不倫問題に強い弁護士の4つの探し方と4つの見極め方

 

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、不倫問題を弁護士に相談すべき場合とは?

そもそも、不倫問題を弁護士に相談すべき場合とは、どういったケースなのでしょうか?

  • 夫(妻)が不倫していると思う
  • 不倫の証拠を押さえたい
  • 不倫相手に慰謝料請求したい
  • 慰謝料請求したときの影響を知りたい
  • 離婚しようかどうか迷っている
  • 不倫しているのは知っているけれど、離婚したくない
  • 夫(妻)の態度が急に変わった
  • 夫(妻)が家に帰ってこなくなった
  • 夫が急に、子どもに冷たくなった
  • 夫(妻)から急に離婚請求された

上記のようなケースです。

弁護士は、不倫問題全般について、アドバイスをしますし、離婚するかしないか、慰謝料請求するかしないか決めていなくても、相談を受けることができます。

効果的な証拠の集め方を聞くこともできるので、早めに相談を受けておくことをお勧めします。


2、不倫問題を弁護士に依頼すると弁護士は何をしてくれる?

次に、不倫問題を弁護士に依頼すると、どのようなことをしてくれるのか、ご説明します。

(1)交渉

まずは、離婚や慰謝料請求の交渉を依頼することができます。

弁護士が代理人となって、夫と協議離婚の話し合いをするので、有利に離婚を導くことができます。

合意が整ったら、協議離婚合意書も作成してくれます。

不倫相手に対する慰謝料請求についても、内容証明郵便を作成して発送し、合意書を作成して慰謝料を獲得するところまで、すべてサポートします。

(2)調停

協議離婚ができないときには、離婚調停をする必要がありますが、弁護士は離婚調停の代理人もつとめます。

申立書の作成、提出、裁判所との調整などもすべて任せられますし、調停期日にも出席して、依頼者の有利になるように進めてもらえます。

(3)裁判

離婚調停でも合意ができない場合、離婚訴訟をしなければなりません。

また、不倫相手が慰謝料支払いに応じない場合には、慰謝料請求訴訟が必要になるケースもあります。

そういったとき、弁護士が裁判の代理人になるので、非常に心強いです。

素人が自分一人で裁判を進めるのは非常に困難ですが、弁護士は裁判のプロだからです。

弁護士は、依頼者が有利になるよう、法的な主張と立証をきっちり進めるので、有利な判決を勝ち取ることにつながります。


3.不倫問題を弁護士に依頼するメリット

不倫問題への対処を弁護士に依頼すると、以下のようなたくさんのメリットが得られます。

(1)全てを任せることができる

1つ目の大きなメリットは、手続きをすべて任せられることです。

たとえば、協議離婚の場合、相手との交渉や合意書作成、離婚届のチェックなどを任せることができます。

協議離婚の話し合いは、自分達で直接行うと非常にストレスが溜まるものですが、弁護士が窓口になってくれるので、非常に気持ちが楽になります。

また、離婚調停や離婚訴訟では、申立書や訴状、準備書面等の書類をすべて弁護士が作成しますし、証拠をきちんと整理して裁判所に提出し、記録をしっかりとってくれます。

訴訟の場合、尋問期日以外は、弁護士だけが出頭すれば事足りるので、依頼者は裁判所に行く必要すらありません。

このことで、依頼者は自分ではほとんど何もしなくて良くなるので、非常に楽です。

このことは、不倫相手に慰謝料請求する場合も同じです。

(2)弁護士の法的知識・経験を利用できる

2つ目のメリットは、弁護士の法的知識や経験を活用できることです。

離婚を有利に進めるためには、正しい離婚に関する知識が必須です。

素人が、自分で離婚に関する知識を蓄えようとしても、付け焼き刃ではなかなか正確に理解しにくいものです。

弁護士は、離婚や不倫問題について、豊富な経験を有しているので、これまでの経験を元に、依頼者に有利になるように手続きを進めていくことができます。

(3)離婚する意思が固いことを示すことができる

弁護士に離婚の手続を任せて相手に通知を送ってもらったら、相手に離婚の意思が固いことを示すことができます。

自分で離婚を求めても相手にされない場合などには、弁護士が内容証明郵便を送ると相手の態度が変わることも多いので、一度試してみる価値があります。


4、不倫問題を弁護士に依頼するデメリット

不倫問題を弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかることがデメリットと言えばデメリットです。

ただ、実際には、支払った費用以上の見返りがあることが多いので、このデメリットをあまり重視しなくても良いと考えます。

また、修復が目的の場合ですでに別居となっている場合や、ご主人が離婚を切り出してきている場合、ご主人の性格やご夫婦の状況によっては弁護士に相談し、アドバイスを受ける事は有効ですが、即訴訟などを申し立てた場合相手を意固地にさせてしまい、修復にはデメリットになる可能性も考慮する必要があります。


5、不倫問題に強い弁護士の見分け方は?

不倫問題を依頼する場合、不倫問題に強い弁護士を選ぶ必要があります。

以下で、不倫問題に強い弁護士の見分け方を、ご紹介します。

(1)不倫問題に関する知識が豊富

まずは、不倫問題に関する知識が豊富であることが重要です。

知識が豊富かどうかは、その弁護士と直接話をしてみてもある程度わかりますし、弁護士のホームページをチェックすることでも推測できます。

また、過去に不倫や離婚、男女関係の本を執筆している弁護士も、不倫問題に関する知識が豊富である可能性が高いです。

(2)離婚事件の経験数が多いこと

不倫問題に強い弁護士は、不倫や離婚に関する事件の経験数が多いです。

今までどのような事件を主に取り扱ってきたのか、弁護士の経験年数はどのくらいか、日々の業務の中で、離婚や不倫問題が占める割合はどのくらいかなど、弁護士に聞いたりホームページ上の情報を確認したりして、チェックしましょう。

(3)不倫問題について、丁寧にわかりやすく説明してくれる

実際に弁護士と会って話をすると、得意分野がある程度わかるものです。

離婚や男女問題が得意分野であれば、誰にでもわかるように、すらすらと説明をしてくれます。

何を聞いても、すぐに答えてくれるでしょうし、できないことははっきりできないと言ってくれます。

これに対し、不得意な弁護士であれば、答えが曖昧になりがちですし、話を聞いてもわかりにくいと感じることが多いでしょう。

(4)不倫問題について、ホームページに詳しく説明がある

不倫問題に強いかどうかは、その弁護士事務所のホームページの記載内容からも、ある程度推測できます。

不倫問題や離婚問題に力を入れている弁護士は、「不倫、離婚問題なら、お任せください」などと、そういった分野を強調したページを設けているものです。

また、離婚問題などに関するコラム記事を多数作っていたり、離婚の無料相談を実施していたりします。


6、不倫問題に強い弁護士の探し方は?

次に、不倫問題に強い弁護士の探し方を、ご紹介します。

(1)親族や知人等の紹介

1つ目の方法は、人づてに探す方法です。

親族や友人知人など、周囲の知り合いの弁護士を紹介してもらいます。

ただ、この方法だと、紹介された弁護士が不倫問題に強いかどうかがわかりませんし、会ってみないとどのような人かもわからないので、不安があります。

また、紹介を受けると、いざ気に入らなかったときに断りにくい、というデメリットもあります。

(2)法律事務所のウェブサイトを検索する

2つ目の方法は、法律事務所のホームページを検索して探す方法です。

この方法なら、対象がどういった事務所かがわかりますし、自分の目で見て弁護士を選ぶことができます。

ただ、たくさんの弁護士事務所のウェブサイトを見ていると、どこがどうだったかわからなくなってしまうので、情報を整理しておくことが大切です。

(3)弁護士検索サイトを利用する

3つ目は、弁護士検索サイトを利用する方法です。

この方法だと、自分の地域に対応していて不倫・離婚問題に力を入れている弁護士を一括で探すことができて、便利です。

ただ、広告に力を入れている弁護士ばかりがヒットしやすいので、偏りが生じる可能性はあります。

(4)離婚関連の書籍の著者を当たってみる

不倫や離婚問題に強い弁護士は、そういった関係の本を執筆していることが多いです。

そこで、そういった本の著者である弁護士を検索して、直接問い合わせてみるのも1つの方法です。

このように、弁護士を探す方法はいろいろあるので、自分にとってもっとも探しやすい方法を利用しましょう。


7、最善の事件解決のために!依頼した弁護士との信頼関係を構築・維持する方法

(1)最善の解決に至るためには依頼者と弁護士との信頼関係が大切!

せっかく良い弁護士を探しても、依頼した弁護士との間で信頼関係を築けなければ、良い結果を得ることはできません。

事件の解決は、依頼者と弁護士の二人三脚となるためです。

腕の良い弁護士でも、相性の悪い依頼者の事件では、発揮できる能力が半減してしまいます。

(2)信頼関係を構築するためには何が必要?

まずは、依頼時における相性の見極めです。

相談時に、お互いにしっくりせず、合わなさそうだと感じる弁護士には、依頼しない方が良いでしょう。

また、依頼後は、弁護士を信頼してすべてを話すことです。

格好をつけて嘘をついたり、都合の悪いことを誤魔化そうとしたりすると、信頼関係を築くことが難しくなります。

また、弁護士には遠慮をしすぎず、どんどん質問したり希望を出したりしましょう。

弁護士も、神様ではないので、人の心の中まで見通すことはできません。

お互いに腹を割って何度も言い合うことで、信頼関係は構築されていきます。

あとは、打ち合わせ時間をきちんと守ること、言われた資料の用意はすぐに行うこと、弁護士から連絡があったら無視せず対応すること、法律事務所に行ったら挨拶をすることなど、当たり前のことの積み重ねによって、信頼関係が築かれていきます。


まとめ

今回は、不倫問題を依頼すべき弁護士の見極め方や探し方を解説しました。

不倫問題を弁護士に依頼すると、非常に大きなメリットがたくさんあります。

今回の記事を参考にして、離婚問題に強い有能な弁護士を探し、有利に不倫問題を解決して下さい。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。