不倫を恋愛として楽しむためのルール4つ|知っておきたいリスクと男の本音

誰かを好きだと思う気持ちは誰にも止められません。

たとえ、ダメだと思っていても、すでに結婚している男性に魅力を感じ、段々と関係が深くなっていくこともあります。

しかし、既婚者との恋愛は辛く、誰かに相談できないため、毎日不安を感じることも珍しくありません。

今回は、不倫が恋愛として成り立つのか不安な女性のために、恋愛として楽しむための4つのルールを紹介します。

そして、彼の本音が知りたい不倫中の女性必見の、男性の本音も併せて解説します。

一般的ではない、大人の恋愛の進め方とはどんな方法なのでしょうか?

1、不倫を恋愛として楽しむためのルール4つ

一般的な恋とは異なる不倫を、恋愛として楽しむなら4つのルールをしっかり守ることが重要です。

(1)期待しない

あなたが本気で相手を愛していても、相手にとって一番大切な女性はあなたではありません。
一番大切にしているのは、家族なのです。

場合によっては、一方的に別れを告げられ関係が終わることもありますし、あなたのことよりも家族との約束を優先することもあります。

そのため、相手の言葉や行動に期待しないことが不倫を楽しむためには必要です。

(2)誰からも祝福されない

不倫関係は決して良い関係ではありません。すでにパートナーがいる相手を、自分のために家族から引き離し、不当に独占している関係です。

相手の家族やあなたの両親からはもちろん、友人や知人なども、あなたの不倫を祝福してくれることはないでしょう。

また、関係を公にすることも大きなルール違反ですので、誰にも祝福されず、誰にも言えない関係になることをきちんと覚悟しておきましょう。

(3)信用させても信じない

期待しないことと似ていますが、相手の言葉や行動を全て信じないことも重要です。
特に、不倫関係の間でよく言われる「いつか妻と別れる」という言葉を守って、本当に離婚する男性はごくわずかです。

相手の言葉を信頼しすぎていると、都合良く扱われてしまい、あなただけが痛い目にあうこともあります。

関係を保つために相手を信用させることは大切ですが、あなたは一歩引いて、信じすぎないように注意しましょう。

(4)相手の家族を巻き込まない

不倫関係は、あくまでも二人の関係です。社会的に許されなくても、二人で完結しなくてはいけません。
どれだけ相手のこと愛していても、相手の妻や子供へ嫉妬したり、嫌がらせしたりするのは、紛れもなくルール違反となるのです。

そして、不倫関係であることは、相手にとってあなたは1番ではなく2番目、3番目に大切な人でしかないということでもあります。

つまり、あなたとの関係が正しくない以上、自分だけを大切にしてほしいという権利も、相手の家庭を壊す権限もありません。

不満があっても全て飲み込み、今の関係だけを守れなければ、不倫関係はすぐに終ってしまいます。

(5)不倫のゴールを決める

通常の恋愛には結婚というゴールがありますが、不倫にはありません。
いつまでも付き合い続ける場合もありますので、しっかりとゴールを見据えておきましょう。

①ただ彼と一緒にいたい

ゴールを決める上である種の障害となってしまうのが、彼と一緒に居られればいいという気持ちです。
不倫をする中で大切な感情ですが、方向性を間違えると彼の家族への嫌がらせにもつながってしまいます。

また、このケースではゴールを決めることができず、気づいたら後悔しか残らなかったという女性もいます。

気持ちが燃え上がっている時ほどこうした気持ちを抱きやすいため、一直線にならないように気をつけましょう。

②期間限定で付き合えればいい

不倫関係のゴールとして最適な答えが期間限定の関係で終えることです。
1ヶ月や1年など、あらかじめ期間を決めて付き合うことで、一緒にいる時間を大切にでき、別れるときの気持ちも整理しやすいです。

ただ、この場合で注意したいのが、関係を必ず終わらせることと、妊娠を含めた人生設計を行っておくことです。

特に、女性は子供を安全に産める期間が決まっています。
不倫での妊娠・出産は避けなければならず、いくら期間を定めていても、妊娠適齢期を過ぎてしまうと大きな後悔が押し寄せます。

きちんと自分の人生も考えた上で期間を定め、その中だけで楽しみましょう。

③一生日陰の身でもいい

①と似ているゴールの考え方が、一生日陰の身でいることです。
つまり、一生不倫関係を続けていくのを選ぶことです。

理想的な関係に思えますが、一生不倫関係が続くということはありません。
これは、年齢を重ねるほど家族との時間を大切にする男性は多くなるからです。

相手は家族と幸せに生活し、あなたは一人です。
今から家庭を形成することも難しくなり、あなただけが寂しい思いをすることもありえます。

男性にとって最もリスクがないこの考えほど、あなたの未来を潰してしまいます。
本当に自分の人生を捨ててまで関係を続けるのか、今一度考えてみましょう。

④略奪婚したい

ある意味不倫のゴールともいえるのが略奪婚です。
不倫関係にある女性の多くが、目指すゴールかもしれません。

しかし、実際に彼が離婚し不倫相手と一緒になることは極めて少なく、略奪婚が成功する確率はほとんどないと思っておいてよいでしょう。

また、不倫相手と結婚する男性は、あなたと結婚しても不倫をし、その相手と結婚する可能性があることを忘れてはいけません。

略奪婚に成功したら、次はあなたが他の女性との不倫に苦しみ、彼に捨てられるポジションになることを、十分に理解しておきましょう。

2、不倫を恋愛とするリスクは?

普通の恋愛と似ている不倫ですが、不倫だけには非常に大きなリスクが存在しています。

(1)不倫と通常の恋愛の違いは?

不倫と通常の恋愛で最も違うことは、法律に触れるか触れないかです。

通常の恋愛の場合、DVや婚約破棄などは法律上許されない問題となりますが、付き合うこと自体が法律に触れることはありません。

パートナーと身体の関係を持っても、デートの料金を全て奢らせて別れても、自由恋愛である以上問題はないのです。
しかし、不倫の場合は関係自体が法律上の不貞行為となります。

つまり、法律で正しい関係だと認められておらず、被害者ではなく加害者となる可能性が高い立場です。
そのため、大きなリスを背負っている、危ない関係でもあるのです。

(2)不倫を恋愛とするリスクは?

では、不倫を恋愛とする場合に考えられるリスクとはどんなことなのでしょうか?

①慰謝料を請求される可能性

不倫で背負うリスクで最も可能性が高いのが、慰謝料を請求する可能性です。
不倫は二人で行うものであり、かつ結婚している男性の責任だと考える方も多いですが、不倫の責任は二人で背負うものです。

そのため、彼の妻から慰謝料を請求されたら、あなたは支払わなくてはならず、今後の彼との関係も終わってしまいます。

また、慰謝料はその時の状況に応じて金額が変わりますが、あなたとの不倫によって離婚をした場合は、最も高額な慰謝料を請求されます。

何が合ってもあなたの責任が軽くなることはなく、場合によっては100万円以上の慰謝料を一人で支払わなければいけません。

②仕事を失う可能性

不倫は社会から外れた関係であり、倫理観を問われるものでもあります。
もし、あなたが結婚式の打ち合わせをしている職員が、不倫をしていたら良い気分にはならないですよね?

このように、不倫をする社員が在籍しているだけでも会社全体の評判を落とすことにもつながってしまいます。

また、慰謝料を確保するために給料を差し押さえするなど、不倫の責任を追及する手続きの中で会社にバレてしまうことがあります。

そのため、あなたの不倫が上司の耳に入ったことで、仕事を解雇される場合があるのです。
特に、職場内での不倫はその責任も重くなり、解雇は免れないでしょう。

※不倫を理由に解雇はできないと思います。
左遷や降格はあると思いますが

③友人・知人を失う可能性

不倫によって失うのは、お金や仕事だけでなく、友人や知人も含まれます。

これは、あなたが許されないことをしているというだけでなく、不倫をする女性=男好き、彼女のいる男性が好き、と思われて自分の彼を取られるのではないかと警戒するためです。

あなたにその気がなくても、友人が危機感を感じれば自然と距離ができ、気づいたらその関係が終わっていることもあります。

さらに、不倫をする女性と友人であることが、自分が尻軽な女性だと思われるという不安から関係を断つ女性もいます。
不倫をしながら今までと同じように関係を続けていくことは、非常に困難なことなのです。

④親に勘当される可能性

不倫によって失う人間関係で最も辛いのが両親との関係です。
以前に比べれば少なくなっていますが、不倫をすることで親に勘当されることは珍しくありません。

不倫という道から外れた関係を親が許すことはないのです。
ただ、母と父では受け止め方も異なり、多くの場合は母の方は相談にのってくれるでしょう。

しかし、それでもあなたの行動を許すことはなく、あなたの責任を両親な肩代わりすることになり、最大の親不孝となることもあります。

不倫は親の信頼や期待を裏切り、母娘の関係すらなくなるものだということをきちんと理解しておきましょう。

3、男の本音は行動に出る

不倫を選ぶ女性にとって、気になるのが男性の本心です。
では、妻との関係性について、あなたの彼は普段なんと言っているでしょうか?

  • 「いつか妻と別れる」
  • 「子育てが落ち着いたら別れる」
  • 「調停が難航している」
  • 「将来のこともちゃんと考えている」

不倫をする男性が口にする言葉の代表的なものを集めて見ましたが、残念ながらこうした言葉の実効性は極めて低いです。

妻と別れると言いながらも、いつまでも不倫のまま関係が進展しない場合は、本気で家庭を捨てる気はないのです。

本当に妻と別れてあなたと一緒になる気があるのなら、すでに裁判などのアクションを起こしているはずです。

リスクが合っても不倫をするという行動をすぐに起こしていることからも、男性の本音が行動に出ていることはわかります。
ただ、調停は長引くこともあり、真実の場合もあります。

この場合は、信じられなければ調停の申立書などを見せてもらうのが良いですが、強く出過ぎると面倒くさく思われ、関係が終わってしまうこともありますので、諸刃の剣となるかもしれません。

4、不倫が終わるのはどんな時?

さて、どれだけ望んでいても終わりを迎えてしまう不倫関係、では、どのようなときに関係が終わってしまうのでしょうか?

(1)周囲にバレそうになった

一番ありえるケースとしては、関係がバレそうになった場合です。
不倫のリスクは非常に大きく、絶対に周囲にバレてはいけません。

そのため、バレそうになるとリスクを回避するために、関係を解消することが多いのです。

(2)結婚を迫られた

不倫関係でのタブーにもなるのが結婚です。
彼に本気で妻を捨てる気がなければ、結婚を迫る女性は段々と面倒くさくなっていき、不倫関係を終わらせます。

また、女性の中にも結婚は望まず、不倫関係だからこそ一緒にいたいという方もいます。
この場合は男性が本気になってしまうことで魅力がなくなり、女性のほうが関係を終わらせます。

このように、不倫関係は不倫だからこそ成立することが多いため、二人の関係や愛情に変化が生じた場合に、不倫関係が終わってしまうのです。

(3)奥さんが妊娠した

男性が不倫を行う動機として、妻から感じる女性の魅力が薄くなったことが挙げられます。
しかし、妻が妊娠することで、夫から父へと心境が変わり、子供のために不倫関係を終わらせることもあります。

また、「妻との関係は冷めてる」と言っていたのに奥さんが妊娠した場合、これまでの言葉が信じられなくなり、女性から別れを告げるケースもあります。

(4)彼が転勤した

不倫関係を続けるためには、定期的に会えることが大前提です。
不倫の多くは、肉体関係がベースになっており、そこから愛情が深くなるのが一般的なパターンです。

会うのが難しくなればお互いの関係を表すものがなくなり、自然と関係が消滅します。
そのため、彼の転勤などで物理的に会うのが難しくなれば、あなたとの不倫関係は高確率で終わりを迎えるでしょう。

彼にとっては遠距離であなたとの関係を続けるより、転勤先で新たな相手を見つけるほうがメリットは多いのです。

(5)相手に飽きた

単純な理由ですが、不倫相手に飽きた場合も、二人の関係は終わります。
不倫は自由な恋愛ですので、秘密を共有しているからといって、同じ人と関係を続ける義務はありません。

そもそも、身体だけの割り切った関係を、さまざまな相手と結ぶことが不倫の醍醐味でもあるため、不倫相手は魅力的であれば誰でも良い、というのが本音です。

相手に飽きれば、また違う相手を探すのは、不倫としての正しい形なのかもしれません。

5、不倫の恋を忘れられない時はどうすればいい?

終りを迎えた不倫。
しかし、不倫であってもあなたにとって恋出会ったことは間違いありません。

では、不倫を忘れられない場合はどうすればよいのでしょうか?

(1)忘れられないのは彼?それともスリル?

不倫を忘れられない場合、まずその対象が彼なのか、不倫のスリルなのかをはっきりさせる必要があります。

彼を忘れない場合、ある意味失恋と同じですので、趣味や時間などで傷が癒えるのを待ちましょう。
しかし、不倫のスリルが忘れられない場合は要注意です。

実際に、不倫をすることの背徳感が病みつきになる人も多く、今後も不倫を繰り返してしまうことがあります。
自分の幸せがどこにあるのか、きちんと見つめ直しましょう。

(2)不倫のリスクを思い出す

不倫は障害があるほど燃え上が理、周りが見えなくなる恋愛の典型的な例です。
そこで、現実的な不倫を思い出し、改めて不倫について考えることで冷静になり、吹っ切るきっかけとなります。

別れた直後は、それでもなんとか……と思うこともありますが、新しい道を進むために、その労力を使いましょう。

(3)それでも再構築を希望する場合には

何度考え直しても、彼との関係の再構築を希望する場合には、相手に迫ることも良いでしょう。
そして、やり直せればOKですし、何度も拒否されていれば、自ずと諦められます。

しかし、すでに触れたように相手の家族を傷つける・壊すようなことをしてはいけませんので、自分の気持を伝えることしかできません。

また、やり直せてもあなたの幸せに繋がることはありません。
いつまでも辛い茨の道を突き進むことになりますので、目指すなら自分の全てを失う覚悟を持って再構築の夢を叶えましょう。

まとめ

不倫という恋愛関係は、一般的ではない以上、誰からも認められないことが多い関係です。
始めることも、維持することも並々ならぬ労力とリスクが生じる、難しい関係でもあります

そのため、気持ちを抑えられないからといって、簡単に目指しても良い関係ではありません。

しかし、どうしても彼への気持ちが抑えられず、彼もあなたの気持ちに応えてくれるのならば、選択肢の一つとして不倫関係を結ぶのもよいでしょう。

きちんとルールを守った関係を築けるように、相手に何も望まず、二人でいられる今の時間を大切にしてください。

ただし、不倫関係で絶対に重要なことが、自分自身が幸せになることです。
関係が終わったときに、後悔だけが残らないように注意しながら、大人の関係を築きましょう。