彼氏が浮気した場合の罪悪感について知るべき4つのこと

※本記事は宗万恵行が監修しています。

大好きな彼氏がまた浮気をしてしまった…「これで何度目なんだろう」「浮気をして、彼女である私に罪悪感はないのだろうか…」浮気をされるとこのように相手に対して不信感を感じてしまいますよね。

実は浮気をする人というのは、罪悪感を感じることがあったとしても、何度も浮気を繰り返してしまう場合が多いのです。

そこで今回は、罪悪感があっても浮気を繰り返してしまう男性の特徴や、彼氏が浮気をやめてくれない場合の選択肢についてご紹介します。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、浮気後に罪悪感を感じる男性と感じない男性の特徴

男性の中には、浮気をすると罪悪感を感じる人もいますが、反対に浮気をしても全く罪悪感を感じないような人もいるのです。

そこで、まず、最初に、浮気をした後に罪悪感を感じる男性と感じない男性の特徴についてご紹介します。

(1)浮気の後に罪悪感を感じる男性のタイプ

まず最初に浮気の後に罪悪感を感じるタイプの男性の特徴についてご紹介します。

①実は本命彼女のことが本当に大切

浮気はするけれど、あくまでもそれは「遊び」であって、本当に大切なのは彼女だけ、気持ちは常に彼女に向いている、ということなのです。

この場合浮気相手に対しては「スリル」や「非日常感」のみを求めているため、浮気相手から「付き合いたい」などと言われても心が揺らぐことはありません。

彼女のことを大切にしているからこそ、その大切な彼女が悲しむことを想像すると、いたたまれない気持ちになって罪悪感を感じてしまうのです。

②自分の価値観は間違っていると思っている

「どこからが浮気なのか」という基準は、人によって異なりますよね。

「異性と二人でご飯に行ったら浮気」「手をつないだら浮気」という人がいる一方で、「体の関係があったとしても、気持ちが動いていなければ浮気じゃない」と思う人もいるのです。

浮気をした後に罪悪感を感じてしまう人の多くは、「体の関係はあるけれど、心は彼女にしか向いていない」と思っている一方で、「自分のこの価値観は間違っているのだろう」「彼女の価値観とは異なるものなのだろう」と認識しているのです。

そのために浮気をしてしまったことに罪悪感を感じるのですね。

(2)浮気の後に罪悪感を感じない男性のタイプ

続いて浮気をした後に罪悪感を感じない男性のタイプについてご紹介します。

①彼女のことを大切に思っていない

まず浮気をしたことに対して罪悪感を感じない男性は、彼女のことをそれほど大切に考えていない可能性があります。

彼女のことも浮気相手同様、「いなくなってもいいもの」「代わりがきくもの」と思っているからこそ浮気をしてしまうのです。

そしてそのような相手が彼女であるからこそ、罪悪感を感じることもないようです。

②自分の価値観が正しいと思っている

浮気をしても罪悪感を感じない男性の中には、彼女が「キスをしたら浮気」「体の関係を持ったら浮気」だと認識していたとしても、自分の価値観が正しいと思い込んで、「浮気はしていない」とさえ思っている男性もいるのです。

このような男性は女性に価値観を合わせたり、二人で価値観をすり合わせていく、ということが得意ではありません。

そのため自分の価値観を彼女に押し付けて「自分がしたことは浮気ではない」と開きなおってしまうこともあるのです。


2、罪悪感があっても浮気をする男性の特徴

では罪悪感があるにもかかわらず浮気をしてしまう男性には、どのような特徴があるのでしょうか。

(1)女好き

まず考えられるのは、根本的に「女好きである」ということです。

「女性」という存在自体が好きであったり、女性と駆け引きをしたり、ちやほやされたりすることが好きであるために浮気を止めることができないのですね。

(2)性欲が強い

「性欲が強い」というのも浮気をしてしまう男性の特徴です。

性欲が強いために彼女だけでは満足できず、他の女性に手を出してしまうのです。

彼女の性欲が弱く男性が満足できない場合や、物理的に彼女と距離が離れていて、彼女に会えない期間にうまく性欲を自分なりに処理できない男性が浮気してしまうようです。

(3)女友達が多い

女友達が多い男性も、罪悪感を持ちながら浮気をしてしまうようです。

女友達が多いと、必然的にその友達と恋愛関係に陥ったり、体の関係を持ってしまったりすることもあるでしょう。

このような男性は「友達だったから仕方ない」「相手に迫られたが、友情を崩したくなかったから仕方ない」などと言い訳を見つけて浮気をしてしまうようです。

また女友達が多い、ということはそれだけ女性を喜ばせたり、女性に好まれるスキルを持っている、ということでもあります。

そのような自分を認識しているからこそ、罪悪感を持ちつつも浮気をしてしまうのかもしれません。

(4)経済力がある

経済力がある場合も、浮気をしてしまうようです。

経済力があるからこそ女性を喜ばせることができ、気軽に浮気をすることができてしまうようです。

とはいえ自分のお金を使っているからこそ、彼女以外の女性と遊んでしまう、ということに対して罪悪感を持ってしまうようです。

(5)権力がある立場

社長や役員など、権力がある立場についている男性も浮気をしてしまうようです。

そのように権力がある立場にいる男性は、日頃仕事において過度のストレスにさらされています。

そのため「夜くらいは遊びたい」と思ってしまい、ストレスを発散するかのように浮気をしてしまうのです。

「ストレスから逃れるために浮気をするなんて情けない」と浮気をした後に罪悪感を持ってしまうようです。


3、彼氏に浮気をやめさせる方法

では彼氏が浮気をしてしまったり、浮気を繰り返してやめてくれない場合には、どのように対処したらよいのでしょうか。

(1)彼氏ではなく自分を変える

まず大切なのは、彼氏ではなく自分を変える、という方法です。

浮気を繰り返す男性というのは、少し怒ったりやめてほしいとお願いしたりするくらいでは浮気をやめようとはしてくれません。

凝り固まった彼の価値観を変えるのは簡単なことではないのです。

そのため、まずは彼氏を変えよう、と思うのではなく自分を変えることを意識するのがベストです。

理解できない彼氏の価値観を少しでも理解しようとしてみたり、浮気されないように自分に足りないところを補ってみたりするだけで、意外とあっさり心が晴れたり、彼の浮気癖が治ったりすることもあるのです。

(2)簡単に許さない

浮気を簡単に許さない、ということも必要なテクニックです。

「いい女」を演じようと浮気を見つけても「仕方ないよ」「もうやめてね」などと簡単に許してしまっては、相手にとって都合のいい女になってしまうだけです。

頭の中では許していたとしても、彼に対して「浮気をしたらしばらく許してもらえないんだな」ということを植え付けるのです。

そうすることで簡単には浮気をしなくなるでしょう。

(3)感情的にならない

浮気を見つけてしまった女性の反応に多いのが「感情的になる」ということです。

怒りに身を任せて彼を怒鳴りつけたり、泣きわめいて彼にすがりついたり…男性は論理でなく感情で話を進めようとする女性があまり得意ではありません。

このようなことをされてしまっては、彼女に対する熱も冷めてしまうかもしれません。

彼を責める際にも、決して感情的にならず、論理的に彼を説得したり、悪いところを指摘するようにしましょう。

(4)彼氏の承認欲求を満たす努力をする

浮気をする男性というのは、どこか満たされない気持ちを抱えて生活していることも多いのです。

そのため浮気癖のある男性と付き合っている女性は、彼の承認欲求はなぜ満たされていないのかをまず分析してみてください。

そして、その彼の承認欲求を満たす努力もしてみてください。

そうすることで「自分の存在価値は彼女が見出してくれるのだ」と気づき、浮気をすることをやめるようになるでしょう。

(5)彼氏に依存しすぎない

最後に忘れてはならないこととして、彼に依存しすぎない、ということが挙げられます。

彼氏に依存していると、ささいな女性との絡みなどに関してもつい目くじらを立ててしまいます。

仕事や趣味、友達にも目を向けて、彼氏以外のことに注力することで彼氏に対しておおらかな気持ちで居られます。

万が一浮気をされたとしても、他のことで忙しかったり、充実したりしていれば、大ダメージを受けることはあまりありません。


4、彼氏が浮気をやめない場合の選択肢

最後にどうしても彼が浮気をやめようとしない場合の対処法についてご消化します。

彼氏が浮気をやめてくれず、もう耐えられない、と思った際には以下の方法を試してみてくださいね。

(1)落ち着いて二人で話し合う

まず、最初にしなければならないのは、落ち着いて二人で話し合う、ということです。

特に浮気を見つけてしまった直後や浮気が見つかってしまった直後は互いに感情的になってしまい、思うように話し合うことができない場合が多いのです。

そのため、浮気が見つかってから数日たち、感情が落ち着いたところでゆっくり話し合うことが必要不可欠なのです。

彼になぜ浮気をしてしまったのか理由を聞いてみたり、2人の関係に不満はないか聞いてみたりすることで、互いの本心が見え、より良い関係を築くことができる場合もあります。

(2)浮気を許し、もう一度やり直す

「浮気をされたけれどやはり彼と一緒にいたい」と思ったり、彼が浮気を猛省している場合には浮気を許して、もう一度やり直す、ということも選択肢の一つにあります。

このように浮気を許してもう一度やり直す場合は、「もし次に浮気をしたらどうするか」というところまで二人で決めておくのがベターです。

極端な例で言えば、誓約書を書いてもらう、ということも手段の一つです。

そしてもう一度やりなおす、と決めた場合は「彼が浮気をした」ということを喧嘩の際に引き合いに出したりせず、一旦全て忘れてやり直す心意気が必要です。

(3)浮気を気づかないフリをする

浮気に気がついたけれど、気づいていないふりをする、ということも選択肢の一つです。

すでに終わった浮気の事実を後になって知ってしまった場合などには、この方法が最もいい方法だと言えます。

初回の浮気であれば、1度だけ気づかないフリをして、2回目3回目の浮気の際に全てを相手にぶつける、ということも効果的です。

おおらかな心を持って彼に接したい、というときにはまず気づかないフリをすることで穏便に済ませることができそうです。

(4)浮気を無視して自分の生活を送る

浮気を無視して自分の生活を送る、ということも精神衛生上良い過ごし方です。

浮気をされたからといって自分の生活に支障をきたしてしまっていては、一方的に損をしているだけになってしまいます。

浮気された事実に対して相手を責めたとしても、知らないフリをしたとしても、あまり引きずりすぎずに自分の生活を送ることをお勧めします。

仕事を頑張ったり趣味を楽しんだり、友人と旅行に行ったりしているうちに彼氏が浮気をしたこと自体が些細なことに思えてくることもあるのです。

また自分の生活を送っているうちに、浮気性な彼氏よりももっと素敵な男性に出会えることもあるのです。

(5)彼氏と別れ別々の道を歩む

どうしても彼氏の浮気が許せなかったり、どうしてももう彼の浮気癖が直りそうもない場合は、彼氏と別れて別々の道を歩むことも手段の一つです。

恋愛だけが人生ではありません。

1度浮気をされたから別れる、というのではあまりに早いようにも思えますが、数回浮気を繰り返されていて、彼氏にも反省の色が見えないようであれば別れてしまった方がよっぽど幸せかもしれません。

好きでいるうちは浮気癖があっても彼氏が魅力的に見えてしまうかもしれませんが、別れて他の男性と出会ううちに「私の彼氏ってダメな人だったんだな」と思えるくらい素敵な人に出会えるかもしれませんよ。


まとめ

今回は罪悪感があっても浮気をする男性の特徴や彼氏が浮気をやめない場合の選択肢についてご紹介しましたが、いかがでしたか?彼氏に浮気をやめてもらいたい、と思いながら付き合っている女性は少なくありません。

あなたも誰にも相談できず、一人で浮気の不安と戦っているのかもしれません。

そんな時は、まず彼が今回紹介した「浮気後に罪悪感を感じる男性と感じない男性の特徴」と「罪悪感があっても浮気をする男性の特徴」どちらに当てはまっているのかをチェックしたのち、彼氏に浮気をやめさせる方法を実践してみてください。

それでも浮気を止めないようであれば、今回ご紹介した彼氏が浮気をやめない場合の対応策を検討してみてもいいかもしれません。

どうしても自分で解決できそうになかったり、彼氏が浮気を止めないようであればその道のプロである弁護士に相談する、というのも効果的な方法です。

また、弁護士に相談をする際には、浮気の証拠をしっかりと握っておきましょう。

証拠がないと浮気の事実が本当なのか弁護士は判断できません。

弁護士は浮気の事例をこれまでもたくさん見てきた人ばかりなので、かならずあなたの彼の浮気対して真剣に向き合い、効果的な解決策や慰謝料の取り方を教えてくれます。

これまで長年悩んでいた彼の浮気も、弁護士に相談することでフッと軽くなりますよ。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。