浮気の相談先と相談後の5つの選択肢

ただの気分転換つもりの外出で、ふと目にしてしまった夫の浮気。

ドラマなどでありがちなワンシーンですが、実際に浮気現場やその証拠を目にしてしまう妻は意外と多いです。

しかし、簡単に相談できる内容ではありませんので、抱え込んだまま精神的に追い詰められてしまうこともあります。

そこで、夫の浮気に関する相談先や相談後の選択肢についてご紹介します。

自分ひとりで抱え込まずに、浮気についてしっかりと相談してさまざまな方向から問題を解決させましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、浮気の相談先一覧

浮気の疑惑を感じても、友人や知人に手軽に相談するのは難しいですよね。

そこで、あなたのプライバシーを守りながら浮気の相談ができるところをまとめました。

(1)探偵事務所・調査会社

浮気の相談だけでなく、疑惑解明への具体的な行動も視野に入れている場合は、探偵事務所や調査会社へ相談してみましょう。

①具体的なメリット

探偵事務所や調査会社は、浮気調査のプロでもあります。

そのため、わずかな夫の変化から浮気をしている可能性があるかを判断してくれるのです。

ただし、相談の段階で分かるのは、あくまでも可能性だけです。

相談だけでは白黒ハッキリできませんので、探偵の言葉だけで浮気の有無を判断しないようにしましょう。

また、浮気の有無をハッキリさせたい場合、相談から直接浮気調査を依頼できるのも、大きなメリットといえるでしょう。

浮気をしている場合は、その証拠を掴むことができ、後々離婚や裁判をするようなときにも有力な証拠となりますよ。

②具体的なデメリット

探偵事務所や調査会社は普段活用することがないところです。

ですので、適切な営業をしているところなのか判断がしにくいことがデメリットです。

違法な営業を行っているところだと、相談だけのつもりだったのに、浮気調査の契約をするまで外に出られなかったり、その調査すらずさんなものだったりします。

そのため、相談に行く際にもしっかりと探偵事務所や調査会社について調べておかなければなりません。

また、ネットの情報だけで判断するのではなく、実際に会社を訪問して担当者の話を聞いて判断することも大切です。

相談までのこの一手間がデメリットにもなってしまうのです。

(2)夫婦カウンセラー

浮気など夫婦問題を専門的に取り扱っている夫婦カウンセラー。

浮気の疑惑を感じたら、最初の相談先としてうってつけのところです。

①具体的なメリット

夫婦カウンセラーになるためには、きちんとした資格や専門知識が必須です。

そのため、カウンセラーとして常駐している人は、夫婦問題を解決のためのプロばかりです。

そこで、浮気の疑惑を感じたときには、最初に相談してみることが最適なのです。

カウンセラーに浮気の相談を行うと、これからの具体的な行動の選択肢を教えてもらったり、選択に合った専門家や相談先を紹介してくれたりします。

もちろん、具体的な行動を考えていなくても、第三者に話すことで頭の中を整理ができます。

その結果、本当に自分が行いたいことを見つけるきっかけになりますので、漠然としたことしか分からなくても一度相談してみるのがおすすめですよ。

②具体的なデメリット

夫婦カウンセラーは、客観的に最適な問題解決方法を提示してくれます。

そのため、必ずしもあなたの考えに沿った解決方法を教えてくれるとは限りません。

また、夫婦カウンセラーだけでは根本的な問題解決にならないこともあります。

夫婦カウンセラーには浮気調査も離婚のための手続きも行う権利も資格もありません。

あくまでも話を聞き、解決策を提案し、あなたが選んだ解決策に向けての具体的な行動をアシストすることが夫婦カウンセラーの仕事です。

ですので、すでに具体的な選択肢を選んでいる場合などは、二度手間になる可能性があることがデメリットして挙げられます。

(3)法テラス

浮気の決定的な現場を見てしまうと、どうしても頭の中に離婚という選択肢が浮かんでしまいます。

この場合は、法テラスへ相談してみるのが良いでしょう。

①具体的なメリット

法テラスとは、無料で法律相談ができるように国が設けている施設です。

直接出向いての相談のほか、電話でも相談できますので、あなたの生活スタイルによって便利に活用できるのが大きなメリットになります。

さらに、相談した結果必要があれば、弁護士事務所を紹介してもらえますし、法テラスには弁護士や司法書士費用の分割支払い制度も存在しています。

具体的な相談や対応を行うと、どうしても費用が高額になりやすいため、こうした負担軽減制度もメリットの1つなのです。

②具体的なデメリット

法テラスは基本的に法律が絡んだトラブルを解決したり、法律についての疑問を解消したりする場所です。

そのため、浮気についての具体的なアドバイスはもらえないことが多いのです。

例えば、夫が浮気をしているから離婚を考えている、どのような証拠が離婚に有利になるのか、といった内容であれば上手に活用でできるでしょう。

しかし、夫のこうした行動は浮気をしているのか、などの質問には答えられません。

ですので、夫の浮気について法律的にどのように解決したいのかをきちんと考えてから、法テラスに相談するようにしましょう。

(4)弁護士

浮気問題を解決するとなると、頼りになるのが弁護士です。

では、弁護士へ相談することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

①具体的なメリット

弁護士へ浮気相談を行うことで、より具体的なアドバイスを頂けます。

離婚や浮気相手への慰謝料請求など、法律的に可能な解決方法を教えて頂けます。

もちろん、きちんと依頼を行えば、それに向けて全力であなたの代わりに行動してくれます。

また、離婚による慰謝料の金額や離婚・裁判費用など、離婚にまつわるお金の内容を知ることもできます。

そのため、離婚するかどうか悩んでいるときにも、お金という具体的な方面から考え直すこともでき、相談をきっかけに離婚をやめる夫婦もいるほどです。

ですので、離婚したいから弁護士へ相談というよりも、本当に離婚することが最適な選択肢なのかを見つめ直すきっかけになることも、弁護士へ相談するメリットになるのです。

②具体的なデメリット

弁護士が行えるのは、離婚や慰謝料請求など法律によって定められた手続きです。

そのため、法テラスよりもより具体的な相談内容が求められます。

また、弁護士は自分で証拠を集めたり揃えたりすることはできませんので、あなたが証拠集めを行わなくてはいけません。

つまり、手持ちの証拠で離婚することはできないと言われてしまったら、別途探偵事務所などへ依頼して証拠を掴まなくてはいけません。

ですので、ある程度証拠を集めたり、離婚や慰謝料請求などを具体的に考えておいたりしないと、相談を最大限に活かせないことがデメリットといえるでしょう。


2、注意!気をつけるべき浮気の相談先一覧

不安な気持ちを感じていると、誰でも良いから相談したくなる場合があります。

しかし、相談相手を間違えると、より厄介な状況に陥ってしまうかもしれません。

(1)両親・兄弟

すぐに連絡が取れ気兼ねなく相談できる相手が、両親や兄弟など自分の家族です。

特に両親は夫婦の先輩として、良いアドバイスがもらいと期待してしまうかもしれません。

しかし、大切な娘を裏切ったことを知った両親はあなた以上に夫に対する恨みを抱き、その気持ちはより根深いものになってしまいます。

その後解決しても何かと浮気のことを持ち出し、離婚などを勧めてくる場合があるのです。

そのため、離婚を決意した場合以外では家族に相談するのは控えておきましょう。

(2)夫との共通の友人

では、家族ではなく夫との共通の友人に相談するのはどうでしょうか?

確かにお互いの仲を取り持ってくれて、解決へと導いてくれることもあります。

しかし、結婚生活の中には他人に踏み込まれたくないこと、知られたくないことが多くあります。

すると、その友人に浮気の背景などが上手く伝わらず、結果として的はずれな解決方法を促されることがあるのです。

また、場合によっては余計に問題を複雑化し、夫婦仲や友人との関係が悪化することもありますので、極力相談しないようにしておきましょう。

(3)浮気相手・不倫相手

さて、浮気の現場を目撃し相手が分かっている場合、連絡先が分かるならば直接その相手へ関係を辞めさえるための行動を取ることがあります。

上手く行けば、関係を終わらせられるため、問題の解決手段としては手っ取り早いでしょう。

しかし、相手と直接連絡することはリスクが大きく、何の証拠もなければ相手も関係を終わらせようとはしません。

さらに、お互いに感情的になりやすく話し合いにならないことも多いです。

ですので、疑惑の段階で相手と直接会うのは避け、まずは証拠集めなど行いましょう。


3、浮気を相談した後の5つの選択肢

最後に浮気を相談した後に迫られる代表的な5つの選択肢について解説していきます。

その後の行動について予め知っておくことで、より相談を有意義なものにしていきましょう。

(1)夫と二人で話し合いをする

どんな選択肢を選ぶ場合でも、初めに行っておきたいことが夫との話し合いです。

浮気の背景や理由、さらに浮気相手や浮気の真偽などをきちんと確かめなければ、この後何をしても後悔がつきまといます。

そのため、あなたの気持ちや考えが決まっている場合でも、しっかりと夫と話し合いを行いましょう。

そして、夫との話を通して、もう一度夫婦の今後について考えてみましょう。

(2)夫婦で離婚カウンセリングを受ける

相談先としても優秀なカウンセリングですが、相談後に改めて離婚カウンセリングを行うことも重要な選択肢の1つです。

離婚カウンセリングは夫婦カウンセリングと同様に、夫婦問題を解決するためのサポートをしてくれます。

ですので、離婚する場合も関係を修復させるためにも、必ず二人でカウンセリングを受けてみましょう。

ただし、必ずしもあなたの考えや決断を肯定してくれるとは限りません。

初めから結論を決めてしまうのではなく、しっかりとカウンセラーによる意見を参考にして夫婦の今後について考えましょう。

(3)夫と誓約書を結ぶ

夫との関係修復選んだ場合、どうしてもまた浮気するのではと考えてしまうことがあります。

そこで、夫が浮気をしないために誓約書を結びましょう。

この場合の誓約書では、次浮気をしたら離婚をする、門限は○時など、次浮気をした場合のペナルティや浮気ができないように行動に制限をするのです。

状況に応じて制限を厳しくしたり緩くしたりすることも可能ですのでで、初めは厳しく行動を制限するのも良いでしょう。

(4)離婚は止めて慰謝料請求のみをする

浮気後の選択として最初に浮かぶことが多い離婚という選択肢。

ただ、離婚をするにはリスクが高いため、そこまでのことは考えていない場合もあります。

しかし、どこかでこのまま許すことは浮気相手へ負けたように感じてしまうこともあります。

そこで、離婚しなくても浮気相手へ慰謝料請求を行いましょう。

慰謝料請求は離婚とセットで行うようなイメージがありますが、実際には慰謝料請求は単独でも可能です。

そのため、慰謝料請求だけは確実に行い、浮気相手へ浮気の責任を追及しましょう。

(5)離婚を決断して慰謝料請求を行う

話し合いやカウンセリングなどを通しても離婚したいという意思が変わらなければ、夫とは離婚をして新たな生活へと一歩踏み出しましょう。

離婚を行う場合は、浮気相手に加えて夫へも慰謝料を請求します。

また、離婚が伴う場合、夫との財産分与や親権の選択など、さまざまな手続きが伴います。

ですので、この場合は改めて弁護士と相談し、連携して話を進めましょう。


まとめ

夫の浮気について悩んでいる妻は非常に多くいますが、中々自分の周りではそのような話を聞く機会はないでしょう。

これは、いざ自分が夫の浮気に悩まされてしまうと、誰に相談したら良いのか分からなくなり、結果的に1人で抱え込んでしまうからです。

しかし、1人で悩んでいても問題解決に至ることはできず、何日も何週間も悩み続けなければいけません。

ですので、公的機関やサービスを活用し、夫の浮気について相談しましょう。

相談するだけでも心が晴れますし、浮気に対して今後どのように対応していくのか、その指針を見つけることもできるのです。

浮気は夫婦の問題ですが、あなただけが苦しむこと、頑張って問題を解決させる必要はどこにもありませんよ。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。