浮気調査の費用の内訳と調査費用を安く抑える6つの方法

浮気調査費用

「旦那が浮気をしているかもしれない」「浮気の証拠を集めるために、探偵に依頼したい…」そう思ってはいませんか?

とはいえ、探偵に依頼するのには費用がどれくらいかかってしまうのかわからず、不安でなかなか踏み切れない、という人もいるかもしれません。

そこで今回は、探偵に依頼する浮気調査の費用や調査費用を抑える方法をご紹介します。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、浮気調査の費用相場は変動する

実は浮気調査の費用相場というのは変動するもので、総額費用は10万~100万と幅広いものなのです。

浮気調査にかかる費用の大半は調査員の人件費であり、何人の調査員が必要なのか、そしてそれらの調査員を何時間利用するのか、ということで大きく調査にかかる費用は変動してしまいます。


2、浮気調査の費用を計算する方法

ここでは浮気調査の大体の費用を計算する方法についてご紹介します。

基本的に浮気調査にかかる費用は

「浮気調査をした調査員の数」×「浮気調査にかかった時間」×「調査員の時給」

で計算されます。

この計算式を覚えておくだけで、悪徳探偵社などを避けることができるようになるので忘れないようにしましょう。

探偵社に見積もりを出してもらった上で「なんだか高すぎる気がする」と感じたら、まずはこの3つの要素について1つずつ確認してみるのがおすすめです。


3、浮気調査費用の内訳

続いてこれらの浮気調査にかかる費用がどのような内訳になっているのか見てみましょう。

まず調査料金には、着手金や人件費、深夜早朝割増、危険手当などが含まれます。

経費には交通費、通信費、機材費、車両費、宿泊費など、調査を行う際に適宜必要になるものの費用が含まれます。

ターゲットの移動が多かったりする場合には、この経費がかさんでしまうこともあるでしょう。

証拠を集めたあと、慰謝料の請求や離婚の申し立てに使用する報告書の作成費などは手数料に含まれます。

また成功報酬型料金プランを採択している場合、「成功報酬」を調査が成功した場合に支払うこともあります。


4、主な浮気調査の費用体系

続いて浮気調査の費用体系にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

浮気調査の費用には、大きく分けて「時間料金型」「パック料金型」「成功報酬型」の3つのプランがあります。

(1)時間料金型

時間料金型は、探偵事務所など調査会社で最も多く採択されている料金形態です。

この時間料金型では、依頼主が依頼した内容に関して調査を行った時間によって費用が変動していく、というものです。

時間料金型では、「調査時間」と「調査員の人数」と「1時間あたりの単価」が掛け合わされることによって調査にかかる全体費用が決定されます。

(2)パック料金型

パック料金型は、調査料金を調査時間に関係なく固定して、料金設定してくれているシステムのことを言います。

1時間当たりの調査費用は、時間料金型よりも安く設定されていることがほとんどです。

(3)成功報酬型

成功報酬型は、調査が成功した場合にのみ費用を支払う制度です。

まず調査が開始される前に着手金を支払う必要がありますが、調査が失敗した場合には料金を払う必要がない、というのが大きな特徴です。

とはいえこの成功報酬型プランでは、依頼者と興信所側の考える調査における「成功」の基準が異なってしまうケースが多く、トラブルが最も多いシステムであるとも言えるので注意が必要です。


5、浮気調査の費用体系の選び方

このように浮気調査の費用体系には大きく分けて3つのプランがあることがわかりました。

ではこれらのプランは、どのような時に適しているのでしょうか。

(1)事前情報が豊富な場合は「時間料金型」

旦那が浮気をする日時や場所がすでにわかっている時や証拠がすでにいくつか出てきていて、比較的簡単に調査が済みそうだというときには、調査時間を削減することができるのでこの料金体系がおすすめです。

(2)事前情報が少ない場合は「パック料金型」

パック料金型ではどれだけ調査をしてもかかる費用は一律なので、「旦那の浮気の証拠をつかむのに時間がかかってしまうかもしれない」という時や「どこから証拠が見つかるのかも全く見当がつかない」なんてときにおすすめです。

どれだけの時間調査してもらっても料金が一律なのでお得であると考えられますが、すぐに証拠が見つかった場合など調査期間が短くなった場合には、依頼者側が少し損をしてしまう可能性もあります。

(3)調査が難しく見通しが立たない場合は「成功報酬型」

浮気の証拠というのは集めるのが簡単なものではありません。

ですがこの料金体系だと調査が失敗してしまった場合にはお金がかかることはないので、調査が難しく見通しが立たない場合は成功報酬型にしておくと良いでしょう。


6、注意!別途必要になる可能性がある費用

ここで注意しなければならないのが、この費用の他に別途費用が必要になることがある、ということです。

ここではどのような時に別途費用が必要になるのか見ていきます。

(1)追加料金がかかる場合

まず探偵事務所の中には、最初の見積もりで安く提示し、「お得だ」と思わせた上で契約を結ばせ、その後に追加料金を重ねて儲けようとする会社がある、ということも忘れてはなりません。

追加料金は調査員を増加するためであったり、調査日数を増やすためであったり、中には必要経費を後通知してこの追加料金に入れてしまう、ということもあります。

悪徳業者に引っかかってしまうと、無駄な出費を増やすことになってしまうので追加料金に関してはしっかり事前に探偵事務所と話し合っておく必要があります。

(2)キャンセル料金が必要な場合

契約した後にお金を用意することが難しくなってしまったり、浮気の事実を知ることに不安を感じてできなくなってしまったり、旦那が浮気していることを自ら告白してきたりと探偵事務所に依頼する必要がなくなってしまうこともあります。

そのような際に、調査をする前にキャンセルするのであれば、調査料金の総額のうち10%~30%くらいがかかることを想定しておきましょう。

とはいえこのキャンセル料は探偵会社によって差があるため、契約前に探偵事務所に確認しておくことを忘れてはなりません。

また調査を開始した後にキャンセルしたい場合には、調査を実施した分の日割り計算分とその諸経費の料金が発生する会社がほとんどのようです。

とはいえこの場合も諸経費が全額かかってしまう場合や、そのうちの何%か日割り計算されてかかる場合など探偵事務所によって費用は様々なので、契約書に明確な記載があるかどうかを確認する必要があります。

(3)違約金がある場合

契約者の都合において調査を途中でやめた際の違約金についてご説明します。

探偵事務所の中には、残念ながら悪徳業社が存在しているのも事実です。

そのような会社の場合、そもそも途中解約のシステム自体がない場合がほとんどです。

すぐにキャンセルをして、全く調査をしてもらっていないにも関わらず契約金額全額に加えて違約金などのお金を取られる、いわゆるぼったくりのような自体にもなりかねないため、優良な探偵事務所かどうかを事前にしっかり見極めておくようにしてください。

また通常の探偵社の場合には、契約金額の10%~30%を違約金として支払うのが一般的になっています。

とはいえこれも厳密な金額は各探偵事務所でバラバラなので、途中キャンセルの可能性がある場合には、必ず契約前に必ず確認しておいてください。

なお依頼した探偵事務所が優良事務所であった場合には、契約金額の10%の金額ほどの違約金で済むこともあるようです。

調査をしていない分に関しては一切請求されなかったり、調査を開始した後でも違約金が10%程度だったりと優良事務所であると違約金に関してもあまりかからないことが多いようです。


7、浮気調査の費用を抑える方法

このように浮気調査には費用がかなりかかってしまうことがわかりました。

そこで続いては、浮気調査の費用をできるだけ抑える方法をご紹介します。

(1)複数の探偵事務所に見積もりを依頼する

まず欠かせないのは、複数の探偵事務所に最初に見積もりを出して値段を比較することです。

数社に見積もりを出して、 一番安いところを探してみるのがおすすめです。

(2)浮気調査の目的を明らかにする

浮気調査の目的を明らかにするということも、費用を抑える方法の1つです。

「どうなったらこの調査を終えるのか」という調査のゴールを自分だけでなく探偵事務所側と一緒に共有することで、調査を早く終えることが可能になります。

はっきりとした目的がなかったり、共有できていなかったりすると、「どこで調査を終えたらいいのか」ということを調査員自体が理解できていないため、無駄に調査が長引いてしまい、費用もかさんでしまう可能性があります。

(3)浮気調査対象の移動手段を知る

浮気調査対象の移動手段を把握していなければ、予想以上に費用がかかってしまうことも考えられます。

浮気調査対象が新幹線で移動するのか、飛行機で移動するのか、それともバスや電車で移動するのか…それらを事前に把握できていると、対処者を見失うことがなく調査が無駄にならず調査の費用を無駄にすることがなく済みます。

(4)浮気調査の調査場所を把握する

浮気調査というのは、基本的に尾行による調査が多いものです。

そのため調査をする場所についてもしっかりと事前に把握して、探偵に伝えておくことで効率的に調査ができるようになるのです。

調査の場所がわかっていれば無駄に調査日数や調査時間が長引くことを防ぐことができます。

(5)浮気調査をする調査日を絞り込む

調査日の絞り込むことも費用を抑えるためには欠かせません。

ターゲットがいつ浮気をするのかわからなければ、調査期間にも幅をとらせなければならなくなり、1週間まとめて浮気調査を依頼しなければならない、なんてことにもなりかねません。

しかし浮気する日にちや曜日が大体でも把握できていれば、ピンポイントで調査をすることができるようになり、費用を抑えることができます。

クリスマスや誕生日前後の予定を確認して、浮気相手と会うことはなさそうか予想してみてくださいね。

(6)探偵事務所に任せるのではなく、自身も協力する

自分自身も調査に参加することで、費用を抑えることも可能になります。

尾行したりするのは難しいですが、自分なりに旦那の持ち物やスケジュールを確認して、証拠の手がかりになりそうなものを探してみたりすると、調査を早く進めることができ、それだけ費用を抑えることもできるでしょう。

ただし、やりすぎは禁物です。

相手に警戒心を与えてしまい、結果として調査時間が延びてしまう場合もあります。


8、信頼できる探偵事務所の探し方

続いて信頼できる探偵事務所の探し方についてご紹介します。

信頼できる探偵事務所に出会うことができれば、それだけ調査も早く済ませることができたり、有益な証拠を得ることができるようになるので、ここは妥協せずにしっかり見極めることが必要です。

(1)公安委員会届出が出しているかどうか

「公安委員会届出が出しているかどうか」ということで「正しい方法で探偵業を行っているか」ということを見極めることができます。

「公安委員会届出が出しているかどうか」ということは、探偵事務所が探偵業届出証明書を受け取っているかどうかで判断することができます。

探偵業届出証明書は、探偵業者が「探偵業を営んでいる」ということを公安委員会に届け出た際にもらえる証明書のことです。

この届け出がなければ、法律を守って調査を行っていないとも考えられるため、注意が必要です。

もしこの届け出を出していない探偵事務所に依頼してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、必ず届け出が出されているかは確認しておきましょう。

(2)依頼する調査内容が得意かどうか

探偵事務所によって、やはり調査の得意・不得意はあるものです。

探偵事務所と一口に行っても業務は幅広く、「人探し」から「ペット探し」などまで様々な業務を手がけているところがほとんどであるため、数ある探偵事務所の中から浮気調査が得意である事務所を探すことが大切です。

過去の実績などをしっかり探偵事務所に確認し、浮気調査の実績が多いところに依頼するのが良いでしょう。

(3)見積もりの説明がしっかりしているかどうか

見積もりの説明がしっかりしているか、というのも大切な判断要素です。

悪徳業社の中には見積もりを大雑把に伝えたり、あえて追加料金などお金のかかるところに関しての説明を簡略化したりして荒稼ぎしようとするところもある、ということも忘れてはなりません。

見積もりの際にできるだけ詳細に費用説明をしてくれる探偵事務所を選ぶのが賢明です。

(4)調査料金が不当ではないか

調査料金が不当ではないか、ということも事前にチェックしておきたいものです。

基本的に浮気調査にかかる費用は

「浮気調査をした調査員の数」×「浮気調査にかかった時間」×「調査員の時給」

で概算できるとご説明しました。

相手から提示された金額をただ鵜呑みにするのではなく、自分でも計算をしてみて、調査料金が不当ではないか、しっかり確認しておくことで悪徳事務所に引っかかってしまい、無駄な費用を支払わなければならなくなる事態を防ぐことができます。


9、予算が少なくても無料相談を受けてみる

「浮気調査にはかなり費用がかかってしまうのでは」「私の出せる費用では、浮気調査などままならないのでは」など少し費用面で不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、旦那が浮気する日時や場所を確実に把握することができている場合などであれば、調査日時をピンポイントで指定することができるため、かなり費用を抑えて調査してもらうこともできるのです。

また調査場所なども把握できている場合には、調査員の数や調査に必要な移動手段なども無駄にすることなく効率的に抑えることができるので、かなりコストを抑えることが可能になります。

予算が少なくても、少ないなりにできる方法はあるので、まずは無料相談を受けて、探偵事務所と一緒に「この費用で調査をするにはどうしたらいいか」ということを話し合ってみるのがおすすめです。


まとめ

今回は、探偵に依頼する浮気調査の費用や調査費用を抑える方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

浮気調査には莫大な費用がかかってしまうものだと思われがちですが、自分なりに証拠を集めて旦那の浮気しそうな場所や日時を把握することができれば、かなりコストを抑えて調査をしてもらうことも可能になるのです。

また正しい優良探偵事務所を選ぶことでも、費用を抑えた上で有力な証拠を得ることができるようになるものです。

旦那の浮気に関してできるだけコストを抑えた上で調査をしてほしい、と思った場合には事前準備をしっかり行うことが大切なのです。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。