浮気をLINEで見破る5つの方法とその後の選択肢

「最近なんだか夫がスマホをよくいじるようになった気がする…

ゲームでもしているのかと思っていましたが、LINEで誰かと頻繁に連絡をとっているようだとわかりました。

なんだか最近は出かける頻度も増えたし、怪しい…」

そこで、今回は、LINEで浮気を見破る方法と、浮気が明るみになった後の選択肢についてご紹介します。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、LINEが浮気するのに最適な理由

実はLINEで浮気をする人は少なくありません。

ではなぜLINEで浮気をする人は多いのでしょうか。

そこで最初に、LINEが浮気するのに最適な理由についてご紹介します。

(1)手軽に連絡先が交換できる

LINEでは、設定が標準設定になっている限り「自分の電話番号を知っている他のユーザー」が友達リストに自動的に表示、追加されるようになっています。

そのため昔仲が良かった異性の同級性や過去に好きだった人、当時付き合っていた恋人などの異性と連絡が取りやすくなり、懐かしく思って気軽な気持ちでメッセージを送ってしまう人が少なくないのです。

メールアドレスを互いに教え合ってやりとりするメールとは異なって、相手の電話番号だけ知っていれば、たとえアドレスを変更したとしてもメッセージのやりとりが行うことができてしまうのです。

この便利な仕組みによって、なんとなく軽い気持ちで電話番号を教えた相手や昔いい関係を築いていた異性からLINEによってアプローチされてしまう、なんてことも起こりかねないため、浮気をしやすくなっているのです。

(2)通知設定をOFFにできる

「通知をOFFにすることができる機能」があるのも、LINEで浮気をしやすくなっている理由の1つです。

この機能を使って通知をOFFにすると、もし浮気相手からLINEがきても通知音やバイブが鳴ることはありません。

また画面に通知が出てくることもありません。

そのためパートナーに浮気がバレたり怪しまれたりすることなく、異性と連絡を取り合うことができるのです。

(3)表示名を変更できる

「トークルーム」から相手の名前の編集をするだけで相手の表示名を変えることができるのも、LINEを使った浮気が増えている要因の1つです。

あえて登録名を同性の名前にしたり、会社の同僚の名前に変えておいたりすることでカモフラージュし、万が一パートナーにLINEを見られても怪しまれにくくなるのです。

(4)チャットの内容を削除できる

「トークルーム」や会話履歴をボタンひとつで削除できるため、浮気の証拠を抹消しやすいことも、LINEで浮気が行われやすい理由の1つです。

一度会話履歴を消してしまえば、それまでの会話履歴を見られる心配はなくなります。

(5)ブロック機能がある

表示名を変えた上で、相手からの通知をOFFにして、会話履歴を頻繁に消していたとしても、パートナーから疑われているときやパートナーの前でラインを開いている時に浮気相手からLINEがきてしまえばこれはさすがにごまかすことは難しいですよね。

そんな場合には、浮気相手を「ブロック」してしまえば、ブロックしている間には相手からのメッセージが届くことはありません。

そして、疑いが晴れたり、少し落ち着いたタイミングまたブロック機能を解除してまた浮気相手とメッセージのやり取りを再開させる…なんてこともできるため、LINEは浮気をするのに便利なのです。

(6)トーク履歴の非表示設定

LINEには見られたくないトークを「非表示」にする機能が備わっています。

一度非表示にしたとしても、再度非表示から表示に設定を戻すとトーク履歴を復活させることができるため、浮気のやりとりを隠したい際には便利な機能なのです。


2、LINEで浮気を見破る5つの方法

LINEは浮気をするのに便利なツールであることがよくわかりました。

そこで続いてLINEで浮気を見破る5つの方法をご紹介します。

(1)ポップアップ画面を確認

まずパートナーの浮気を疑ったら、スマホのポップアップ画面に出るLINEのメッセージを確認してみてください。

このポップアップでは受けたメッセージの全文を読むことはできませんが、会話の相手や会話の内容をある程度理解することはできます。

さらにLINEにこのポップアップ機能があるために、浮気している人のほとんどが携帯を置くとき画面を下にして、ポップアップが他人に見えないように置いています。

そのためこの行為があるだけで浮気をしている可能性がある、と判断することもできます。

とはいえ本人が意図的にポップアップ表示の設定をオフにしている場合には、ポップアップは表示がされなくなるためこの方法は利用できません。

(2)LINEにパスコード設定があるか確認

スマホの中身を見られることを防ぐためのロック機能は多くの人が利用していますが、実はLINEアプリ自体にもロック機能はついているのです。

浮気を疑ったら、続いてパートナーのLINEアプリを開いて見てください。

アプリを開いた時にパスコードがかかっているかをチェックしましょう。

浮気している本人からすると、LINEのロック機能があるおかげで、万が一パートナーにスマホを見られてもLINEまでは見られない、と安心しきっていますが、反対にLINEにロックをかけている時点で浮気をしている可能性は高い、と判断できるでしょう。

(3)トークの履歴を確認

LINEを開くことができた場合には、トーク履歴を隅々までチェックすることが欠かせません。

ここで気をつけなければならないのは「新規のメッセージ」は絶対に開いてはいけない、ということです。

新規メッセージを開いてしまうとあなたがスマホやLINEを見たことがパートナーにばれてしまい、逆に責め立てられたりする可能性が高くなるからです。

どんな相手とどんな内容のLINEをしているのか、新規メッセージは開かないようにしてチェックしましょう。

この際パートナーに警戒心がない人であれば、浮気相手の登録名をそのままにしている人も多いので、すぐに見つけることができます。

またそうでない場合にも意外に手がかりとなるのは同姓の友人とのトークです。

友人に浮気のことを相談しているようなLINEはないか、チェックしてみてください。

(4)トーク履歴を復元する

LINEを開けたとしても、旦那がすぐ戻ってきそう、などの理由からLINEの内容をゆっくり確認することができず、証拠をつかむことができない、と言う場合にはトークの履歴をバックアップしてあとでゆっくり確認するのがおすすめです。

そのためにはまずトークルームの右上にある▽マークをタップすることで「トーク設定」という項目を表示させ、その中から「トーク履歴を送信」という項目をタップし、トーク内容を自分のアドレスに送信してください。

こうすることで、あとからゆっくりそのメッセージ内容を確認することができるようになります。

ここで注意したいのは、メールの送信履歴をしっかり消す、と言うことです。

送信したメールは必ず削除しておきましょう。

(5)機内モードで未読メッセージを確認する

「未読メッセージを読むとスマホを開いていることがばれる」とお伝えしましたが、実は未読メッセージをばれずに読む方法もあるのです。

それはズバリ「機内モード」を使う方法です。

スマホの設定画面から「機内モード」を設定し、あえてインターネットに接続できないような状態にしてからメッセージを開けば、未読のままにしておくことができるのです。

この設定をしてからLINEを開けば、たとえトークルームを見ている間に誰かからメッセージがはいっても、既読がついてしまうことがないので安心ですよ。


3、LINE以外の証拠が欲しい場合は探偵事務所に依頼

LINEを開いているうちに、パートナーが浮気をしている可能性が限りなく高くなり、もっと証拠が欲しくなってしまうこともあると思います。

そんな時には自分で調査するだけでなく、探偵事務所に依頼し、証拠を集めてもらうこともいい方法だと言えそうです。

(1)探偵の浮気調査の内容

最初に、探偵が浮気調査をする際にはどのような調査をしてくれるのか、ということについてご説明します。

探偵が浮気調査をする際に用いる手法は大きく分けて3つです。

①尾行調査

1つ目は、探偵がターゲットの後をつけて「いつどこで誰と何をしているのか」ということを探る尾行調査です。

浮気調査の大半がこの尾行調査によるもので、対象者に感づかれないよう、そして見失わらないように複数名の調査員が徒歩や車、バイク、そして時と場合によっては自転車などを用いて尾行し証拠を探し出してくれます。

人気や交通量の多い道路での尾行調査では、ターゲットを見失う可能性があるため難易度が高く、反対に極端に人気が少ないところでも尾行していることがバレやすくなってしまうため、難易度が高くなります。

このような際にはその場に調査員がいても不自然にならないよう、変装をしたりして調査を行うこともあるようです。

②張り込み調査

ターゲットを尾行している最中には、調査対象者が職場やラブホテルなど一定の場所からなかなか動かないようなことも少なくありません。

その際はその場に近い場所で張り込み調査を行うこともあり、この際外の天候がどれだけ荒れていても屋外でひたすら待機し続けなければならないため、決して簡単なことではないのです。

このような調査を自分でしようと思っても、ここまでのことができる人はなかなかいませんよね。

張り込み調査の可能性がある場合には、やはり自力で調査をするのではなく探偵に依頼するのが良いでしょう。

③聞き込み調査

場合によっては尾行や張り込みなどの調査だけでなく、対象者の周囲の人間に対して聞き込み調査を行うこともあります。

自分でターゲット周辺の人に聞き込み調査を行うと、すぐにバレてしまうためそう簡単にはできませんが、「探偵」という赤の他人が行うことで聞き込み調査であると感づかれないよう自然に周囲の人物に接触することができ、必要な証拠を集められるのです。

(2)探偵事務所に依頼する具体的なメリット・デメリット

探偵事務所が行ってくれる調査には大きく分けて3つの方法があることがわかりました。

では探偵事務所に依頼するメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

①具体的なメリット

探偵事務所は専門的な技術や経験を持っている、と言うことは探偵事務所に依頼するメリットであると考えられます。

調査には長時間に渡って集中力や忍耐力、そして観察力や注意力を持ち続けてなければならないようなシーンが多々あります。

素人であればそのような緊張感が続く調査を長時間続けることは難しいですよね。

しかし探偵事務所の探偵は皆プロであるため、その緊張感を保ったままターゲットにもばれることなく、尾行などといった調査を行ってくれます。

証拠集めを行う際には、個人では用意できないような高価で高性能な機器を使用してくれる、というのもメリットの1つであると考えられるでしょう。

また離婚や慰謝料の請求に関して、探偵事務所は有効な証拠を探し出してくれる、ということも挙げられます。

個人で調査を進めたとしても、「何が離婚や慰謝料の請求に際して有利に働く証拠となるのか」ということまで判断することは難しいでしょう。

しかし探偵はプロであるため、素早く証拠として有益な情報を判断し、適切な情報を集めてくることができるのです。

②具体的なデメリット

探偵事務所に依頼するメリットは多いですが、やはりデメリットとして「どうしても依頼に関して多額の費用がかかってしまう」ということが挙げられます。

自分でできるだけ証拠を集めたり手頃な探偵事務所を探したり、適切な料金プランを検討したりすることである程度費用を抑えることはできます。

しかしとにかく安い探偵事務所を選びたい、などと思うばかりにトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくないのです。

悪徳事務所に引っかからないようにするには、事前にクチコミをしっかりみたり、無料相談に足を運んでみたりすることも欠かせません。


4、浮気が明確になった場合の夫との選択肢

自分でLINEを用いて証拠を集めたり、探偵事務所に依頼して証拠を集めたりして、浮気が明確になってしまうこともあると思います。

そのような際には、どういった選択肢を2人で取るのが良いのでしょうか。

(1)夫と二人で話し合いをする

最初にすべきことは、「夫と二人で話し合いをする」ということです。

まず、落ち着いたカフェやレストランなど、旦那と2人きりでゆっくり話し合える環境を用意してください。

周囲の目がないために感情的になってしまったり、自分とパートナー以外が会話に介入してくる可能性のある場所は避けるようにするのがベターです。

このような落ち着いた場所を探すことができたら、続いて話し合いの準備を進める必要があります。

この際ただ単に相手の浮気を口頭で責めたとしても、相手はごまかしたり逆ギレをしたりしてくる可能性も0ではありません。

そのためこれまでに集めた証拠をしっかり印刷するなどして、形にしたものを用意して望むのがよいでしょう。

またこの際には夫が話し合いの際に発言したことを後ほどごまかしたりはぐらかしたりしないように、ボイスレコーダーを使って録音しておくことも忘れてはなりません。

(2)夫と離婚カウンセリングを受けに行く

浮気をされたあなた自身も、これまでは証拠を集めることに必死になっていたため自分が受けた傷について理解できていないことも考えらえます。

しかし自分で気がついていないだけで、浮気をされた事実にショックを受け、心を病んでしまっている可能性も0ではありません。

そのため話し合いを終えた後には、夫と一緒にカウンセリングを受けてみることもおすすめします。

カウンセリングを受けることであなたの心の傷に旦那が気づいて大きく反省したり、あなたの心の傷が癒えることもあるでしょう。

また話し合いでは全く埒があかず、「離婚するかどうか決められない」などという場合には「離婚カウンセラー」などに相談して、離婚をするかどうか一緒に考えてもらうのも良いかもしれません。

(3)夫と誓約書を結ぶ

話し合いやカウンセリングが終わった後には、「今後二度と浮気をしない」など互いの約束事をまとめた誓約書を結ぶことも忘れてはなりません。

話し合いが終わった直後、気が変わる前にすぐサインできるよう、話し合いの前にあらかじめフォーマットを用意しておくことがおすすめです。

旦那にこのような誓約書にサインさせることで「二度とこの約束を破ることはできない」とプレッシャーを与えることができ、言い逃れやはぐらかしなどを防ぐことができるようになります。

この誓約書には「次浮気をしたらどうするか」ということを「もしした場合には慰謝料を〇〇円支払う」などできるだけ細かく記載し、現実的なものにしておきましょう。

(4)離婚はせずに慰謝料請求だけをする

浮気をされたけれど離婚はせず、浮気相手に対して慰謝料の請求を行う、という選択肢を取ることもあるでしょう。

このように浮気相手に対して慰謝料を請求する際には、当事者同士で慰謝料の金額の交渉を直接する方法、家庭裁判所で調停委員を介して調停を行う方法、そして裁判所で訴訟を起こす方法のどれかを取ることになります。

一般的に浮気相手に慰謝料を請求できるのは不貞行為、つまりセックスなど体の関係があった場合、浮気相手が夫のことを既婚者であると知っていた場合、そして夫婦生活の中で「家庭が破綻していない状況の中」で浮気が行われた場合です。

これらの状況に当てはまる場合には、浮気相手に慰謝料を請求しつつ離婚はしない、という選択肢を取ることができます。

(5)離婚をして慰謝料請求をする

旦那の浮気を許すことができない場合、離婚を決めて慰謝料請求を行う、つまり協議離婚をするという選択肢もあります。

このように離婚を行う上で慰謝料請求も行う、と言う場合には、離婚協議通知書と離婚協議書、離婚届、自分の印鑑と浮気をした旦那の印鑑を用意する必要があります。

離婚協議通知書というのは相手の浮気の内容や「離婚したい、親権をもらいたい、慰謝料や養育費をいくら支払ってほしい」などといったこちら側の旦那に対する要求をまとめて、夫にそれを伝えるための書類のことです。

離婚協議書というのは、慰謝料や養育費などに関する、離婚の条件がまとまった際に、自分と旦那が署名・押印する書類のことです。

夫に離婚協議通知書を見せて離婚したい旨を伝え、離婚協議書にサインをしてもらえればそれで離婚は完了です。

また離婚協議書に署名・押印してもらった後には公正証書として発行し、契約内容を確実に履行してもらえるようにしておくことも忘れてはなりません。

これを忘れてしまうと、旦那から養育費などを受け取ることができなくなってしまう可能性もあるのです。


まとめ

今回は、LINEで浮気を見破る方法と、浮気が明るみになった後の選択肢についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

浮気を自分である程度見破っておくと、その後調査を探偵事務所などに依頼する際にも調査期間が抑えられたりするため、それに合わせて費用を抑えることもできるようになります。

浮気が発覚した直後はとても悲しいですが、しっかり2人で話し合い、少しでも自分にとって良い未来が切り開けるように工夫してみてくださいね。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。