浮気調査を探偵に依頼する前に知っておくべきこと~費用から証拠の活用方法まで~

「最近なんだか、配偶者の様子がおかしい?」

そう思った時に脳裏をよぎるのが浮気調査の文字。

しかし、探偵に頼むとなると、そもそも探し方がわからない人がほとんどでしょう。

「どうやって頼むの?」

「調査費用は?」

「調査はどんなことをするの?」

この記事では、RCL探偵事務所の探偵が、浮気調査について詳しくお話します。

探偵の選び方や調査の方法など、浮気調査を依頼する前に基本的な知識を押さえ、あなたにとってベストな結果を手に入れてください。

1、探偵に浮気調査を依頼すると何がわかる?

探偵に浮気調査を依頼した場合、わかるのは浮気の有無だけではありません。どんなことがわかるのか、具体的にお話します。

(1)浮気の有無

浮気調査をして、浮気をしているかどうかがわかるのは当然のことです。

中には挙動不審な夫を妻の依頼で調査したところ「リストラされたことを妻に言えず、公園で時間を潰しているだけだった」というケースもあります。

浮気に特化した浮気調査では、下記のことがわかります。

①会う頻度や場所

浮気相手と会っている場所はどこか、どのくらいの頻度で会っているのかがわかります。

ラブホテルに行っているのか、浮気相手の自宅にいるのか、あるいは依頼者の自宅に招いているのか、などです。

頻度もまた、浮気の悪質さを知る際の参考になります。

②浮気相手の素性

浮気相手がどこに住み、どんな名前でどんな仕事をしているのかも知ることができます。

日本の法律では、浮気相手に慰謝料を請求する際、相手の住所や氏名がわからないと請求ができません。

そのため、この情報はとても大切なのです。

(2)それだけではない探偵に依頼するメリット

探偵が行うのは調査ですが、近年の探偵事務所は調査以外のサービスにも力をいれています。

配偶者に浮気をされた依頼者の心のケアに取り組むため、カウンセラーのカウンセリングを行っているところもあります。

また、浮気調査の結果を踏まえて、弁護士の紹介をしてくれるところもあるのです。

2、探偵がする浮気調査とは

探偵と言うと、トレンチコートを着て電柱の影から対象者を尾行し、後をつけるイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

現代の探偵はどんな方法で調査をするのか具体的にお話します。

(1)張り込み

張り込みは今もよく使われる手法です。

調査対象者が会社のビルやラブホテルに入った際、近隣で張り込みをして、出入りの現場を押さえます。

探偵だとばれないよう、住宅街なら普段着、ビジネス街ならスーツなど、シーンに応じた格好をしているのも特徴です。

(2)尾行

調査対象者がどこに行くのか、後をつけるのが尾行です。

調査対象者の立ち寄り先や浮気相手とのデート場所がわかります。

また、浮気相手と会った際に尾行対象を浮気相手に切り替え、浮気相手の住居を知ることもできます。

(3)取材(聞き込み)

浮気相手の近隣の住民や会社の人などに浮気相手の人柄や素行を聞き込みます。

この時、探偵だとはばれないよう接触するので、周辺の住民に調査していると知られることはありません。

3、探偵に依頼した浮気調査で得られるもの

探偵に浮気調査を依頼すると、自分で調査したのでは得られない証拠やアドバイスを受けられます。

ここでは、探偵に依頼した浮気調査で得られるものをご紹介します。

(1)法廷でも通用する証拠

浮気は法律で「不貞行為」と言い、離婚の理由になります。

話し合いが調停や裁判になる可能性がある場合には、法廷でも通用する証拠が必要です。

法廷では、改変しやすいデジタルデータよりは改変しにくいアナログデータが認められやすい傾向にあります。

具体的に言うと、フィルム式のカメラで撮影した写真や、テープで録音した音声などです。

そういった機材を持っている場合にはいいのですが、浮気調査のためだけにそろえるとなると費用もかかってしまいます。

探偵はそういった機材を豊富に取り揃えている上に扱いも十分心得ています。

法廷で認められやすい証拠を得られることは、大きなメリットです。

(2)今後に向けてのアドバイス

浮気調査をして、浮気が確定となった場合、今後どうすべきかを考える必要があります。

再構築か、離婚か、そもそも浮気の事実を知ったことを告げるか否か……。

しかし、突然のことですぐに決断できない人が多いのも事実です。探偵はこれまで数多くの浮気調査を手掛けています。

そして、数多の結末を見届けてきました。

そんな探偵から今までの経験を元にしたアドバイスを受けることで、自分が今後どうすべきかを考えることができます。

実際にRCL探偵事務所に浮気調査を依頼した人の79.9%は配偶者とのやり直しを選んでいます。

4、浮気に強い探偵事務所の特徴は?

探偵は浮気調査だけでなく、さまざまな調査を手掛けています。

数ある探偵の中から、浮気調査に強い探偵を選ぶために、浮気調査に強い探偵事務所の特徴をご紹介します。

(1)実績が豊富

浮気調査の実績が豊富な探偵事務所は、あらゆるケースを想定できるというメリットがあります。

浮気調査の中には、調査対象が用心深く、電車に乗ったと思ったら発車直前に飛び降りるなど尾行に苦労するケースもあります。

また、浮気相手が攻撃的だったり、本名を偽っていたりするケースも。実績が豊富な探偵事務所なら、そういったケースに対するノウハウがあるので安心です。

(2)弁護士事務所と連携がとれている

浮気調査は、調査し終わってからが本番と言っても過言ではありません。

その点、法律の専門家である弁護士と連携がとれている探偵事務所ならば、法的にも有効なアドバイスをもらうことができ、心強さが違います。

(3)女性探偵が多い

浮気調査の調査現場は、デートスポットや女性が好む場所であることが多くあります。

そんな場所に男性探偵が一人でいると周囲から浮いてしまうこともありますが、女性探偵であればそういうリスクが減ります。

調査で最も大切なのは、調査対象者や浮気相手に「浮気調査をしているとバレないこと」です。

(4)機材が充実している

浮気調査には、さまざまな道具が使われます。

自分で浮気調査をして、くじけるケースが多いのは、決定的な証拠写真を撮れない時です。

特に夜間の撮影では、フラッシュを焚いて相手にばれてしまったり、逆にばれることを恐れて遠くから撮影して誰だかわからない写真になってしまうケースが多いのです。

探偵事務所にある機材は、そういった欠点をクリアし、浮気調査に特化した性能を持っています。

(5)カウンセラーが常駐している

浮気調査を依頼する方々は、本来最も信頼すべき配偶者に裏切られ、心身共にダメージを受けています。

そんな時に頼れるのがカウンセラーの存在です。

近年では、カウンセラーが常駐している探偵事務所もあります。

RCL探偵事務所では、離婚カウンセラーである岡野あつこ先生を顧問に迎え、手厚いケアを行っています。

5、探偵事務所の費用の考え方は?

さて、探偵事務所に調査を依頼する際に気になるのは料金ですよね。

「なんだか高いらしい」という漠然としたイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

インターネットで費用を探せば、一見わかりやすいような具体的な数字も出てきます。

ですが、浮気調査の料金は、調査の難易度や状況によって全く変わってしまうのが実情です。

ここでは、具体的な数字ではなく、どんな考え方をして調査費用の項目を見ればいいのかについてお話します。

(1)安さに飛びつくのは危険?調査料金の考え方

コストを安く抑えたいと思うのは、決して悪いことではありません。

しかし、探偵事務所の中には実態がないにも関わらず調査を引き受ける悪質なところもあります。

安いからと言って安易に飛びつくのはやめましょう。

調査料金には、大まかに言って調査費用と事務手数料が含まれます。

調査費用は稼働する探偵の人数と時間によって変化しますが、ここで注意しなければいけないのは、探偵の拘束時間と実際の調査人数は異なるケースがあることです。

例えば、最初の調査で調査対象者が複数の出口がある会社のビルから出てくるのを押さえる時には、複数の探偵が必要になります。

しかし、ラブホテルに入り、一晩出てこないことがわかっている場合には、張り込みの人数は1名で良いこともあるのです。

よく探偵の人数×時間で調査料金を出しているところがありますが、常にその人数が必要ではないということは知っておきましょう。

ちなみにRCL探偵事務所では、基本料金内で探偵を1~5名必要に応じて配置しています。

(2)キャンセルや調査中止の場合はどうなる?

何らかの事情が生じて、キャンセルや調査を注意する場合に調査料金がどうなるかは、探偵事務所によって規定が異なります。

契約時に交わす重要事項説明書に取り決めが記載されているので、必ず確認しましょう。

中には、契約を結んだだけで実際の調査は一切していないにも関わらず、キャンセル料が100%かかる探偵事務所もあります。

サインする前に熟読し、わからない部分は必ず確認するようにしましょう。

6、探偵に浮気調査する時の流れ

事前知識を得たところで、実際に探偵に浮気調査を依頼する際の流れを見て行きましょう。細かな点は探偵事務所ごとに異なりますが、おおよその流れは共通しています。

(1)信頼できる探偵事務所を探す

探偵業を営むには、探偵業法にのっとって公安委員会に届出を出す必要があります。

最初に法律を守っている探偵事務所を探すことが肝心です。

一般の人からでもわかる探偵事務所探しのポイントについてお話します。

①タウンページに掲載されている

意外と知られていないのが、タウンページに掲載されている探偵事務所の信頼性です。

タウンページに掲載されるには、NTTが設ける基準をクリアしなければなりません。

そういう意味で、誰でも設置できるホームページと違い、第三者の審査が入った上で記載されている探偵事務所は信頼がおけると言えます。

②探偵業届出証明書の番号がホームページなどに記載されている

探偵業を営む際に公安員会に届出をすると、届出をした証として「探偵業届出証明書」が渡されます。

そこにある交付番号をホームページに記載している探偵事務所は信頼できると言えます。

「探偵業届出証明書」は事務所内のわかりやすいところに提示するよう義務付けられているので、探偵事務所を訪れた際に確認することで、裏付けを取ることもできるでしょう。

③打ち合わせは探偵事務所内で行ってくれる

一見すると「なぜ?自宅近くのファミレスでやってくれるほうが親切では?」と思うかもしれない項目ですね。

ですが、探偵事務所が実在するかどうか確認するのは大切なことです。前述の通り探偵業届出証明書の存在を確認する意味もありますし、実際のオフィスを訪れることで、探偵事務所の規模や雰囲気を知ることが出来ます。

面倒だと思っても、最初は探偵事務所を訪れるようにしましょう。

(2)無料相談の対応を見る

電話などで無料相談をしている探偵事務所の場合、その対応を見ることでも雰囲気を知ることができます。

よく「電話相談だけで見積もりを出してほしい」という方もいますが、浮気調査は個々のケースで事情が異なり、一概に料金を言えないケースがほとんどで、「電話ではお答えできない」という場合があるのはそのためです。

自宅の住所や会社、浮気相手の自宅や愛用しているラブホテルの状況によって調査の難易度は変わります。

そういう意味で無料相談でできる範囲内を示してくれる探偵事務所は誠実だと言えるでしょう。

(3)見積もりは2~3社もらおう

「ここならよさそうだ」という探偵事務所をピックアップしたら、面倒でも2~3社は回りましょう。

探偵事務所は個々の裁量に任されている面が多く、対応やアフターサービスが全く異なることを肌で感じられるからです。

それを知った上で、料金や雰囲気、相性を考えてみましょう。

(4)契約する時の注意点

いよいよ探偵事務所を決め、契約の段になりました。

契約の際に注意すべきは次の点です。

①探偵業法にのっとった契約書か否か

インターネットで探偵とのトラブルで「いきなり法外な料金を請求された」「追加料金を求められて高額になった」という話を耳にします。

しかし、探偵業法では、契約時に探偵事務所は依頼者に対し、「調査の期間」「調査内容」「調査にかかる費用の総額」を明らかにするよう定められています。

つまり、契約時に同意した料金以外は請求できませんし、勝手に追加料金を取ることもできません。

逆にこれらの提示がないまま調査を始めようとする探偵事務所は、信頼がおけないといっていいでしょう。

②説明は十分だったか

RCL探偵事務所には、他の探偵事務所で浮気調査を依頼したものの、思うような結果を出せずに再度調査を依頼される方も多くいます。

その際特徴的なのは、「調査方法を聞いたってわからないでしょう?プロである私達に任せて」と調査方法など具体的な説明をしない点です。

また、キャンセルに対する考え方など説明が不十分であるケースもあります。

依頼者が疑問に思ったことに対し、答えるのが誠実な探偵事務所です。

(5)調査開始

依頼者が納得し、契約が結ばれたら調査が開始されます。

浮気調査をしている相手と生活を共にするのは苦痛を伴うこともありますが、なるべく平常心で過ごしましょう。

(6)調査途中の報告

契約内容にもよりますが、調査の途中で経過報告が入ることもあります。

また、調査対象者や浮気相手が想定と異なる動きを取った時に、判断を仰ぐケースもあるようです。

(7)調査が終わったら

調査が終わったら、探偵は調査報告書をまとめます。

これは、今までの調査内容が克明に記されている報告書で、法廷でも通用する客観的な証拠となります。

7、探偵事務所から証拠をもらったらどうすればいい?

探偵から証拠を受け取ったら、すぐに使ってはいけません。

再構築をしたいのか、離婚も止む無しと考えているかでアプローチの仕方が異なるからです。

それぞれのケースでどう証拠を使うのか、有効な手段についてお話します。

(1)再構築を考えている場合

「配偶者とやり直したいので、穏便に済ませたい」と考えている場合、すぐに証拠を使わずに持っているままの人もいます。

浮気に気付いていることを匂わせ、配偶者から浮気相手に別れを切り出すのを待っていたり、逆に浮気相手から別れるよう仕向けるケースもあります。

「浮気されたこと自体が許せない」という場合には、正面から配偶者と対峙し、話し合いを決行する人もいます。

(2)離婚を視野に入れている場合

離婚を視野に入れている場合、証拠を見せるにしても全てを見せる人はいません。

将来、調停や裁判になだれこむ可能性が高く、その際に決定的な証拠を示したほうが有効だからです。

探偵事務所では、こういった時の証拠の使い方もアドバイスしています。

まとめ

日常的に探偵と接触がない人にとって、「浮気調査を探偵に依頼する」という行為そのものがハードル高く感じるものです。

ですが、探偵は決して怖い存在ではありません。

事前に知っておくべき知識を得ておけば、必ずあなたにとって味方になるでしょう。

そんな存在を見つけるための参考になれば幸いです。