4、既婚者・交際相手がいる場合の浮気率

続いて男女別の浮気率についてご紹介します。

一般的に「男性は女性に比べて浮気しやすい」と言われていますが、この通説は本当なのでしょうか。

既婚者もしくは交際相手がいるという人に、「その相手以外にセックスをする方はいますか?」と質問した結果をもとに男女別の浮気率をご紹介します。

(1)男性の浮気率

男性の浮気率は、年代別平均で26.9%とかなり高い数字になりました。

実に4人に1人が浮気をしている、ということなのですね。

年代別でみると最も多いのが20代で31.5%、つまり3人に1人近くが浮気をしているということになるのですね。

他の年代では、30代で25.6%、40代で26%、50代で28.9%、60代で23.8%となっています。

2番目に多いのが50代、というのが意外ですよね。

(2)女性の浮気率

続いて女性の浮気率について見ていきます。

女性の浮気率は、年代別平均で16.3%と男性に比べて10%近く低い数字となりました。

やはり男性に比べて女性は浮気をしない傾向にあるようです。

男性は本能的にたくさんの子孫を残さなければならない、と思うからこそ浮気をしてしまうのかもしれません。

年代別でみると最も多いのは40代で19%です。

これでもどの年代の男性に比べても低い数値で、5人に1人が浮気をしている、ということになります。

他の年代では20代で17%、30代で17.6%、50代で15.1%、60代で13.3%となっています。

女性は50代にさしかかると体力的な問題からか浮気率がぐっと下がる傾向にあるようです。

(出典元:http://www.sagami-gomu.co.jp


5、浮気をしている人間の特徴

どの年代・性別でも浮気をしている人は一定数存在しているということがわかりました。

では、このように浮気をしている人に共通している特徴にはどのようなものがあるあのでしょうか。

彼氏や彼女が浮気をしているかもしれない、と思ったら、以下の項目をチェックしてみてくださいね。

(1)男性の特徴

まず、最初にご紹介するのは、浮気をしている男性の特徴です。

女性に比べて男性は浮気をするとわかりやすく態度に出てしまう人が多いようです。

①急に優しくなる

何か理由があるわけでもないのに急に優しくなる、というのは男性が浮気をしている特徴と言えます。

あなたの見た目や性格について急に褒め出したり、いつもは手伝わない家事を急に手伝いだしたり、あなたに急にプレゼントを買ってきたりした時は、浮気を疑ってもいいかもしれません。

このように浮気をした男性が突然優しくなる心理としては、後ろめたいことをしているからこそ、彼女に優しくして自分の罪を軽くしたい、罪悪感を誤魔化したい、という気持ちの表れのようです。

優しくされるとつい嬉しくなってしまいますが、少し冷静になって浮気を疑ってみるのがいいかもしれません。

②予定が多い

いつもよりもなんだか予定が多い、というのも男性が浮気をしている特徴です。

増えた分の予定はもちろん、浮気相手に会いに行く分の予定です。

これまで土日に仕事の予定が入ることなど全くなかったような男性が急に「今週末は仕事の予定が入った」などと言ってデートを断ることが増えてきたら、それは浮気相手に会いに行っている証拠だと考えてもいいかもしれません。

仕事の予定に限らず、急に友人と遊びに行く回数が増えた場合も要注意です。

③スキンシップが少なくなる

ハグやキス、セックスなどのスキンシップが少なくなった場合も、男性が浮気をしている可能性が高いです。

浮気をしている罪悪感から彼女とうまくスキンシップが取れなくなってしまうケースや、浮気相手とスキンシップをとっていることにより性欲が満たされてしまい、彼女とスキンシップを取ることが億劫になってしまうケースが多いようです。

どちらにせよ、これまでよりも明らかにスキンシップが少なくなっていれば、彼の浮気を疑って問題ないでしょう。

④携帯を頻繁に触る

携帯を頻繁に触る男性も、浮気をしている可能性が高いです。

普通カップルでいる場合、できるだけ携帯をいじったりせず、2人の時間を大切にしたいと思いますよね。

2人でいる間も常に携帯をいじっていたり、通知がなるたびに携帯に飛びつくようであれば浮気相手と連絡を取り合っていることを疑ってもいいかもしれません。

また携帯を頻繁にいじるだけでなく、かかってきた電話にすぐ出ずに後から出るようにしていたり、メッセージアプリにパスワードをかけるようになったりしている場合も浮気を疑って良いでしょう。

気になる場合は、「携帯よく鳴るね」などと責めるのではなく、相手にそれとなく伝えてみて、相手の反応をうかがってもいいかもしれません。

⑤帰る時間が遅くなる

帰る時間が遅くなる、というのも浮気をしている人の特徴です。

これまでそれほど帰りが遅くなかった男性が急に残業続きになった場合は注意が必要です。

また残業が増えているのに給料や手当が増えていない場合は、浮気相手とあっていることを疑って問題ないでしょう。

「接待」「飲み会」「後輩の指導」などと様々な名目を利用して帰る時間を遅くしてくる可能性がありますが、遅くに帰ってきても全く酔っ払っていない、というような雰囲気であれば要注意です。

(2)女性の特徴

続いて浮気をしている女性の特徴です。

男性に比べて浮気をする女性は少ないですが、それでも一定数存在することは事実です。

女性は浮気をしていても巧妙に隠していることが多いので、女性自身も気づかないような些細な変化を汲み取ることが重要です。

①気が短くなる

まず浮気をしている女性は、気が短くなることが多いようです。

男性は浮気をすると優しくなりますが、女性はその逆なのですね。

その理由として、女性の浮気は男性の浮気と異なって「本気の浮気」であるケースが多いのです。

つまり、決して「少し遊んだだけ」「他の異性を経験してみたいだけ」というわけではなく、心までもが持って行かれてしまう状態なのです。

そのため女性が浮気をするときは、「最悪今の彼氏と別れてしまっても仕方ない」と思っていることが多いのです。

このことから、女性は男性に比べて浮気していることを隠しつつも、浮気相手と比べて彼氏に対して持っている不満を露骨にぶつけたりするようになるのです。

なんだか彼女の気が短くなって、これまではスルーしていたような些細なことにまで怒るようになったら、浮気を疑ってもいいかもしれません。

②外出が増えた

男性同様外出が増えた場合も、浮気を疑って良いでしょう。

「友達とランチに行ってくる」などと友達の名前を告げなかったり、これまで会話に登場したことのない友人と遊びにいくことが増えたのであれば、それは架空の友人で実際には浮気相手と遊びに行っている、という可能性が高いです。

外出する前に念入りにメイクをしていたり、同性の友人と遊びにいくと言っているのにデートかのような女性らしいファッションをしているようであれば浮気の可能性が高いです。

③携帯を見ている時の仕草が変わる

携帯を見ている時の仕草が変わる、というのは女性特有の浮気をしている際の特徴です。

男性は女性に比べてメッセージアプリに依存したりはしませんが、女性は好きな男性とは常にやり取りをしていたいものなのです。

そのため浮気をしている女性は携帯を見る頻度が増えたり、相手に対して必死にメッセージを考えて送っていたりするものなのです。

あなたに携帯の画面が見えないように操作したり、画面を下にしてテーブルに置いたりしているのであれば、浮気している可能性が高いです。

また、嬉しそうに画面を見つめているなど、なんだか幸せそうに携帯と向き合っている時も注意が必要です。

④趣味や服装が変わった

女性は好きな人に趣味や服装の好みを合わせたくなってしまう生き物なのです。

そのためこれまで決して着ることのなかったような服装をするようになったり、急に髪を切ったりアレンジしたり、メイクが濃くなったり薄くなったりした場合は浮気相手に好みを合わせている可能性が高いです。

露出が急に激しくなることもあるでしょう。

そのような行動が見られるようになった場合はさりげなく「雰囲気変わったね」などと声をかけて、相手が焦ったり否定したりするかどうかを探ってみましょう。

⑤料理をしなくなる

これまでしてくれていた料理をしなくなる、というのも浮気をしている女性の特徴です。

「料理をする」という行為は、「彼女」というよりは「母親」や「主婦」のような役割を女性に認識させます。

しかし浮気をしている女性というのは、自分を「一人の女性」として認識したいと思っているため、そのような家庭的な仕事から離れたくなってしまうようです。

また浮気相手に恋をしていて、あなたのことなどもはや眼中になく、興味のない男性に料理をわざわざ作る気が起きない、ということも理由の一つとして考えられます。


まとめ

今回は様々なパターン別の浮気率や浮気をしている人間の特徴についてご紹介についてご紹介しましたが、いかがでしたか?日本の浮気率を見ていても、浮気をしている人は少なくない、ということがわかりましたね。

とはいえ彼氏に浮気をされてしまうと、別れたほうがいいのか、黙って見過ごしたほうがいいのかなど対応について悩んでしまうこともあると思います。

また浮気をされているかもしれないが、根拠がつかめず判断しがたい…ということもあると思います。

そんな時は今回ご紹介した「浮気をしている人の特徴」に彼が当てはまらないかチェックしてみてください。

また、自分ではどうしても判断できない、という時は探偵事務所に依頼する、というのも手段の一つです。

探偵事務所に相談することで、自分ではできないような調査方法を用いて浮気を暴いてもらえたりするので、オススメです。

浮気で悩んでいるのはあなただけではありません。

相談することで、一歩道が開けます。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。