実際に離婚をする人の離婚原因について

※本記事は宗万恵行が監修しています。

離婚をする夫婦はたくさんいるけれど、実際に離婚の原因となっていることは何なのだろう?

と不思議に思っている人はいませんか?

幸せな結婚をしたはずでも、離婚を選択する夫婦がたくさんいます。

結婚する際には、婚姻届け1つで夫婦になれましたが、離婚するのは結構大変なのです。

慰謝料や子供の親権にも関わってくることだからこそ、離婚の原因は明確にしたいですよね。

自分の離婚理由は離婚を認められるのか、気になりませんか?

この記事では、離婚の原因となる理由を男女別のランキングで紹介しています。

離婚が成立した人は、どのような理由で離婚したのかどうかを知ることができます。

そして、あなたが抱えている悩みが離婚に繋がるのかどうか、慰謝料を請求できるかどうかについても、知ることができます。

これから幸せな人生を少しでも早く送ることができるように、この記事を読んで離婚について勉強してみてくださいね。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、男女別:離婚原因ランキング

離婚の原因は、夫婦によって様々です。
それぞれの家庭はどのようなことが原因で離婚することになったのか、今離婚を考えている人は気になりますよね。

そんな離婚に至った夫婦の離婚の原因ランキングやスピード離婚、熟年離婚になる原因についてご紹介いたします。

(1) 妻からの離婚原因ランキング

まずは、妻が離婚を切り出す場合の原因をランキング形式で見ていきましょう。

① 性格が合わない

離婚の原因で最も多い原因が性格の不一致です。
交際している時にはわからなかったような部分が結婚することで見えてきます。

妻は性格の不一致でも我慢することも多いですが、長い時間一緒にいると我慢にも限界が訪れます。
その結果喧嘩が増えて、性格の不一致による離婚に発展していくことがあります。

② 生活費を渡さない

ほとんどの家庭が男性の収入が多いのではないかと思います。
しかし、中には生活費を渡さない夫もいるのです。

生活費を渡さないことで、生活が火の車になってしまうこともあります。

一緒に生活を営んでいるにも関わらず、家事も妻がやり、生活費を渡さない夫の面倒を見るのが嫌になって、離婚を考えるようになるケースが多いようです。

③ 精神的に虐待する

いわゆる「モラハラ夫」というものです。
肉体的な暴力は振るわないものの、言葉の暴力によって、精神的に追い詰める夫もいます。

我慢して結婚生活を営んでいても、精神的苦痛を受け続けることはとても大変です。
その後離婚を決意するケースがあります。

④ 暴力を振るう

ドメスティックバイオレンスの被害を受けたことが原因で離婚するパターンもあります。

夫から暴力を振るわれていても、離婚を切り出せばまたひどい暴力を加えられるケースもあります。
精神的にも肉体的にも限界がくると、離婚するケースがあります。

⑤ 異性関係

不倫などの不貞行為が原因で離婚することです。
夫が自分以外の女性と体の関係を持った場合、離婚できるのが今の法律です。

夫が体の関係があったと証明できない場合は不貞行為とみなされないこともありますが、体の関係が証明できなかったとしても、他の女性に目移りした夫を許すことができなくなって、離婚に発展するケースもあります。

⑥ 浪費する

ギャンブル好きな夫が、貯金はおろか借金まで作ってしまうような場合もあります。
夫の浪費癖があっては、これから先の人生設計もできなくなってしまいます。

いくら注意しても治らないような場合、妻は離婚に踏み切ることもあります。

⑦ 家庭を捨てて省みない

子供がいたり、介護が必要な両親がいたりしても、家庭を捨てて自分は外で遊びまわっているような夫の場合、離婚を考えるケースが多いです。

家事や育児、介護など、家族で協力してやるべきことを放棄して、自分勝手に生きている夫に愛想をつかし、離婚を決断するケースがあります。

⑧ 家族親族と折り合いが悪い

女性特有の嫁姑問題は、離婚に発展するケースもあります。

夫自体は悪い人ではないのに、夫の家族とうまくいかなくなってしまうと、夫との夫婦関係も悪化してしまう場合もあります。

夫が味方になって協力してくれれば解決方法はありますが、両親の味方をしてしまっては、どうすることもできなくなり、離婚してしまうケースもあります。

⑨ 性的不調和

結婚してからは、子供を産むために性行為を行うことがありますが、その性的な部分に何らかの問題が生じることが原因で離婚に至るケースもあります。

男性のEDや異常な性癖など、結婚するまでは気づかなかった部分が出てきて、不快に思うようになることもあります。

性的関係を持たなくなったことにより、日常生活の関係性も悪化しそのまま離婚に至ってしまうこともあります。

⑩ 酒を飲みすぎる

酒癖の悪い男性に愛想をつかすケースもあります。
酒癖が悪いと、暴力や精神的虐待に繋がることもあります。

更に、アルコール依存症になってしまい働かなくなってしまう夫もいます。
酒が原因で離婚に至るケースも少なくないのです。

(2) 夫からの離婚原因ランキング

次に夫から離婚を切り出したケースの原因について見ていきましょう。

① 性格が合わない

夫婦どちら側も、最も多い原因は性格の不一致です。
女性の場合は、結婚する前は可愛く見せたくて猫をかぶっていることもあります。

しかし、結婚してみたら性格が一気に変わって、鬼嫁に変貌するということも少なくないようです。

性格が合わなくなってしまうと我慢して結婚生活を送るしかなくなります。
我慢の限界が来ると夫から離婚を切り出すことになるケースが最も多いようです。

② 精神的に虐待する

性格の不一致よりも少し重い理由ですが、結婚してから性格が変わり、妻が暴言を吐くようになるケースもあります。
夫も最初は我慢しますが、一緒に生活していく上で続いていく言葉の暴力は、耐え難いものです。

結果として我慢の限界が来ることにより、離婚という道を選ぶケースが多いです。

③ 家族親族と折り合いが悪い

女性では、嫁姑問題がありますが、夫側でも家族親族と折り合いが悪くなってしまうことで離婚に発展するケースがあります。

妻に悪いところがなくても、妻の家族や親族が絡んでくることで、夫婦関係に亀裂が入ってしまうこともあります。

夫婦間での話し合いが大切ですが、妻が家族親族側の味方をしてしまっては、解決策がないので、結果として離婚に至ってしまうケースがあります。

④ 異性関係

妻の不倫が原因で離婚に至るケースもあります。

結婚当初は絶対浮気をしない妻だと思っていても、夫婦生活が長くなり、マンネリ化してしまうと、妻が心の隙間を埋めるために浮気や不倫に走るケースもあります。

体の関係が認められれば慰謝料を請求することもできますが、妻が浮気をしたという事実が許せな
くて愛想をつかし、離婚に至るようなケースもあります。

⑤ 性的不調和

付き合っていたころにはなかなか感じなかったような、性的不調和が原因となるケースがあります。
夫婦生活を営みたいにも関わらず、妻が応じてくれずに悩む夫も多いようです。

しかし、外で体の関係を結んでしまうと不貞行為に当たる場合もあるので、どうしても我慢できない場合には離婚に至ってしまうケースもあります。

⑥ 浪費する

専業主婦の妻を持っている人に多いですが、妻の浪費が原因となって離婚に至るケースがあります。

夫の稼ぎであるのにも関わらず、黙って買い物し浪費を繰り返すようなケースもあります。
口で注意して治るのであればいいですが、なかなか治らない場合に夫から離婚を切り出すケースがあります。

⑦ 同居に応じない

夫側が両親との同居を望んで結婚した場合、妻ももちろん同居するべきですが、結婚してからなかなか同居に応じず、結果的に妻は一緒に住みたくないという決断を下すこともあります。

その結果妻ではなく両親を選び、妻とは離婚するというケースも中にはあります。

⑧ 暴力を振るう

男性ばかりが多いと思われているドメスティックバイオレンスですが、女性にも暴力を振るうような妻も中にはいます。

口がうまい妻だと、どうしても逆らうことができず暴力を振るわれてもなにもできないこともあります。

そこから離婚に持ち出すのは大変ですが、自分の身を守ることが大切なので、最終的に離婚を決意する夫もいるのです。

⑨ 家庭を捨てて省みない

外に働きに出ている場合に多いですが、子育てや家事を放り出して、家庭を省みなくなることから、離婚に至るケースもあります。

自分の好きなことができるようなお金がたくさんあると、自宅にとどまらず外へと遊びに行ってしまうような妻も中にはいます。

忙しく働いている夫だけでは家庭は回らないので、その後結局離婚を決断するようなケースもあります。

⑩ 病気

離婚原因としては稀になってきますが、病気が原因で離婚してしまうこともあります。
離婚の原因となる主な病気は精神的な病が多いです。

妻がうつ病や統合失調症など、重度の精神病を患ってしまった場合、普通の夫婦生活を送るのが困難になることもあります。
その結果夫が離婚を切り出すケースも中にはあります。

(3) スピード離婚の原因は?

結婚してからまだ1年も経っていないような新婚夫婦が、離婚してしまうというスピード離婚というものもあります。

スピード離婚の原因として、最も多いのは性格の不一致です。
これはできちゃった結婚やスピード結婚など、あまり相手を知る機会がなかった夫婦に多いです。

他にも借金や暴力、浮気など、結婚する前にはそのようなそぶりが全くなかったというのに、結婚してから見えてくる部分に早い段階で嫌気がさして、スピード離婚に至るケースがあります。

離婚をすることは、バツイチになるということです。

ほとんどの場合は結婚も離婚も慎重に決めますが、我慢できないほどの苦痛を感じたり、バツがつくことに抵抗がない人は早い段階で離婚を決断することもあります。

(4)熟年離婚の原因は?

オシドリ夫婦だと思っていた夫婦が離婚するケースも増えています。
年齢を重ねて、子供が巣立ってから離婚することを熟年離婚といいます。

熟年離婚の原因は、ほとんどが今までの積み重ねです。

性格の不一致や暴力、浮気など、離婚したいと思う原因がたくさんあっても、子供がいたり両親に心配に反対されたりすることで、今まで離婚に踏み切れなかったということもあります。

子供が巣立ったり、離婚を反対する両親が亡くなったりした後で、「このまま同じお墓に入っていいのだろうか」と考えた末に、離婚する決断を下す夫婦が多いです。

離婚をしても、自分に優位になるようにと離婚の原因になったものを証明する証拠を、長年集めているケースも多いです。その後慰謝料を貰って、1人で幸せな老後を過ごしたいと思う人が熟年離婚をするようです。


2、法律で認められた離婚原因

「離婚したい!」と思っても、誰もが離婚できるというわけではありません。
結婚するということは、口約束ではなく契約です。

その契約を破るということには、それ相応の理由が必要であり、さらに法律で定められた原因に合った理由がなくては離婚が成立しません。

民法770条で定められている離婚原因に具体的に見えていきましょう。

(1) 配偶者に不貞な行為があったとき。

配偶者の不貞行為というのは、いわゆる不倫です。
「配偶者がある者が、自由意思に基づいて配偶者以外と性的関係を持つ」ということです。

基本的に法律では、性的関係が継続的にある場合を不貞行為とみなします。
そのため、プラトニックな関係や1回限りの性的関係では不貞行為と認められないケースがほとんどです。

この不貞行為を証明するためには、不貞行為があったと証明できる証拠が必要となります。
愛人とラブホテルに入っていく証拠や、友人や探偵会社などの第三者からの証言などが必要になります。

(2) 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

配偶者からの悪意の遺棄とは、夫婦が協力して共同生活を行う義務がある中で、それをわざと怠るような行為をした場合が「悪意の遺棄」とされます。

例えば正当な理由もなく自宅に帰らなくなったり、生活費を渡さなかったり、働けるにも関わらず働こうとしなかったりするようなケースです。

ただし、相手からの暴力や精神的な虐待から逃れるために家を出ていった場合には、悪意の破棄とはなりません。

(3) 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

結婚した配偶者が突然行方不明になり生死不明の状態が3年以上続いた場合、残された配偶者が婚姻関係を解消してくてはなりません。

行方不明になってから3年が経過した場合には夫婦関係は破綻しているものとみなされます。
3年は音信不通になった時から始まり、警察に失踪したという届け出を提出する必要があります。

3年以上経過した段階で、残された配偶者が裁判所に訴えを起こすことで離婚の判決を得ることで成立します。

(4) 配偶者の強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

法律で離婚が認められる病気は、重い精神病のみです。
強度の精神病を抱えている配偶者がいる場合、夫婦生活を協力しながら営んでいく義務があります。

しかし、回復の見込みのない重い精神病の場合は、片一方に対しての経済的な負担も大きく、心も体も疲れてしまいます。

この場合、専門の医師の診断を参考にしながら裁判官によって判断してもらうことになります。
離婚が認められる精神病には躁鬱病、早期性痴呆、麻痺性痴呆、偏執病、初老期精神病です。

しかし、精神病者の今後の生活に見込みがついている段階でないと、離婚が認められないことがほとんどです。

(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

これらの原因には該当しませんが、婚姻関係を継続するのが難しい正当な理由がある場合には、この項目にあたります。

どのようなケースが離婚原因として認められるかについては、幅が広く限定されていないため、裁判官の判断によって認められるかどうかが決まります。


3、こんな場合は離婚できる?

離婚するためには、それ相応の理由が必要だということがわかりました。
では、実際にどのようなケースの場合に離婚が成立するのかどうか、例を挙げながら見ていきましょう。

(1)夫が生活費をくれない

夫が妻に生活費をくれないというケースは、民法の配偶者の悪意の遺棄にあたります。
ただし、どうしても働けないような事情があって生活費がもらえないということは、また別になります。

夫が働いていて、妻に渡すお金があるにもかかわらず、ギャンブルなどにつぎ込むようなことをしている場合には悪意の遺棄が成立します。

その場合は離婚を申し立てることができるので、離婚を望む場合は協議離婚ができるように話し合いを開始しましょう。

(2)夫が浮気した

夫の浮気が、不貞行為にあたるかどうかで民法の該当する離婚原因が変わってきます。

不貞行為とは、性行為があった関係ということを指します。
夫が自分以外の女性と仲睦まじくしているようでも、プラトニックな関係では不貞行為とはみなされません。

不貞行為を証明することができれば、夫からも浮気相手の女性からも慰謝料を受け取ることが可能になります。

そのためには、夫が浮気相手と性行為があった事実を証明する必要があります。

例えば、夫が愛人と何度もラブホテルに入っていく様子がわかる写真や動画を用意したり、性行為をしているとわかる動画や写真や録音データなどです。

自分で用意するのはとても大変なことなので、探偵に依頼することをおすすめします。
探偵の調査報告書は証拠として提出することができます。

夫の浮気で離婚をする場合には、まずは証拠を集める所から始めましょう。

(3)夫がモラハラ

夫がモラルに反するような言葉を浴びせてくることで、精神的苦痛を感じている場合にも、離婚が成立することがほとんどです。

これは、婚姻を継続しがたい重要な事由とみなされます。

家庭内であっても言葉による暴言や侮辱、脅迫、威嚇などに当たる行為が繰り返されることで、夫婦関係が元に戻ることがない程愛情を失っている状態だと判断され、離婚請求が認められることがほとんどです。

夫の暴言が原因で離婚する際には、慰謝料を請求することができるので、ボイスレコーダーに保存したり、言われた暴言を日記としてメモを残しておくことをおすすめします。

できれば1日限りではなく離婚を決めた日から証拠を提出する日まで、細かく残しておく方が、後々便利になります。

(4) 姑との関係がこじれた

姑との関係性が原因で離婚したいと思った場合は、認められるケースと認められないケースがあります。

姑との関係性が悪くても、夫との関係性が悪くない場合には離婚を認められないケースがあります。
これは夫が間に入ることによって、嫁姑関係を修復させられる可能性があるからです。

しかし、夫が姑の肩を持ったり、妻に対して姑とともにきつく当たってくるようなことがあれば、婚姻が継続しがたい重要な事由として認められることがほとんどです。

離婚を成立させることは可能ですが、慰謝料請求は難しい場合があります。
慰謝料請求には、違法な行為を行った人が、それにより精神的苦痛を受けた人に支払う賠償金です。

しかし、姑から受けた行為について、それが違法ないじめ行為であると認められるかどうかは、わからないのです。
姑との関係性がこじれたことが、性格の不一致である場合には、慰謝料を請求できる可能性は難しいでしょう。

姑が原因になる場合は、まずは夫と話し合って離婚するかどうか決めた方が良いでしょう。
夫が協力してくれることで、離婚以外の選択肢が見えてくることもあります。

(5) 子供の教育方針でもめている

子供の教育方針の不一致で離婚を考えているという場合、婚姻が継続しがたい重要な事由に該当する場合があります。

教育方針の違いによって、夫婦関係が悪化した場合には性格の不一致とみなされることが多いです。
しかし、夫婦関係が修復する見込みがある場合には、離婚を認められないケースもあります。

離婚裁判では、子供の幸せに関しては重要視されます。
客観的に見て、子供の為にもお互いのためにも夫婦関係を継続しがたいと判断されれば、離婚が認められます。

子供の教育方針が原因で離婚する場合は、親権を取れるかどうかが重要になります。

経済的な面や、子供の意見、過去の子供と過ごした時間などによって考慮されます。
比較的母親が優先されることが多いですが、子供と接する時間が多い方が有利になります。

親権が欲しい場合は、経済面や子供と一緒にいられる時間を長く確保するといった工夫が必要です。

(6) すでに家庭内別居している

家庭内別居とは、同じ家にいながらも夫婦関係が破綻しているような状態をいいます。
家庭内別居は、婚姻を継続しがたい重要な事由とみなされます。

家庭内別居に至るまでにも、きっと様々な夫婦間の問題があったはずなので、その事柄が離婚原因と判断されることが多いです。

離婚せずに家庭内別居を続けていく方向でも良いですが、思い切って離婚をしようとおもった場合には、話し合いによる協議離婚を進めていくと良いでしょう。

(7) 夫が重病にかかった

夫が病気にかかったという場合の離婚は、病気の種類によります。
民法で離婚が認められている病気は、精神病だけです。

躁うつ病や早期性痴呆など、強度な精神病で、回復の見込みがない場合に離婚請求を認めるとされています。
しかし、これ以外の病気に関しては、症状によって様々です。

重病だといっても、時間はかかっても回復の見込みがあるような病気の場合、離婚が認められないケースがほとんどです。

夫が寝たきりの状態で、看病が難しいというようになってしまった場合には、認められる可能性があります。

また、精神病であっても、患者の今後の世話をする見込みがある場合でしか離婚は認められません。
病気が原因で離婚する場合でも、配偶者の今後の生活が保障されているかどうかも大切です。

(8) 夫の借金が発覚した

夫が内緒で借金をしていたことが発覚した場合、離婚に発展することもあるかと思います。
これは、婚姻を継続しがたい重要な事由とみなされるケースが多いです。

夫が借金を作ったことが理由で、婚姻生活を続けるのが難しくなったといえる場合には、認められるケースがほとんどです。

借金取りが家にくるようになったり、さらに自分を保証人にして配偶者が蒸発してしまったという場合にも離婚が認められる理由になります。

離婚をするためには、夫が借金していたことがわかるような証拠を集めておくと良いでしょう。

(9) 性の不一致

性の不一致によって離婚を考えることもあるかと思います。
これは、婚姻を継続しがたい重要な事由とみなされることがあります。

相手の異常な性癖が原因で、セックスレスになってしまうようなことがあれば、婚姻が継続しがたいとみなされることがあります。

法律上結婚した夫婦は正当な理由なしに性行為を拒否し続けてはならないとされています。
拒否された方が配偶者以外と体の関係を持つことは、不貞行為とみなされます。

そのため、夫婦間で性の不一致により長期的なセックスレスに陥っている夫婦には、
離婚が認められるケースが多いです。

異常な性癖が原因となっている場合は、性的虐待とされるケースもありますし、理由なく拒否し続けることで、慰謝料を請求されるケースもあります。

性はデリケートなことではありますが、離婚理由にしたい場合は、性が一致していないと感じる理由について、細かく説明できるようにしておいた方が良いでしょう。

(11)特に理由はないが離婚したい

とても稀なケースにはなりますが、特に理由なく離婚したいと思う人もいるかと思います。
残念ながら理由なしに離婚はできません。

夫婦関係を終わらせるということは、簡単なことではないのです。

しかし、離婚について相手が同意すれば離婚は成立します。相手が納得するような理由を見つけることで離婚できるケースもあります。

どうしても離婚したいのであれば、婚姻を継続しがたい重要な事由にあたるような原因がないかどうか、改めて考えてみると良いでしょう。


4、離婚するための具体的な方法3つ

ここまでは、離婚の原因についてご紹介してきました。
最後に、離婚を決めた時にどうすればいいのか、離婚の流れについてご紹介していきたいと思います。

(1) 協議離婚

協議離婚とは、夫婦の間で話し合うことにより離婚する方法です。
ほとんどの離婚の場合は、この協議離婚を選びます。

お金も時間もかかることがないので、約90%が協議離婚で離婚しています。
間に第三者を挟まないので、財産分与や慰謝料、子供の養育費、親権なども自分たちで話し合って決める必要があります。

後々トラブルにならないように、協議離婚書のように、合意した文章を書面にして残しておくと良いでしょう。
また、これだけでは法的な力が発揮されないので、公正証書を公証役場で作成してもらいましょう。

公正証書とは、公的な力を持っている書類で、万が一約束が実行されない場合に強制執行をすることができるという書類です。

また、子供がいる場合には、親権を決めてからでないと離婚することができません。
親権については当事者でしっかりと話し合い、合意の上で離婚の手続きを進めましょう。

(2) 調停離婚

調停離婚は家庭裁判所の調停において、仲裁人を介入させた上で離婚の手続きを行う方法です。

これは、協議離婚で話し合いをした結果双方の同意が得られない事項が出てきた場合に、裁判所の協力のもと解決するということです。

家庭裁判所へ調停の申し立てを行い、呼び出し状が届いてから初回の調停が始まります。
裁判官と調停委員が中立の立場となって話し合いに加わります。

調停は月に1回程度のペースで行うため、離婚成立までに時間がかかります。
話し合いでお互いが納得する結論が出た場合、調停調書が作られこれを10日以内に離婚届けとともに提出します。

これで離婚が成立します。

(3)裁判離婚

離婚裁判をすること自体とても珍しいことですが、どうしても話し合いがうまくいかない場合には、最終手段として裁判で決着をつけるという方法もあります。

裁判所から離婚訴状で呼び出されてから、裁判が始まります。問題の争点を整理して、証拠を提出したり、事実確認をしながら進めていきます。

そして、裁判所が判決を下します。
判決が不服な場合には2週間以内なら申し立てをすることができます。

確実に離婚をすることができる裁判離婚ですが、時間と費用を要することになるため、精神的にも肉体的にも大変な離婚方法になっているので、裁判に発展するケースはとても稀です。


まとめ

離婚の原因についてまとめてきました。
離婚の原因になる理由になるものは、たくさんあるということがわかりましたね。

今後離婚を考えているという場合、離婚が成立し自分が優位に立てるような形になれるように、思い立ったら離婚に向けての準備を進めておくといいかもしれませんね。

笑って幸せに過ごせる時間が、1日でも早く来るように祈っています。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。