浮気はどこから?男女別浮気の範囲と6つのチェックシート

浮気どこから

※本記事は宗万恵行が監修しています。

最近なんだか、夫の職場の女性が夫と親しくしすぎている気がします。

高価なプレゼントをもらっていたり、毎日電話もかかってきているようです。

そして当の夫本人も嫌そうな様子ではありません…

これってもしかして「浮気」じゃないの?と感じてしまうことは当然のことだと思います。

そこで、今回は浮気の範囲や浮気のチェックシートをご紹介します。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、浮気はどこから?浮気の定義

旦那が浮気をしているかも、と思っても、どこからが浮気なのかが明確になっていなければ、あまり旦那を強く責め立てることはできませんよね。

そこで、最初に、どこからが浮気なのか、という浮気の定義についてご紹介します。

まず浮気というのは、異性との「交際」において特定の恋人がいるにもかかわらず、パートナーに伝えることなく他の異性と交際関係を持つことを一般的に言います。

厳密には、性行為を伴わない男女間の密会だけでは、浮気とすることができないとされています。


2、浮気はどこから?男女別の浮気の範囲について

続いてどこから浮気なのか、と言う男女別の浮気の範囲についてご紹介します。

これらは一般的な男女の意見を取り入れたものなので、法的に定められている、などというものではありません。

(1)女性の場合

まず女性の場合は、男性に比べて「浮気をしている」と思うラインが少し低くなっています。

女性の方が男性に対して「浮気をしている」と思ってしまいやすいのですね

①二人で会う・出かける

「二人で会う、出かける」という行為を浮気だと考える女性は少なくありません。

確かに互いに行為がなければ、2人で会うようなことにはなりにくいですよね。

また2人で一度会ってしまうと、そのまま手をつないだりキスをしたり性的関係になってしまう可能性があるのではないか、と不安になる女性も多いようです。

②スキンシップをしている

スキンシップをしている、と言うのも浮気として考える女性が多いようです。

「相手に触れたり触れられたりすると、そのまま気持ちが入ってしまう女性も少なくない」と女性は経験があるからこそそのように不安になってしまうようです。

やはり肉体関係につながりやすい「スキンシップをとる」と言う行為を浮気として認識している女性は多いのですね。

③肉体関係を持つ

肉体関係を持つ、というのは明らかに浮気である、と考える女性がほとんどのようです。

やはり不倫の定義が「肉体関係を持つこと」であることから、肉体関係を持つことは浮気に当てはまる、と考える女性が多いようです。

(2)男性の場合

続いて男性が考える浮気の範囲についてです。浮気の範囲について男性は女性より、ややゆるめのボーダーラインを設けていることが多いようです。

①二人で出かける

男性の意見で特徴的だったのは、「特に二人で夜会うのはダメ」だということです。

中には二人きりで会うのは問題ないけれど、夜に会うのは絶対にダメ、という男性もいるほどです。

男性はやはり「夜に会う=肉体関係がある」と思ってしまいがちなのかもしれません。

②肉体関係を持つ

肉体関係を持つ、ということはやはり女性だけでなく男性も浮気の定義としている人が多いです。

特に「女性は肉体関係を結ぶことによって恋愛感情を抱いてしまうことがある」ということを認識している男性が多く、体の浮気だけでなく心の浮気にまで発展してしまう可能性を恐れているようです。


3、夫が浮気しているか調べる6つのチェックリスト

続いて、夫が浮気しているかどうかを調べる6つのチェックリストをご紹介します。

旦那が浮気をしているかもしれない、と思ったら、まずはこれらの部分をチェックしてみるのがオススメです。

(1)夫の携帯のチェックリスト

① スマホにロックがかかっていないか

浮気をしていると、当然スマホの中には見られたくないメールやラインのやりとりが増えていきますよね。

それらを隠すためにロックをかけていることが多いのです。

② 家の中でも携帯を持ち歩いていないか

自分の目の届かないところにスマホを置いておくと、妻に見られてしまう危険性があります。

そのため浮気をしている旦那は常にスマホを自分の手元に置いておくものなのです。

③ SNSを頻繁に使ってはいないか

メールや電話で浮気をするとバレてしまう可能性が高いため、SNSのメッセージ機能を利用して浮気をしている男性は少なくありません。

なんだか頻繁にSNSを使っているなあ、と感じたら、浮気のサインかもしれません。

④ 携帯を2台持ちしてはいないか

携帯を2台持ちしているのは、仕事用とプライベート用で分けているだけでなく、仕事用とカモフラージュして、浮気相手と連絡を取るために使用しているのかもしれません。

⑤ 「電話がかかってきても出ない」ことが多くないか

「電話がかかってきても出ないのは、今出ると都合が悪い」相手からであるためです。

後でかけ直しているようであれば、こっそり女性と電話してはいないか確認してみてもいいかもしれません。

⑥ スマホを持っている旦那の背後に立つと、露骨に隠しはしないか

何か後ろめたい、バレたくないメッセージを書いたりしているため、このようにスマホを持った自分の背後に妻に立たれると、焦って隠したりしてしまうのかもしれません。

⑦履歴を頻繁に消してはいないか

隠したいことがなければ、わざわざ履歴を頻繁に消したりはしませんよね。

履歴をみたときに全て消去されていて何も残っていなかったりすれば、それは浮気のサインかもしれません。

⑦ 電話をかけると通話中のことが多くないか

旦那に電話をかけたときに、なんだか通話中のことが異常に多い、となると浮気相手に連絡している可能性が高まります。

(2)夫の職場のチェックリスト

①職場に異性は多くないか

職場に異性が多いと、それだけ浮気や不倫をする確率は高くなってしまいます。

女性が多い職場で働いている場合には、注意が必要です。

②飲み会は多くないか

飲み会が異常に多い職場だなという印象を受けた場合には、よく旦那を観察してみてください。

「飲み会」と嘘をついて女性と遊んでいる可能性もあります。

また本当に飲み会が多い職場であったとしても、飲み会の場で異性と浮気紛いのことをしている可能性もあるので気をつけてください。

(3)夫のパソコンのチュックリスト

①旦那専用のパソコンがある

旦那専用のパソコンがある場合、浮気のために自分のパソコンを用意している可能性があるので気をつけてください。

②パソコンにパスワードがかかっている

パソコンにパスワードがかかっている場合、あなたにみられたくない情報が詰まっているのかもしれません。

③閲覧履歴が消去されている

インターネットで浮気の隠し方やラブホテルの情報などを検索している可能性も否めません。

(4)夫の日常生活のチェックリスト

①急に優しくなることがある

男性は後ろめたいことがあるとき、それを消すために無意識のうちに優しくしたりすることがあるのです。

②休日に外出することが増えた

休日に外出が増えた場合、特定の異性と頻繁に会っている可能性があります。

③残業が多くなった

「残業がある」と言っていたとしても、実は異性とデートをしたりホテルに滞在したりしているかもしれません。

④身なりに気をくばるようになった

女性から好かれるために、ニオイケアをするようになったり、ファッションにお金をかけるようになることもあるようです。

(5)夫の交友関係のチェックリスト

①親しい女友達がいる

親しい女友達がいる場合、その女性やその女性の友人などと密な関係になっている可能性もあります。

②過去の交友関係が派手である

過去の交友関係が派手で、その友人たちと未だに連絡をとっている場合には、それらの女性と浮気をしている可能性も低くありません。

③独身の友人が多い

独身の友人が多い場合、独身の仲間の遊び方に合わせて、つい浮気をしてしまうこともあるようです。

(6)夫婦関係のチェックリスト (夜の営みが減った)

夜の営みが減ったのは、もしかすると他のところで性欲を満たしているからかもしれません。


4、浮気していた場合の証拠の掴み方

では、旦那が浮気をしているかもしれない、と言う場合や浮気をしていることが疑われるようなサインがみられたら、どのようにして本格的に証拠を掴んで行くのが良いのでしょうか。

ここでは旦那が浮気をしていた場合の、証拠のつかみ方についてご紹介します。

(1)自分で集める方法

最初にご紹介するのは、自分で浮気の証拠を集める方法です。

あまりお金をかけたくないけれど、まずは浮気をしていると言える、小さな証拠を集めたい、という場合には自分で集めることも可能なのです。

①服のポケットや財布などを確認

最も簡単なのは、服のポケットや財布などを確認することです。

旦那がお風呂に入っている隙などに、さっと旦那の服のポケットや財布に、ホテルのレシートはないか、女性向けブランド品を購入したレシートはないか、などを調べてみましょう。

高価なレストランでの飲食費が書かれたレシートなどがあった場合も疑わしいです。

②クレジットカードの明細書を確認・撮影

続いて旦那が普段使用しているクレジットカードの明細書を確認してみましょう。

ラブホテル代やレストランでの支払い、女性にプレゼントするブランド品などは現金ではなくクレジットカードで購入することが少なくありません。

これらの履歴がないか探し、もしあった場合には証拠として利用できるように、しっかり撮影しておきましょう。

③メールや通話履歴を確認

続いて旦那のメールや通話履歴を確認しましょう。

浮気をしている人の多くは、履歴に敏感になっているため、消去していることも少なくありません。

ですが、これらの履歴を消去していること自体すでに怪しいのです。

また頻繁に特定の人からたくさん連絡がかかってきているようであれば、たとえ登録名が男性や業者名などであっても必ずメールや通話時間チェックしてみましょう。

メールの内容や通話の時間の長さから、浮気をしているかもしれない、と言うことをつかむことができます。

④携帯電話・パソコンのネット履歴を確認・撮影

最後に携帯電話やパソコンのネット履歴を確認しましょう。

旦那であっても他人のパソコンや携帯電話の履歴を確認するのはそう簡単なことではないかもしれません。

ですが、履歴を見ることができれば、旦那が浮気をしているかどうかは比較的簡単に知ることができるでしょう。

「浮気 隠し方」や「ラブホテル オススメ」などの浮気をしていることがわかるような検索履歴があれば、浮気をしていることはほぼ確定的でしょう。

(2)探偵事務所に依頼する方法

続いて探偵事務所に依頼する方法をご紹介します。

自分である程度の証拠をつかめたから、次は本格的に証拠を集めてもらいたい、という場合や「自分では全く証拠を集められなかった」と言う場合、どちらにも頼りになるのがやはり探偵事務所なのです。

①探偵を探す

まずは頼りになる探偵を探しましょう。

インターネットで探すと、口コミも合わせて知ることができるのでオススメですよ。

②電話する

依頼したいと思える探偵事務所が見つかったら、早速探偵事務所に電話してみましょう。

電話をした際には、必ずこちらからいくつか質問をしてみて、相手がどれだけ親切に答えてくれるかチェックしましょう。

ここであなたの質問に対して適当に答えたりするような探偵事務所であれば、依頼しないのがオススメです。

③相談をする

電話だけでなく、必ず探偵事務所に行って相談することも忘れないでください。

悪質な探偵事務所の中には、サイトはあるけれど実は事務所など存在しない…と言うようなところもあるのです。

そのような探偵事務所に引っかかり、大切な調査費用が無駄になってしまわないように最初に自分の目で確認しておくことが大切なのです。

④見積もりをもらう

できるだけたくさんの探偵事務所から見積もりをもらうようにしましょう。

安ければ安いほどいい、と言うわけではありませんが、自分が納得できる価格の探偵事務所に依頼することが大切なのです。

⑤調査開始

実際に探偵に調査してもらいます。

調査の際には途中経過をもらうことも忘れてはなりません。

⑥報告書をもらう

探偵の調査が終わったら、調査の報告書をもらうようにしましょう。

この報告書は、あなたが旦那の浮気が原因で離婚したい、慰謝料を請求したい、と思った時に活躍してくれます。


まとめ

今回は旦那が浮気をしているかもしれない、と思った時に、その証拠の集める方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

浮気の証拠を集めるには、まずは簡単に自分で調査をし、そのあと探偵に依頼して深く調査を進めてもらう、という方法がもっともスムーズです

浮気をされているかもしれない、と思うと不安でたまらくなってしまいますが、探偵事務所はきっとあなたの力になってくれます。

あまり一人で抱えたり、一人で解決しようとしたりせず、悩んだ時には探偵事務所というプロに相談してみてもいいかもしれません。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。