彼の浮気防止に有効な手段とは!?浮気を防ぐテクニック

浮気防止

大好きな彼が浮気……なんて考えたくないですよね。ですが、「魅力的な人だから、もしかしたら」と不安になるのも事実。そんな時に、浮気を防止する方法があれば便利ですよね。

この記事では、彼の浮気防止に有効なグッズや万一浮気された時に彼の心を取り戻す方法についてお話します。

1、浮気をされそうだと思ったら

「なんだか彼がよそよそしい」「上の空で話を聞いている」と思ったら、浮気のサインかもしれません。そうなる前に、先手を打って浮気を防止したいですね。

浮気をしそうなサインは、どんなものか見てみましょう。

(1)こんな様子が見えたら危険!

①スマホにロックがかかるようになった

それまでは気軽に見せ合っていたスマホにロックがかかるようになったら、彼が秘密を抱えているサインかもしれません。

「ロックかけて、どうしたの?」と何気なく聞いてみて、リアクションを試してもいいでしょう。

②会う回数が減った

頻繁にデートしていたのに減ったり、電話やLINEの返事も遅れがちになったら、要注意。あなた以外の人のことを考えているからかもしれません。

③会話が続かなくなった

彼の返事がそっけなくなったり、「ごめん、なんだった?」と聞き返されることが多くなったら、理由を探ってみましょう。

疲れているだけならいいのですが、他のことに心奪われている可能性もあります。

(2)浮気しそうなのはどんな時?

マイナビニュースによると、独身男女300名に対し「不倫・浮気をしそうになったことはありますか?」というアンケートを行ったところ、「はい」と答えた男性は全体の11%だったそうです。

さらに、「はい」と答えた人に対し「どんな間柄の人とどんなとき浮気・不倫しそうになりましたか?」と聞いた結果がこんな答えがありました。

「お酒を飲み過ぎたとき」(28歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

「その時優しくしてくれた人としそうだった」(29歳男性/医療・福祉/専門職)

「元カノからの猛烈なアプローチがあったとき」(33歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

「後輩に、すごく頼りにしてくれて悩み相談を受けたとき」(23歳男性/機械・精密機器/営業職)

引用:http://news.mynavi.jp/news/2015/05/11/548/

さまざまなシーンで浮気の誘惑があることがわかります。これを防止するためにはどうすればいいのかを見て行きましょう。

2、浮気を防ぐにはどうすればいい?

あちこちにある浮気の誘惑。より確実に浮気の防止をしたい場合、どうすればいいのでしょう。

(1)自分の行動で浮気を防止する

あなた自身の行動で、彼を繋ぎ止めることもできます。具体的な方法を見ていきましょう。

①「彼女」だと周囲に紹介してもらう

一番の予防策は、彼に「彼女」として周囲に紹介してもらうことです。「彼女がいる」と周囲が知っているだけで彼に好意を寄せる人がいたとしても牽制することができます。

②彼と会う時、居心地がよくなるよう心がける

居心地の良い空間というのはいつまででも居たくなりますよね。恋人同士の関係にも同じことが言えます。

注意したいのは、人によって「居心地が良い」と判断するポイントが違う点です。

静かな空間を好む人に絶え間なく話かければ「うるさい」と思われがちですし、賑やかな空間を好む人の前で黙っていたままでは、「一緒にいてつまらないのかな?」と思われてしまいます。

彼の好みを的確に把握し、彼にとっての居心地の良さを演出しましょう。

③結婚に関してプレッシャーをかけない

適齢期の女性に多いのが、彼と結婚したいと思うあまり、無意識にプレッシャーをかけてしまうこと。それでは、彼はあなたの傍で寛げません。

結婚したいという気持ちは胸に置いたまま、彼にプレッシャーをかけないようにしましょう。

④「会いたい」「好き」といった気持ちを素直に伝える

素直な好意は、彼に好印象を与えます。時には気持ちを言葉にして伝えるようにしましょう。

⑤自分磨きを怠らない

彼に全てを依存すると、彼の負担になってしまいます。新しいことに興味を持ったり、今あるスキルを伸ばすなど、自分の世界を広げることも忘れないようにしましょう。

⑥「もしも浮気したら」の約束をする

「もし浮気したら罰金ね」など、もし浮気したらどうなるのか、という点を具体的に約束しておきましょう。約束した時点で彼に対する抑止力になります。

(2)浮気防止グッズを使う

浮気を防止するグッズを使うのも有効です。「浮気防止グッズ」で検索するとさまざまな商品が出てきます。ここでは、ユニークなものからアプリまで、幅広くご紹介いたします。

①ペアリング

恋人の証としてペアリングをすると、「この人には恋人がいる」というわかりやすいマークになるので、浮気の防止にもなります。

逆に常につけていたはずのペアリングを外すようになれば、浮気のサインかもしれません。ペアリングは単なるお揃いグッズではなく、浮気の防止や発見の効果もあるのです。

②パズルリング

2012年にテレビ朝日・ストライクTV「浮気は絶対許さない!浮気撲滅SP」で紹介されて一躍話題になったこのリング。

元はといえば、トルコで従軍する人が「長い間恋人に会えないから」と嵌めていたもので、一度外せばバラバラになり、元に戻すことが難しいため浮気防止リングとして注目されました。

②柔軟剤で彼女の存在をアピール

同棲中などで彼の家の家事をしている場合、洗濯の時に柔軟剤を使うことで彼女の存在をアピールできます。ただし、彼が柔軟剤の匂いを嫌う場合はこの手段は諦めましょう。

③下着で浮気防止!

パンツにも浮気防止の効果があるものがあります。

シンプルに「浮気防止!」と書いてある下着や純白のブリーフなど「人目についたら恥ずかしいデザイン」をあえてチョイスすることで、浮気を防止するのです。

④嘘発見器

おもちゃ屋さんに売っている嘘発見器。「遊んでみようよ」と声をかけて浮気の有無を尋ねても面白いかもしれません。

3、浮気防止アプリを使う

スマホの発達に伴い、浮気防止のアプリまで登場しました。さまざまなアプリの中でも、今回は「カップル覚書」と「LINE HERE」についてご紹介します。

(1)カップル覚書

韓国で生まれたこのアプリは、カップルがそれぞれのスマホにインストールすることで、情報が共有できるのが特徴です。

  • 現在位置
  • 移動ルート

 現在地から移動する時に、移動ルートまでわかるので、どこに立ち寄ったかも一目瞭然です。

  • SMSのリスト(指定された単語を含む)

 例えば「愛している」という単語を指定した場合、「愛している」という単語を含んだSMSが送信された時と受信された時にリストに追加されます。

  • 3分以上話した通話リスト

つまり、「最近よくAさんと話しているな」とわかったり、浮気でどこかに行こうとしても場所が筒抜けになるというアプリです。

また、チャット機能もあるため、二人だけの会話を楽しむこともできます。このアプリの最大のメリットは「合意の上でインストールできる」こと。

これまでの浮気防止のアプリは、「無断で相手のスマホにインストールする」ものが多く、トラブルの元にもなりかねませんでした。

「カップル覚書」の場合、本来は「カップルがより親密になるためのアプリ」なので、浮気を疑っていることを前面に出さないままインストールしてもらうこともできます。

(2)LINE HERE

「LINE HERE」は、現在相手がどこにいるのかを知ることができるアプリです。LINEやFaceBookメッセンジャーを使って招待することで、位置情報を共有できます。

本来は雑踏の中の待ち合わせで相手の姿が見えない時に使うアプリですが、現在位置がわかるため、浮気防止としても使えます。

3、これはNG!言ってはいけない言葉

「彼の浮気を防ぎたい!」と思っても、逆効果になってしまったら元も子もありませんよね。ここでは、言ってはいけないNGワードについてお話します。

(1)「浮気したら私も浮気する」

一見釘を刺している言葉に見えますが、彼の性格によっては「じゃ、彼女が浮気しても気にしなきゃいいんだ!」ともとられる可能性も。

そうなるよりは、浮気されたら悲しいという気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

(2)「浮気してない?」

彼が浮気をしていなかった場合、この聞き方をすると「俺のことを信じられないのか」と不快になってしまうケースが多々あります。

また、仮に浮気をしていたとしても、証拠がなければシラを切られてしまうでしょう。ストレートに聞く場合は、彼が浮気をしているという確かな証拠を得てからにしましょう。

(3)「バレないようにして」

テレビなどで浮気を扱っている番組を見た時、お互いの浮気に対する考え方を話すこともあるでしょう。

そんな時に、「バレないようにしてほしい」と言うと、「バレなきゃいいのか!」と誤解される恐れがあります。

傷つきたくないからバレないようにしてほしいのに、本当に大事な部分が彼に伝わらないまま誤解されてはたまりませんよね。「浮気は嫌」とはっきり告げるようにしましょう。

4、もしも浮気をされたら、どうやって彼を取り戻す?

浮気防止の対策をしても、彼に浮気されてしまった……ということもありますよね。彼に対する自分の気持ちをどうするか、別れるか別れないかの決断のポイントについてお話します。

(1)浮気している証拠を集めよう

最初にすべきは、浮気をしている証拠を集めることです。証拠がなければ彼に「勘違いだよ」となだめられて終わってしまうかもしれません。そうならないよう、確実な証拠を集めましょう。

①彼と浮気相手が会っている写真・動画

彼と浮気相手の写真や動画は、何よりの証拠になります。ラブホテルに入っていくところやキスシーンなど、「友人関係ではない」と立証できる証拠を集めましょう。

②ラブラブメールやSNSでのやりとり

浮気相手とのラブラブメールやLINEなどのやりとりを押さえておきましょう。写真に写したり、自分に転送したりなどです。

ただし、Facebookなどログイン時にパスワードを求めてくるものに勝手にログインすると、法に抵触する可能性があるので勝手にログインしないよう気を付けましょう。

③どうすればいいのかわからなくなったら

自分では証拠を集められない時やどうすればいいのかわからなくなったら、探偵事務所に相談するのもいいでしょう。

例えば「まだ恋人だけど婚約していた」という場合には、慰謝料なども発生します。探偵事務所はさまざまなケースを見ているので、実際の体験に基づいたアドバイスも受けられます。

カウンセリングを行っていたり、初回相談は無料のところもあるので、自分の方針がわからない時には尋ねてみるのもいいかもしれません。

(2)彼に告げる?告げない?

「浮気をしていたわね!」と彼を詰問することは簡単ですが、彼の性格によっては逆上したり、浮気相手の元へ走りかねません。そうならないよう、一度冷静になってみましょう。

①彼の性格をよく考える

浮気をしている人は、「単にスリルが欲しい」という人もいれば、「みんな平等に好き」という人、「なんだか言い寄られたから相手をしたけど、浮気じゃない」という人もいます。

あなたの彼は、どんな性格でしょうか?放っておけば戻ってくるのか、あなたが引き戻さないと行ってしまう人なのか。彼の性格をよく考えましょう。

②自分はどうしたいのか決める

彼の性格を考えた上で、自分はどうしたいのか決めましょう。彼と別れたいのか、自分だけの彼になって欲しいのか。

前者であれば別れ話が必要です。後者であれば、下記の項目を参考に少し作戦を練りましょう。

(3)実際に浮気をした人がやめたパターン

「浮気をしていたけど、やめた」という人は、どんなきっかけでやめたのでしょうか。実際の声を見てみましょう。

「年齢的に結婚を考える年になって、これではいかんと思いまったく浮気をしてない。」

「どうしようもない自分についてきてくれたのは彼女だけ」

「浮気や裏切りはとことん発見してお灸をすえていたら、しなくなってきた」

引用:https://woman.mynavi.jp/article/150914-126/

浮気をやめるきっかけは人それぞれのようです。それぞれタイプ別に解説しましょう。

①現実に気付いたタイプ

結婚を考える際に、「浮気性の男性と結婚したい」と思う人はほとんどいません。堅実に自分や家族を見てくれる男性を選びますよね。

この男性の場合も、「結婚市場になったら、自分は選ばれない」と唐突に気付いたのではないでしょうか。恋人と結婚相手は別物。

そんな現実に気付いて、慌てて襟を正したケースと言えます。

②彼女のありがたさに気付いたタイプ

浮気を何度も繰り返し、何度も浮気相手と別れてきたけど、気付けば傍にいるのは彼女だけ……というパターンですね。

この場合、彼女の忍耐強さも大切です。浮気を繰り返す男性は、結婚後も繰り返す可能性が高いのですが、こうして彼女を大切にするようになることもあるようです。

③お灸をすえられないとわからないタイプ

浮気をする人は、「何が悪いのか全くわかっていない」という傾向が多く見られます。その度にお灸をすえられることで、ようやく理解したケースです。

(4)取るべき行動を決める

①言わずに待つ

「黙っていれば戻ってくる」と思った場合には、何も気付かないふりをするのもひとつの手段です。彼の行動はチェックしつつ、浮気相手に飽きるのを待ちましょう。

ただこの場合都合の良い相手と思われる事が多いですから、要注意です。

②彼と話し合う

彼と結論を出したい場合には、彼に浮気を知っていることを告げましょう。その上でお互いにどうしたいのか、この先どうなりたいのかを話し合いましょう。

③浮気相手と話し合う

浮気相手と話し合いを望む場合には、浮気相手と話す場を彼にセッティングしてもらう必要があります。

この時最初に確認しなければならないのは、「浮気相手だと自覚があったのかどうか」です。あなたとの交際を知らないケースもあります。まずはそれを確認し、冷静に話し合いをしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は浮気を防止するためにする行動やアプリのご紹介、浮気されてしまった場合の対処法についてお話しました。

この記事が、彼の浮気防止に役立てば幸いです。