夫婦円満15の秘訣と仲直りの方法!

夫婦だからこそお互いに譲れない意見があり、夫婦喧嘩をすることは何度もあります。

しかし、喧嘩の機会がどんどん増えていったり、なかなか仲直りできなかったりする悩みを抱えている夫婦も多いと思います。

そこで、夫婦円満の秘訣や仲直りの方法を詳しくご紹介します。

いつまでも仲の良い夫婦を目指すためにも、1つずつ丁寧に確かめていきましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、 夫婦円満でいられる15の秘訣

いつまでも仲良くいられるよう、夫婦円満の15の秘訣を解説します。

(1)毎日の挨拶・感謝は欠かさない

夫婦関係が良好な夫婦の特徴は、必ず毎日の挨拶を大切にしています。

1日の始まりや終わりをきちんと言葉で伝え合うことで、大きなコミュニケーションへと繋がるのです。

また、日頃から感謝を忘れず、労いの言葉を伝え合うことも必須といえます。

ありがとう、お疲れ様、たった一言伝えあうだけで、良好な関係を保ち続けられるのです。

(2)お互いに尊敬・尊重を忘れない

一緒に生活をしていると、相手の嫌な面ばかりに目が行ってしまいます。

しかし、相手に対して尊敬や尊重を持って接することが夫婦円満には必要です。

イライラしていても、相手の尊厳を傷つけてしまう言葉は使わない、やってくれていることを当たり前に思わない、意識や行動を少しずつでも変えることが円満な関係へ繋がっていきます。

(3)会話をお互いに楽しむ

夫婦のコミュニケーションで重要なのが会話です。

実は、会話量が減るだけでも、不仲になることは極めて多いのです。

そのため、時間がないときでも夫婦二人で行う会話を大切にして、会話を楽しむことが良好な関係づくりには欠かせません。

(4)お互いに連絡を取り合う

夫婦と交際期間中の劇的な変化が連絡の量です。

自宅に帰ればすぐに会えたり会話がしたりできるため、日中の連絡頻度が減ってしまうのです。

そこで、日中も可能な限り連絡を取り合いましょう。

特に、自宅で会話する時間が取れない場合はより積極的に行い、少しでもコミュニケーションを大切にしていきましょう。

(5)甘やかせる日を作る

落ち込んだときや不安に感じたときなどは、相手へ甘えたくなる気持ちがあります。

このようなときは、しっかりと甘えさせてあげましょう。

変に拒否して厳しくしてしまうと、ストレスを抱えてしまい、あなたへの態度に現れてしまうことがあります。

パートナーに甘えることもストレス解消の大切な方法ですので、しっかりと包み込んであげましょう。

(6)理想を押し付けない

男性も女性も、お互いに理想の夫婦像を持っています。

しかし、パートナーがその理想を叶えてくれることは滅多にありません。

すると、なぜできないのかとパートナーを問い詰めてしまい、その結果関係が壊れてしまうことも多いのです。

そこで、意味のない理想を捨て、パートナーへ押し付けないようにしましょう。

あなたが思い描く理想と、眼の前にいるパートナー、どちらが大切なのかは分かりますよね?

(7)悩みや不安を打ち明ける

特に男性に多いのですが、パートナーには頼られたいと思っていることがあります。

しかし、悩みや不安があっても自分の中に閉じ込めると、結果的に相手へ八つ当たりをしてしまいます。

そのため、悩みがあるときはきちんとパートナーへ打ち明けて、二人で乗り越えていきましょう。

自分の悩みを打ち明けることは恥ずかしいことではありませんよ。

(8)問題が出たら二人で話し合う

夫婦関係がギクシャクする原因は「自分だけ」が増えていくことです。

自分だけ頑張っている、自分だけが家計のことを考えている。

こうした思いは夫婦関係を良好にさせることはありません。

ですので、何か問題が現れたら、しっかりと二人で話し合うようにしましょう。

夫婦の問題は必ず二人で解決していくようにすると、どちらかだけが負担することはなくなります。

(9)お互いの好きなことに興味を持つ

夫婦の中で会話量が減りやすいのは、お互いに好きなことや趣味に没頭しているからです。

そこで、お互いの好きなことに興味を持ち、可能であれば二人で始めてみることも夫婦円満に繋がります。

また、興味が持てなくても、好きなことを貶さない、悪くいわないことが大切です。

好きなことを否定されることは、悪口よりもパートナーを傷つけてしまうため、十分に気をつけましょう。

(10)一緒に出かける時間を作る

一緒に生活するようになると、敢えて一緒に外出することが減ってしまいます。

しかし、円満な夫婦ほど、一緒に外出する機会が多いのです。

一緒に外出する機会が増えると、それだけで一緒に過ごす時間が増えます。

さらに、自宅で一緒に過ごしているのとは違った楽しさや新鮮さを感じられます。

毎日の買い物など小さなことでも良いので、一緒に外出をしていきましょう。

(11)夜の関係も大切にする

夫婦生活が長くなると陥りやすいのがセックスレスです。

パートナーに異性の魅力を感じなくなったり、性欲そのものがなくなったりすると、徐々にレスへと陥ってしまうのです。

しかし、セックスレスに陥ると、それだけで離婚に至るほど重要な問題です。

セックスは夫婦の最大のコミュニケーションでもあるため、回数は少なくなっても定期的に行いましょう。

(12)二人でいる時に手をつなぐ

セックスレスと同じように、夫婦間でのスキンシップは時間とともに減っていきます。

しかし、仲の良い夫婦はいつも腕を組んだり手を繋いだりしていますよね。

そこで、二人で外出している時には手を繋いでみましょう。

慣れてきたら腕を組んでみたり、家にいるときは何気ないときにハグしてみたりと、軽いスキンシップも大切にしましょう。

(13)お互いに自分の時間を作る

さて、二人でいる時間が長いほど円満な関係に結びつきますが、反対に長過ぎると煩わしく感じてしまいます。

そのため、きちんと一人になれる時間を設けましょう。

常に二人で出かけるのではなく、一人で遊びに行ける時間を作ったり、趣味に没頭できる時間を設けたりするのです。

すると、束縛感を抱きにくくなるため、二人でいる時間も楽しめるようになるのです。

(14)誕生日・記念日のお祝いは欠かさない

男性にとって忘れがちな誕生日や記念日、自分たちにとって大切な日ほど大切にすることで、幸福な時間を共有できるため、関係が良好になりやすいのです。

また、クリスマスやバレンタインなど季節ごとのイベントを一緒に楽しむのもおすすめです。

1度しかないその年の大切な日を一緒に過ごして、日頃言えない特別な言葉を伝えましょう。

(15)ペットを飼ってみる

夫婦円満へ導く方法は、基本的に二人で協力して行わなければいけません。

もし、難しい場合はベットを飼ってみるのがおすすめです。

喧嘩したときでも、ペットをきっかけに仲直りできることもあり、夫婦関係がギクシャクする機会が減っていきます。

また、ペットを飼うと自然に会話量や出かける頻度が増えます。

すると、夫婦のコミュニケーションが活発になり、飼う前よりも夫婦関係が円満になりますよ。


2、 夫婦円満のために夫と仲直りする方法

喧嘩をしないことが夫婦円満ではありません。

喧嘩をしてきちんと仲直りする夫婦が円満な関係になっている証拠となるのです。

(1)お互いに冷却期間を設ける

お互いに言いたいことがあり、感情がヒートアップしていると、仲直りどころか喧嘩を止めることすらできません。

特に、謝ってもその行為自体が癪に障り、よりヒートアップすることもあります。

そこで、お互いが冷静になれるまで冷却期間を設けましょう。

罪悪感が募ればお互いに謝ろうと考えますし、一人になることで何が悪かったのかを見つめ直すことができます。

しっかり仲直りするためにも、一時的に関わらないようにすることが大切です。

(2)冷静に話し合う

もし、冷却期間を経ても仲直りできなかったら、感情的にならないよう冷静に話し合いましょう。

なにが原因で喧嘩になったのかを話し合い、きちんと原因を取り除くように努力しましょう。

こうした話し合いは仲直りするためにも必要ですが、同じ原因でまた喧嘩しないためにも重要です。

遺恨を残さないためにも、時間がかかっても良いので十分に話し合いましょう。

(3)しっかりと謝る

仲直りに必須なことは当然謝ることです。

喧嘩をしたら謝る、この基本が夫婦円満に仲直りするために必要です。

ただ、適当に謝ってしまうと相手の感情を逆なでしてしまうこともあります。

しっかりと何が悪かったのかを感じ取り、それについて謝るようにしましょう。

上辺だけの謝罪は新たな喧嘩の火種になってしまうため、謝る際にも気を配りましょう。

(4)夫の好きな料理や贈り物をする

モノで気持ちを釣るというのはズルいように思えますが、効果的な仲直りの方法です。

自分の好みを知っていてくれたこと、選んだり作ったりする手間をかけてくれたことが嬉しく感じ、怒りの気持ちを鎮めてくれます。

また、自分から謝るきっかけにもなるでしょう。

謝罪するタイミンがつかめない場合は、料理や贈り物を用意して一緒に気持ちを伝えましょう。

(5)夫を理解する努力をする

夫の考えや行動が理解できずに喧嘩が起きてしまうことがあります。

ですが、理解をする努力をしなければ、また同じことで喧嘩を繰り返してしまいます。

そのため、少しずつでも良いので夫のことを理解できるように努力してみましょう。

また、同時に諦めることも必要です。

あなたの思う通りの行動をしてくれる訳ではありませんので、自分の気持ちや理想と折り合いをつけながら二人の生活を楽しみましょう。


3、 夫婦円満でいる夫婦の特徴

最後に、実際に円満に過ごしている夫婦の特徴を確かめていきましょう。

やれることから真似していき、仲の良い夫婦を目指しましょう。

(1)お互いが違う考えを持っていると自覚している

夫婦関係が悪化してしまうのは、自分の考え方を相手に押し付けてしまうことが一つの要因です。

そして、相手の考えを理解できないことが、拍車をかけてしまうのです。

そのため、お互いに違う考えも持っており、さらに相手を自分の思い通りにコントロールできないと自覚している夫婦ほど円満な関係を築いています。

今まで生活してきた環境が違うからこそ、価値観が違うのは当たり前、むしろ、仲の良い夫婦は一緒に新しい価値観を作り出すようにしていますよ。

(2)共通の趣味・話題を持っている

仲の良い夫婦は、何かしら共通した趣味や話題を持っていることが特徴的です。

全く趣向が違うのに、趣味だけは共通していることも珍しくありません。

これは、もともと同じ趣味を通して結婚した場合もありますが、結婚後にパートナーの好きなことに興味を持ったことがきっかけだったことも多いのです。

好きなことが共通していれば、自然と夫婦のコミュニケーションも増えるため、円満な関係になりやすいのです。

(3)夫婦喧嘩をしても相手に勝とうとは考えない

円満な夫婦の喧嘩は、不満点を相手へ押し付けるのではなく、問題を解決するために話し合った結果喧嘩となる場合がほとんどです。

そのため、喧嘩をしてもマウントを取ったり、相手に勝とうとしたりしません。

むしろ、言い合いをしていても問題解決が最終地点となっているため、どこかで冷静になっていることもあります。

また、問題が解決すれば目的は達成されるため、喧嘩の尾を引くこともなく、すぐに仲直りしています。

相手を罵倒し屈服させる喧嘩は、関係を悪化させるだけの意味のない喧嘩なのかもしれません。

(4)お互いに謝ることができる

喧嘩後気まずい雰囲気はどの夫婦も一緒です。

しかし、関係が円満な夫婦ほど、お互いに謝ることができています。

もちろん、先に言い出すことに抵抗があるかもしれませんが、相手が謝ったらきちんと自分の悪かったことを反省し謝っているのです。

喧嘩の原因は一方的なものかもしれませんが、喧嘩にまで発展するのはお互いに原因があります。

お互いに自分の否をきちんと認められ、口に出せることが夫婦関係を大切にするために必要なのです。

(5)夫婦共に「ま、いっか」と思える関係

夫婦関係はどれだけ考えていてもなるようにしかなりません。

神経質に注意しても、相手が従ってくれるとは限らず、頑張るほど「自分だけ」が重なりストレスが溜まっていきます。

そのため、お互いの行動に「ま、いっか」と思えるような関係ほど夫婦円満な関係になっています。

これは諦めたのではなく、気にしていないのです。

細かいことを気にしなければ無駄な喧嘩は減り、お互いの行動を監視しなければ関係がギスギスすることもありません。

相手の行動に敏感になることに時間や神経を使うよりも、二人の時間を楽しむことに全力で集中しましょう。


まとめ

夫婦円満な家庭は好ましい関係です。

毎日夫婦喧嘩が起きたり、ギスギスしていたりする家庭よりも仲の良い関係の方が良いですよね。

そこで、15の秘訣をできることから始めていき、関係を良好に導きましょう。

ただし、夫婦関係に正解はありません。

秘訣に縛れすぎて、関係が悪化しないようにすることも大切です。

あなたとパートナーが一緒に幸せになれるよう努力していきましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。