不倫発覚!現役探偵が教える裁判でも通用する証拠を得るためのポイントとは?

愛する夫が不倫をしていたら、誰だって愕然としますよね。それまで信頼していた夫の裏切りに、何を信じたら良いのかわからなくもなるでしょう。

そんな中でも、すぐに行動しなければならないことがあります。

証拠の確保です。

仮に夫から「他に好きな人が出来た」と言われたとしても、それだけでは証拠になりません。この先、夫婦関係をどうするのか話し合いや協議が行われるでしょう。

一度あなたを裏切った人が、誠実な対応をするとは限らないのです。そんな時、唯一あなたの味方になるのが「不倫の証拠」です。

この記事では、RCL探偵事務所の探偵が、不倫の証拠となるのはどんなものか、裁判でも通用する証拠の押さえ方や証拠を得た場合にどうすればいいのかなどをレクチャーします。

再構築するのか、別れるのか、考えることは後からでもできます。まずは、今しかない不倫の証拠を押さえて、あなたの立場を有利にしましょう。

1、 証拠によって違う重要度。最も重視すべき証拠とは??

不倫の証拠と言われて思い浮かべるのはなんでしょう?二人でデートしている写真や愛を綴ったメール、旅行の記念品など、様々なものを思い浮かべることと思います。

ですが、実は裁判などで認められやすい証拠とそうでないものがあるのです。ここでは、夫の不倫に気づいた時に掴むべき証拠についてお話しします。

(1)裁判で不倫の証拠として認められるもの

不倫は法律用語で「不貞行為」と呼ばれています。不貞行為とは、「配偶者以外の異性と性的関係を持つ行為」です。

簡単に言うと、「結婚しているのに夫や妻以外と性的な関係を持つこと」となります。そのため、調停や裁判所で求められる不倫の証拠は、配偶者以外と肉体関係があったことの証拠です。

それはどういった証拠なのか、具体的にご紹介します。

① 写真や動画

よくあるのが「不倫相手とデートしている写真があった!腕を組んだり、キスしている!」というケース。確かに腕を組んだりキスしている写真があると、配偶者としては心穏やかではいられませんよね。

二人だけの話し合いならば、それも不倫の証拠となるでしょう。しかし、調停や裁判になった場合、それだけでは弱くなってしまいます。

法律で定めるところの「不貞行為」は「配偶者以外と性的関係を持つ行為」なので、それを立証しなければなりません。

例えば、ラブホテルに入った後、1時間以上経過してから出てきたところを写真や動画で押さえると「肉体関係があったと思われる」証拠となります。

時間の経過がわかるよう、画面の中に時計を写すか、時間が刻印されるタイプのカメラを使うといいでしょう。

また、裁判所では、改変しやすいデジタルデータより、素人が手を加えにくいアナログデータを重宝する傾向にあります。可能であれば、フィルム式のカメラを用意した方がいいでしょう。

②メールやLINEなどの文書のやり取り

メールやLINEでも、「愛してる」「大好き」といった文面よりも、肉体関係があったと思わせる文面の方が証拠として能力が高いと言えます。転送するか写真にとっておきましょう。

しかし、注意しなくてはならないのは、メールやLINEでいかに過激な文章のやり取りをしていたとしても、「そういう遊びで、実際には肉体的な接触はしていない」と言い逃れられてしまう可能性があることです。

そのため、メールやLINEといった文章だけではなく、実際に二人が接触していたことを証明する証拠が必要になってきます。メールやLINEなどの文章は補佐的な証拠であると覚えておきましょう。

③ 自白は証拠になる?

ある日急に夫に不倫の自白をされたという人も少なくありません。突然のことに驚き、録音もできないケースがほとんどです。では、「不倫の自白をした」という事実だけで、証拠になるのでしょうか。

不倫の事実を踏まえ、「二度と接触しない」という誓約書を作っていた場合には、それが証拠になることもあります。

また、誓約書を作っていない場合には、あなた自身が、いつどこでどのように夫から不倫を打ち明けられたか、思い出せる限りの内容を書面にしておくといいでしょう。

(2)法廷では取り上げられなくても当人同士の話し合いで有効な証拠は?

配偶者から見たら「これは不倫の証拠だ!」と思っても、法廷ではそう扱われないものもあります。ここでは、法廷では証拠にならないケースについてご紹介します。

しかし、証拠として重要視されないのは法廷での話です。当人同士の話し合いでは十分に有効なので、捨てずに活用しましょう。

①メールや写真

「今度デートしよ」「今日激しかったね」など、不倫をしているのは明らかなメールであっても、法廷では不倫の証拠とはなりません。不倫の証拠とは、あくまで「肉体関係があったことの証拠」なので、ほのめかす程度では弱いのが実情です。

しかし、それは調停や裁判にまで発展した時の話。二人での話し合いならば、この文章でも十分に不倫を追求できるでしょう。パートナーが抵抗しそうな場合には、他の証拠もあればより安心できます。

② 不倫相手の家に出入りしている事実は証拠になる?

不倫相手の家に出入りしたところを写真に撮っただけでは、不倫の証拠とは言えません。ラブホテルと違い、不倫相手の自宅は性行為するためだけの空間ではないからです。

あなたからすれば、不倫相手の家に入り浸るだけで立派な裏切りですよね。ですから、不倫相手の家に宿泊、又は出入りしている場合には、

  • 3~4泊(連泊でなくて良い)
  •  少なくとも複数回(5回以上)出入りしている実態

という点を押さえるといいでしょう。

その他状況証拠(メールやラインの内容、手繋ぎやキスシーンなどのデートシーン)の積み重ねが大切です。

また、二人しかいないのに部屋の明かりが消えた、という状況は性交渉したと類推される証拠になります。こちらもきちんと写真や動画に収めておきましょう。

(3)証拠がないと不倫が認められない?

「そんなに都合よく不倫の証拠が見つけられない」という場合もありますね。こういう場合、訴訟になると勝てる可能性がグンと低くなります。ただし、当人同士が不倫を認めていれば話は別です。

また、不倫相手に慰謝料を請求する際に、証拠は必要ありません。ですが、もし不倫相手が不倫をしていなかった場合、逆に名誉毀損などで訴えられる恐れがあります。

不倫相手に対しなにがしかのアクションを起こしたいと考えているのなら、不倫の証拠は手に入れた方がいいでしょう。

2、 不倫の証拠の集め方は?

一緒に暮らしているからこそ、不倫の証拠を掴むチャンスが豊富にあります。ここでは、証拠の集め方について具体的にご説明いたします。

(1) まずは行動パターンを把握する

夫の行動を記録しましょう。家を出る時間や帰宅の時間、休日の外出など、以前とのスケジュールの違いをチェックすると、不倫相手との密会のタイミングを知ることができるかもしれません。

また、「おかしい」と思うことがあれば、あわせて記録しておきましょう。後に、不倫の事実が発覚した際、行動と整合性がとれているか確認ができます。

(2) 夫のスマホをチェック

スマホには不倫の証拠がぎっしりと入っています。夫のスマホに触れる機会があれば、夫のスマホをチェックして見ましょう。

①メールやLINE

メールやLINEでやり取りをしていないかチェックしましょう。仮に同性の名前であっても、頻繁にやり取りをしているなら、不倫相手の名前を偽装している可能性があります。

② 画像フォルダ

画像フォルダに不倫相手とのデート写真がないか確認します。明らかにラブホで撮った写真や衣類を身につけていない写真なども証拠になります。

③ インターネットの履歴

SNSで連絡をとっている可能性もあるので、インターネットの履歴も確認します。また、デートスポットを調べていたら、不倫相手と行く可能性があります。

④ アプリ

近年では二人だけでチャットができたり、連絡が取れるアプリもあります。「カップル覚書」や「Between」などがインストールされていないか見てみましょう。

逆に、不倫の証拠を隠滅するアプリもあります。「履歴消しゴム」や「バルス」「私的写真館」などがないか確認しましょう。

(3) 夫のカバンをチェック

夫のカバンの中に証拠があるケースもあります。レシートや避妊具、メモ書きやカード、不倫相手の私物などです。女性の手で書かれたメモなどがあれば、保存しておきましょう。

(4) 夫が使うゴミ箱をチェック

ゴミ箱に捨てられたレシートやチケット、メモも不倫の証拠になります。レシートを捨てる際、わざわざ破く人は稀です。

ゴミ箱に捨てたことで安心しているケースが多いので、ゴミ箱のチェックは忘れないようにしましょう。

(5) クレジットカード、ETCカードの履歴をチェック

クレジットカード、ETCカードの履歴もチェックが必要です。どの店で何を買ったのか確認できるので、心当たりのない購入履歴は記録しておきましょう。

ETCでは、どこに行ったのかがわかるので、不倫相手と会った場所や頻繁に訪れる場所がわかるかもしれません。

(6)夫が使う車をチェック

車の助手席のシートの位置が違ったり、ダッシュボードに不倫相手の私物が入っていたなど、車にも不倫の証拠は残っています。

フレグランスや聴いている音楽の好みが変わったら、不倫相手の好みに合わせている可能性もあります。

また、不倫相手の髪の毛が落ちていることもあるので、夫の使う車はくまなくチェックしましょう。

3、 不倫の証拠集めのプロとは?

これまで、不倫の証拠の集め方についてお話ししてきました。簡単そうでいて、自分で証拠を得るのは意外と難しい場合もあります。

そんな時、頼りになるのは不倫の証拠集めのプロである探偵事務所です。探偵事務所は、浮気や不倫の調査を行い、客観的な証拠を集めてくれるプロ集団です。

自分の時間を割くことなく効率的に調査ができるので、「夫にばれずに調査するのが難しい」という場合には、探偵事務所への依頼を検討してもいいでしょう。

(1)探偵事務所に依頼するメリットデメリット

①探偵事務所に依頼するメリット

探偵事務所に依頼するメリットは、色々ありますが、あえて言うなら「一人で悩まなくてもいい」という点です。

不倫された人は、本来最も信頼すべき配偶者に裏切られ、誰に相談していいのかさえわからずに一人で悩むケースがほとんどです。

そんな時に探偵事務所に依頼する時、カウンセラーが在籍していれば親身になって話を聞いてくれて、今後の相談をすることもできます。

また、調査においては、気持ちを落ち着かせることができ相手に「不倫の調査をしている」とバレるリスクが最小限で済みます。

もし相手にバレてしまうと、信頼関係にヒビが入り、再構築やスムーズな対話が難しくなってしまいます。そういった意味でも、探偵事務所に依頼することは大きなメリットがあるのです。

②探偵事務所に依頼するデメリット

探偵事務所に依頼するデメリットに、費用が挙げられます。自分で調査をする場合より、どうしても費用がかかってしまうのが実情です。

単に金額だけを見るのではなく、上記のメリットがあっても高額に感じるか、を考えてみるといいでしょう。

(2)探偵事務所に依頼する際の費用は?

①探偵事務所ごとに費用が違う理由

インターネットで検索をすると、様々な探偵事務所の料金表が出てきます。価格に開きがあって驚いた方もいるでしょう。

実は、探偵事務所の料金は、各社で設定するよう定められているのです。そのため、探偵事務所ごとで料金が違う結果となっています。

「じゃあ、安い方がいいんだ!」と思いそうですね。実際に探偵事務所の費用の違いをどう考えればいいのか、次の段でお話しいたします。

②探偵事務所の費用の考え方のポイント

よく「探偵1人当たりにつき、1時間いくら」という表示がありますね。探偵は複数確保した方がいいので、料金は〜という流れです。確かに、調査において、探偵が複数名必要なシーンはあります。

ですが、ずっとその人数が必要かと言えばそうでもないのです。調査対象者が出入り口がたくさんあるビルから出てくる際は探偵も人数が必要になりますが、ラブホテルに入った後、朝まで出てこないとパターンが確立している場合には全員で見張っている必要はありません。

調査のシーンごとに必要な探偵の人数が異なるのが実情です。人員の確保という意味で、こういった料金にしている探偵事務所は多くあります。

RCL探偵事務所では、基本料金内に探偵の人件費も入っているので、必要に応じて1〜5人の探偵を使うことができます。

③予算が少ない場合、どうすればいい?

探偵事務所の料金がHPに掲載されていると「こんなに用意できない……」と行く前から諦めてしまう方がいます。

不倫の調査は、一人一人ケースが違い、案件ごとに費用が異なります。無料相談をしている探偵事務所もあるので、諦める前に相談してみましょう。

RCL探偵事務所を訪れる人の中には、経済DVを受けていたり、資産があまりない方もいます。その時々のベストを提案させていだきますので、ぜひご相談ください。

(3)不倫調査に強い探偵事務所を選ぶには

探偵事務所は、信用調査が得意だったり家出人探索が得意だったりとそれぞれ得意分野を持っています。

不倫調査を依頼するには、不倫調査に強い探偵事務所を探す必要があるのです。不倫調査に強い探偵事務所を選ぶポイントについてご紹介します。

① 調査実績が豊富

不倫調査に対する調査をした経験が豊富な探偵事務所は、様々なノウハウを持っています。そのため、夫や不倫相手の性格から行動パターンを推測することができるため、効率的に調査を進めることができるのです。

② 女性探偵が多い

不倫相手との密会を押さえる際、デートスポットやカップル向けのレストランに行っている可能性があります。

そういう場所では、男性より女性の方が周囲に溶け込みやすいという傾向があります。調査の際に不審がられないよう、女性探偵の多い探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

③ カウンセリングが充実している

不倫は、様々な問題をはらんでいます。「調査して不倫がわかったから、はい離婚」とあっさり決断を下せる人は、ごく少数です。多くの人は、夫の裏切りに嘆き悲しみ、そして将来をどうすべきかを思案します。

お子さんがいる場合には、特に深刻です。悩み揺れる時期に、心理的に支えてくれるのがカウンセラーです。カウンセリングを行う探偵事務所ならば、自分の気持ちの整理を手伝ってくれるので、心理的な負担も軽減されます。

④法の専門家である弁護士と連携している

不倫問題は、将来調停や裁判に発展する可能性もあります。そんな時、法の専門家である弁護士と連携のとれている探偵事務所だと心強いですね。

4、 不倫の証拠を手に入れたらどうすればいい?

不倫の証拠が手に入った瞬間「やっぱり不倫していたんじゃない!」と激昂した勢いのまま夫を問い詰めようとする人がいますが、まずは冷静になりましょう。

不倫の証拠は、あなたの大切な武器です。うまく使うことで、より有利に交渉を進めることができます。そのためのステップをご紹介いたします。

(1)まずは自分の希望を見定める

不倫の話を相手とする時、自分の中でどんな結末にしたいのか考えておかねばなりません。離婚も辞さないのか、何が何でも別れたくないのか、条件や相手の態度によるのかなどです。

RCL探偵事務所では浮気や不倫調査をした後、現状維持や再構築を選ぶ人が79.9%です。別れずに再構築を目指すのであれば、徹底的に叩かない方がいいですし、離婚も辞さないのであれば有利な条件で離婚できるよう交渉が必要でしょう。

希望に応じて証拠の使い方が変わるので、自分の希望は決めておいた方がいいでしょう。

(2)不倫の証拠の使い方

不倫の証拠には、さまざまな活用方法があります。どんなシーンで使うことができるのか、ご紹介します。

①不倫相手に別れを促す際に使う

不倫が発覚したら、「相手と別れて欲しい!」と強く思う人は多いでしょう。そんな時に、使えるのが不倫の証拠です。不倫相手に慰謝料を請求したり、別れを促すのに使えます。

「不倫をしていた」という事実は、他の人に好印象を与えません。その点を踏まえながら、うまく証拠を活用しましょう。

②パートナーとの話し合いに使う

最初から証拠を出さず、話し合いをする場合、パートナーが不倫の事実を認めないことが多々あります。そんな時に、証拠を小出しにすることで、自分を優位にしながら交渉をすることができます。

③調停や裁判で使う

当事者同士の話し合いが決裂したら、不倫の証拠を調停や裁判で使うこともできます。そのため、話し合いの場では証拠は全部見せないほうがいいでしょう。

調停や裁判というと、離婚のためと思いがちですが、夫婦関係の再構築のためにも使えます。

④すぐには動かずに持っておく

離婚を視野に入れているけれど、手に職がなかったり、子供が小さくてすぐに動けない場合には、証拠を手元に置いておきましょう。

一緒に暮らしているとバレてしまうようなら、貸金庫や実家に預けるのも手です。また、夫が自ら不倫相手と別れてくれると信じて待つケースもあります。

不倫相手に慰謝料を請求できるのは、あなたが不倫の事実と不倫相手の素性を知ってから3年間です。証拠を活用できるタイムリミットだと覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は不倫の証拠の見つけ方と、証拠を得た場合の活用の仕方についてお話しました。不倫の話し合いの場では、結論の前に不倫の有無が議論されることがよくあります。

「勘違いだ」と言い逃れできないよう、しっかりと証拠を押さえましょう。この記事が、参考になれば幸いです。