女性の浮気チェックリストと浮気防止5つの方法

※本記事は宗万恵行が監修しています。

男性の中には女性は浮気をしないというイメージがり、自分の事だけを大切に思ってくれる存在だと考えている人は多いですよね。

だからこそ、最愛の妻が他の男性と一緒にいるだけでも不安になってしまい、もし浮気していたら…と考えるだけでも、より強い不安な感情が込み上げて来ますよね。

ただ、どれだけ心配しても、やはり心の何処かで本当に浮気をしていないのか?

という疑問は持ち続けている人も多いはずです。

そこで、女性が浮気をする心理や浮気をしているかチェックするポイント、浮気が濃厚になった場合の対処法を紹介します。

知りたくないかもしれない女性の浮気の全容をしっかりと把握しておき、浮気と正面から向き合いましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


目次

1、女性の浮気率

男性と違って浮気をするイメージがあまりない女性。

実は、あるアンケート調査によると浮気をしたことがある女性の割合は約80%と非常に高い数字であることが分かっています。

ただ、ランダムで選ばれた女性を対象にした調査ではありませんので、実際にここまで高くなることはないでしょう。

しかし、女性は浮気をしない、確率は低い、というのはイメージでしかないということは覚えておきましょう。


2、女性が浮気する5つの心理

想像以上に高い確率で行われている女性の浮気。

では、どういった心理で浮気をしてしまうのでしょうか?

(1)寂しさを紛らわすため

女性の浮気の理由として多いのが寂しさを紛らわすためです。

今まで積極的に関わってきてくれた男性が仕事など他のことに目を向けてしまうと、自分の優先度が低いのではないかと寂しさを感じてしまいます。

しかし、人間関係の寂しさを解消するには、新たな人間関係を構築することが最適な対処法となりますので、結果的に寂しさを紛らわすために浮気をしてしまうのです。

(2)夫婦関係のマンネリ化

結婚してから時間が経過すると、初めの頃のドキドキ感などが薄れ一緒にいることに慣れていきます。

こうした関係の安定化はどの夫婦にも訪れるものですが、それをマンネリ化したと思う女性もいます。

すると、新たなドキドキ感やときめきでマンネリ感を解消しようとします。

そして、スリルや新たなドキドキ感を全て与えてくれる浮気に興味を持ち、実際に他の男性と関係を持ってしまうのです。

(3)自分の魅力を再確認したい

女性が寂しさやマンネリを感じると、自分の魅力が失われたから夫が相手をしてくれないと落ち込んでしまうことがあります。

そこで、自分の魅力が本当に無くなってしまったのかを再確認するために、他の男性と一緒にいる時間を増やすことがあります。

そして、一緒に過ごす男性へと気持ちが傾いてしまい浮気をしてしまうのです。

(4)夫との生活に不満がある

夫婦生活の中で1つも不満がなく生活している女性は少ないですよね。

しかし、通常は不満以上に二人の関係が良好なため、離婚や浮気に繋がることはありません。

ただ、どうしても夫への不満が抑えられない場合もないわけではありません。

ですので、夫への不満を解消するため、夫への当てつけのために浮気をする女性もいるのです。

(5)酔った勢い

男性だけでなく女性でも、酔った勢いで浮気をしてしまうことは意外に多いです。

アルコールによって気持ちが高揚したときに魅力的な男性がいると、1回位なら良いかと思ってしまい、軽い気持ちで浮気をしてしまうのです。

普段と違い、アルコールによって適切な判断ができなくなっているため、お酒は男女共通の大きな浮気の要因といえるでしょう。


3、浮気しやすい女性の特徴

浮気をする背景にはさまざまな要因がありますが、必ず浮気をするわけではありません。

そこで、浮気をしやすい女性の特徴を確かめていきましょう。

(1)過去、恋愛経験が多い

浮気しやすい女性の共通点は恋愛経験が多いことです。

恋愛経験が多いということは、男性と二人で会うことに抵抗がなく、関係が悪化したら修復よりも次の恋愛を選ぶことが多い、といったことを表します。

つまり、恋愛経験が少ない女性よりも浮気に対して抵抗感がないことも多いのです。

そのため、1人の男性に執着するということもありませんので、何度も浮気を繰り返すこともあります。

(2)元々性欲が強い

女性は性欲が薄いというイメージがありますが、それはあくまでもイメージの1つです。

実際には、男性と同じくらいの性欲を持っている人は多いですし、中には男性以上の性欲を持っている女性もいます。

つまり、元々性欲が強い女性の場合、自分の欲望を満たすために浮気をする可能性が高いのです。

(3)刺激を求める性格

新しいものが好きな女性は多いですが、その本質となるのは今までにない刺激が魅力的に映るからです。

ただ、この刺激を求める性格が強いと、マンネリや安定ということを嫌うことに繋がります。

つまり、夫との安定した関係に飽きやすく、浮気による刺激を求めてしまうのです。

(4)依存症の性格

誰かからの好意に依存しやすい性格だと、その人からの好意の大きさに敏感に成り、少しの変化で嫌われたと感じてしまうことがあります。

すると、今まで依存してきた人と距離を作ってしまい、新たに依存する人を探し始めます。

つまり、夫婦関係の寂しさを過剰に受け取ってしまうため、自分に愛情を与えてくれる他の男性を求めてしまうのです。

(5)人一倍自意識が強い

目的を持って頑張る女性は素敵ですが、その意識が強くなりすぎると常に1番であることにこだわるようになります。

すると、自分は他の女性よりも魅力的である、魅力的にならないといけないといった間違った強い自意識を持ってしまいます。

その結果、結婚していても他の男性から魅力的に見えるように行動し、他の女性よりも優位に立ちたいという自意識を満たし、結婚してもモテる自分を演出するために浮気を繰り返すのです。


4、女性が浮気すると現れる7つの行動パターン

さて、女性が浮気をしていると、どのように日常的な行動が変化するのでしょうか?

浮気の兆候を見逃さないようにしましょう。

(1)スマホを触る頻度が増えた

女性は気の合う人連絡を頻繁に取り合いますが、これは浮気相手とも同じです。

つまり、今までとは段違いにスマホを触る頻度が増えます。

さらに、浮気をしているとその画面を男性には見せようとはしませんので、ロックをし始めた、隠れるように画面を見ているなど、スマホの扱い方にも変化が現れます。

(2)お金使いが変わった

浮気をすると現れる特徴的な変化がお金の使い方です。

特に女性は、新しい服や下着、アクセサリーなどを購入することが増えるため、お金の使い方が派手になります。

男性から奢られるからお金の使い方に変化が現れにくいということはありませんよ。

(3)一人で外出することが増えた

女性が外出する際の傾向として、友人などと複数人で出かけることが多いです。

しかし、浮気をしていると浮気相手と会うために1人での外出が増えていきます。

ですので、外出相手を隠したり、1人でふらっと出かけることが多くなると浮気をしている可能性が高いといえるのです。

(4)趣味趣向が大きく変化した

女性は相手と共感や共有をすることで関係を深めていきます。

つまり、浮気相手に合わせて趣味や趣向を変化させることも多いのです。

そのため、今まで興味のなかったことに詳しくなったり、好みが変化したりした場合には浮気のサインだと覚えておきましょう。

(5)怒りやすくなった

一緒に生活をしていれば夫婦喧嘩の1つや2つするものです。

しかし、浮気をしていると夫よりも浮気相手の方が魅力的に感じていますので、浮気相手と比較し劣っていると感じる部分に不満を持ちます。

つまり、今までよりも起こりやすくなったと感じる場合は、その背後に別の男性が関わっているかもしれません。

(6)服装の急激な変化

趣味や趣向と同じように、相手の好みに合わせる代表的なものが服装です。

相手に可愛く見られたいと考えるため、好意を寄せている男性の好みに合わせて自分の服装を変えているのです。

つまり、今までの雰囲気とは違っているなど、急激に服装が変化した場合は浮気している可能性が高いです。

(7)冷たくなり、あまり顔を合わせなくなった

女性は好意的な相手以外の男性とは距離をおきたがる傾向が強く、スキンシップなどを極端に嫌がります。

すると、あなたへの態度が冷たくなったり、顔を合わせる頻度が少なくなったりします。

そのため、あなたへの態度の変化も浮気を疑うポイントになっているのです。


5、女性の浮気を確認する6つのチェックリスト

女性の行動が怪しいと感じた場合、浮気の痕跡が残りやすい6つのポイントを細かくチェックしていきましょう。

(1)スマホのチェックリスト

相手との連絡や写真などが残りやすいスマホは浮気の確認には最適な場所です。

そこで、以下の点に注目しながら浮気の有無を確かめましょう。

  • スマートフォンにロックを掛け始めた
  • トイレや風呂の中まで持っていく
  • 電話が掛かってきてもその場で取らない
  • 複数のスマートフォンを使い分けている
  • 画面を見られることを凄く警戒する
  • 着信履歴、メールの送受信の履歴が残っていない

(2)女性の職場のチェックリスト

女性が浮気相手と知り合う機会が多いのは実は職場です。

また、職場は浮気の言い訳にもよく使用されるため、職場について調べることで浮気の発見に繋がります。

  • 職場での男女比
  • 1つの職場での勤務歴が短い
  • 職場の飲み会や懇親会の頻度
  • 上司と部下、同僚同士の関係や雰囲気

こうした点は簡単に調べられないことも多いですが、時間をかけて調べていくことで真実へと繋がりますよ。

(3)パソコンのチェックリスト

スマホと同じようにパソコンには浮気の痕跡が残りやすいですので、以下の点に注目しながら細かくチェックしましょう。

  • 使用者ごとに専用のパソコンがある
  • パソコンがロックされている(それぞれのアカウントでログインが必要)
  • 自分のパソコンを触れさせない
  • インターネットブラウザのブックマークや閲覧履歴が極端に少ない

(4)女性の日常生活のチェックリスト

女性の日常的な行動に気にしていない男性は多いですが、些細な行動や変化からも浮気の有無をチェックできます。

ですので、一つひとつ女性の行動を思い出しながらしっかりとチェックしていきましょう。

  • 自分に対する態度に違和感がある
  • 休日に1人で外出することが増えた
  • デートスポットやおしゃれなお店に敏感になった
  • 仕事に前向きになった(残業や出張が増えた)
  • ファッションやブランド品にお金を掛けるようになった

(5)女性の交友関係のチェックリスト

女友達の男性や、もともと仲の良かった男性など、もともとの交友関係をきっかけに浮気へと発展することも非常に多いです。

そこで、妻の交友関係も忘れずにチェックしましょう。

  • 浮気をした経験がある男性と仲が良い
  • 異性に対して優しい
  • 友達付き合いを優先する
  • 過去に交際していた男性が多い
  • 男性の友達が多い

(6)夫婦関係のチェックリスト

女性が浮気をしていると、夫婦関係に大きな変化が訪れます。

以下のような点に注目し、改めて二人の関係性をチェックしてみましょう。

  • セックスレスが続いている
  • 女性からセックスを求められなくなった
  • こちらから求めても応じてくれない
  • 体系やファッションに対する批判が増えた

6、女性の浮気が疑わしい場合の対処方法

スマホなどをチェックした結果浮気が疑わしく感じた場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

(1)何よりも先に「証拠を集める」理由

浮気が疑わしくなると、いち早く相手へ浮気の有無を問いただしてしまいます。

しかし、浮気が疑わしい状況のときこそ、何よりも先に浮気の証拠を集めなければいけません。

浮気の証拠を集めるのは、相手が言い逃れをできなくなること、今後の展開で有利になることなど、メリットしかないことが理由です。

一方で証拠がなければ水掛け論になってしまい、最悪のケースでは、事実確認をしていないため、相手が浮気をしておらず、疑われたことへの不信感から家庭を壊してしまうことにもあります。

さらに、証拠がないことを盾に相手が浮気を認めなければ、関係を修復することもできません。

ですので、浮気を追求するだけでなく、今後の夫婦関係について適切な答えを出すためにも、何よりも先に証拠を集める必要があるのです。

(2)注意!やってはいけない対処方法

パートナーが浮気をしているという疑惑は少しでも早く解消したいですが、絶対にやってはいけない浮気の対象方法も存在しています。

①所持品を強制的に見る

浮気の証拠を集めるためにスマホやパソコンを盗み見ることはあります。

ただ、盗み見ることに罪悪感を感じて、自分の目の前でパートナーの携帯を見せさせるように強要させることがあります。

しかし、こうした行為はパートナーを信頼していないと告げているのと同じで、浮気をしていない場合でも夫婦関係を破綻させます。

また、もし本当に浮気をしている場合、あなたが感づいていることを知り、今後浮気の痕跡をくまなく隠すようになり、証拠を見つけることがより難しくなります。

つまり、どんな場合でも悪い方へ転がってしまうため、絶対にやってはいけないのです。

②曖昧な証拠を突きつける

他の男性と意味深なメール。このようなものを元に浮気の追及を行うことが多いですが、こうした曖昧な証拠では浮気を解決することはできません。

最終的には夫婦の雰囲気を壊すだけですので、確証がない場合に追求するのはやめましょう。

③四六時中監視をする

浮気の確証を得るために、パートナーの動きを常にGPSや定期連絡などで監視を行う人がいます。

しかし、こうした監視は夫婦であってもプライバシーの侵害に該当することがあり、場合によってはDVに該当する可能性もあります。

また、こうした監視を煩わしく感じ、見えるように浮気をすることもあります。

パートナーの監視はどんな場合でも離婚という結末しかありませんので、関係の修復なども選択肢に入れたい場合は避けましょう。

④第三者に相談をする

パートナーの浮気を友人などに相談することは多いかもしれませんが、第三者が介入すると余計問題が拗れてしまいます。

パートナーの浮気の手助けをしたり、浮気を疑ったあなたが非難されたりと、良いことはありません。

浮気は夫婦の問題だからこそ、しっかりと二人で解決するようにしましょう。

⑤自分で浮気現場を抑えようとする

よくパートナーを尾行して浮気現場を抑えようとする人がいますが、大半の男性が失敗しています。

というのも、浮気現場を抑えること=パートナーが浮気をしているのを見逃すことだからです。

そのため、途中で二人に問い詰めたり、浮気相手へ掴みかかったりすることも多く、浮気以上の問題に発展することもあります。

浮気現場を押さえたい場合には、必ずプロへ依頼しましょう。


7、女性の浮気防止5つの方法

男性にとって女性の浮気は信じられないものです。

そこで、5つの方法をしっかり実践して女性の浮気を防止しましょう。

(1)しっかりと話を聞く、共感をする

女性の浮気の要因になる寂しさ。

これは、男性がパートナーよりも他のことを優先してしまうため生まれてしまうものです。

そのため、パートナーの話をしっかりと聞く、その内容に対して共感をするなどして、日々のコミュニケーション大切にしましょう。

(2)感謝を伝える

浮気の根本にあるのは、他の男性が夫よりも自分の事を大切にしてくれることです。

自分に無関心、興味を持ってくれない夫よりも、気を使って大切にしてくれる男性の方が魅力的に感じるのは当然です。

ですので、日頃の感謝をきちんと伝えるなど、妻の心を満たすような行動を起こしていきましょう。

(3)思い出の場所を巡る

結婚して一緒にいることが当たり前になると、改めて一緒に出かける機会が減り、それが浮気のきっかけになってしまうことがあります。

そこで、新しいスポットではなく、付き合っていた頃に出かけていた思い出の場所へ行ってみましょう。

すると、初々しく楽しかったときを思い出し、改めてお互いの大切さ、愛情などを共有できますよ。

(4)共通の趣味を持つ

男性が趣味に没頭してしまい、1人にされる寂しさが浮気のきっかけになるケースがあります。

しかし、逆に共通の趣味を持っていれば、自然と会話や一緒に出かける機会が増え、さまざまな感情の共有ができるようになります。

ですので、可能な範囲内で一緒に楽しめる趣味に女性を誘ってみましょう。

(5)二人とも自分の時間を大切にする

一緒にいることで寂しさを感じさせませんが、一方で束縛感を抱き、抜け出すために浮気をする女性もいます。

ですので、一緒にいる時間と同じように、一人になれる時間や自分だけに使える時間も大切にするようにしましょう。


8、注意!女性の浮気防止に逆効果な言動

女性の浮気防止を気にするあまり、行き過ぎた言動をする男性がいます。

ですので、女性に浮気をさせるような後悔を生む言動には注意しましょう。

(1)勝手に携帯を見る

浮気をしていないか確かめるために、勝手に携帯を見ることがあります。

ですが、浮気に関係なく勝手に携帯を覗かれることに女性は強い不快感を表します。

特に、女性は信頼されていないと考てしまい、それが関係の悪化に繋がりますので、疑念がない場合にはむやみに携帯を見ないようにしましょう。

(2)「浮気したら別れる」などのマイナス発言

浮気を抑制するため、ことあるごとに浮気をしたときのペナルティを伝えている男性もいます。

ですが、これも同じく女性を信頼していない発言です。

ですので、不安があってもこうしたマイナス発言も控えましょう。

(3)過剰な束縛

浮気をできないように防止する方法には、GPSの導入や定時報告を義務付けるなどの過剰な束縛を行う場合があります。

しかし、こうした過剰な束縛は女性にとっては大きなストレスとなります。

過剰な束縛がきっかけとなり浮気をしている女性も多いため、重い負担になるような束縛は必ず控えましょう。

(4)別のカップルの話をしだす

女性にとって嫌な話題の1つが比較です。

あのカップルは別れそう、あそこのカップルをお手本にしようなど、良くも悪くも比較しながら関係を良好に保とうとします。

しかし、他のカップルと比較させること、女性は遠回しに自分が批判されているのだと感じてしまいます。

つまり、二人の価値観を大きく対立させてしまい、関係悪化に繋がることがありますので、他のカップルの話題は極力避けましょう。

(5)冷たく接する

自分への興味を持たせるために、わざと妻へ冷たく接する人がいます。

これは、間違いなく悪影響を与える言動です。

確かに、始めは変化に戸惑い妻の反応も変わりますが、長引くほどに愛情がないと感じ本当に冷え切った関係になってしまいます。

ですので、冷たく接するのではなく、むしろ甘えるように、スキンシップなどを通して積極的関わるようにしましょう。


まとめ

男性にとって女性が浮気をするというのは信じたくない内容です。

しかし、男性よりも確率は低くても、女性の中には浮気をしている人も多く、女性が必ずいつまでも自分だけを愛してくれているということはありません。

ただ、女性の浮気の要因はパートナーとの精神的な繋がりが弱くなることが大きな要因となります。

ですので、普段から女性へ感謝の言葉をかけたり、コミュニケーションを取っていれば、未然に防ぐことも可能です。

自分からこうしたことを行うのが苦手な男性は多いですが、その恥ずかしさとパートナーがいなくなること、どちらが辛いことでしょうか?

心からパートナーを大切にして、これからも円満な関係を続けていきましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。