不貞行為とは?証拠集めと慰謝料の増額に関する5つのこと

妻の信頼や愛情を裏切る夫の不貞行為、そのまま見過ごすのではなく、しっかりと証拠を集めて、慰謝料請求や離婚などで責任を追及しなくてはいけません。

そこで、不貞行為の証拠の集め方や、そもそもどんなことが不貞行為になるのかなど、夫を追い詰めるための情報をご紹介します。

あなたが思っているその行為。実は不貞行為ではないかもしれませんよ?

パートナーの不貞行為でお悩みの方のご参考になれば幸いです。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。


1、不貞行為は離婚事由に該当する

裁判などで争点となる不貞行為。離婚の適切な理由として法律で定められている事項の1つです。

不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを指しています。

もともと夫婦には配偶者以外の人と肉体関係を行わないようにする義務があります。

不貞行為をする=夫婦の義務を怠ったとみなされることで、適切な離婚事由となるのです。

ただし、不貞行為=不倫というわけではありません。

不倫したら必ず離婚できるという考えを持たないよう注意しましょう。


2、不貞行為に該当する行為と該当しない行為

それでは、どのような行為が不貞行為に該当するのか、よくあるケースごとに考えてみましょう。

(1)不貞行為に該当する行為の事例

まずは、不貞行為に該当する事例を確かめていきます。

思いがけない意外な行動が、離婚の条件を満たしているかもしれませんよ?

①誘いを断れなかった場合

自分にはその気がなくてもしつこく相手が誘ってくる場合があります。

特に、1度関係を持ったら諦めるから、といわれてしまい仕方なく相手に応じてしまう場合も少なくありません。

このような相手の誘いを断りきれなかった場合は、不貞行為に該当します。

自分の中に相手への好意がないとしても、不貞行為とみなされてしまうのです。

これは、相手の誘いを最後まで断るかどうかは個人の自由意志によるものであり、最後の決断は自分の責任で下したものであると考えられているからです。

相手がしつこくて、気持ちはなかった、という言葉は意味がなく、行為そのものが事実を語っているのです。

②酔った勢い

「一夜の過ち」という言葉があるように、酔っ払った勢いで関係を持ってしまう場合があります。

この場合には、親しい人だけでなく、その場で出会った初対面の人と関係を持つときもあります。

より衝動的な関係ですが、この場合でも不貞行為に該当します。

ただし、抵抗できない酩酊状態のような強姦に準ずる場合には該当しません。

③配偶者が不倫しているから自分も不倫した場合

配偶者に裏切られたショックから、自分も他の人と肉体関係を結んでしまうことは珍しくありません。

中には、相手の裏切りへ当てつけるように自分も不倫をする場合もあります。

しかし、どのような理由があっても、それが自分の意思で行ったものであれば不貞行為に該当します。

つまり、配偶者が先に不倫をしていても、あなたの行為は不貞行為となり、配偶者から離婚を迫ることが可能となるのです。

(2)不貞行為に該当しない行為の事例

さて、理由などに関係なくさまざまことが不貞行為に該当します。

では、反対に該当しない行為とはどのようなものなのでしょうか?

①強姦された場合

肉体関係がある=不貞行為となるのが一般的ですが、それに該当しない場合があります。

それは、強姦された場合です。

強姦は自分の意志に関係なく、相手が無理やり肉体関係を結ばせる行為です。

自分が抵抗しても一方的に行われるものであるため、不貞行為には該当しません。

不貞行為に該当するには、必ず自由意志が存在し、自分で判断できることが前提条件となっているのです。

②キスや腕を組んだ

キスをしていたり腕を組んだりする関係は、非常に親密な関係であり不倫していると思ってもおかしくない行為です。

しかし、法律上の不貞行為は肉体関係があることが前提となります。

そのため、肉体関係がない場合はどんな行為も不貞行為に該当しないのが一般的です。

ただし、例外も存在しており、肉体関係がない場合でも夫婦関係や家庭を壊すなどの逸脱した交際の場合は、慰謝料請求などの理由に該当する場合があります。


3、不貞行為と浮気・不倫との違い

不貞行為と同じ事を表すものに、「不倫」や「浮気」という言葉があります。

では、不貞行為とこれらの言葉の違いにはどのような違いがあるのでしょうか?

①浮気と不貞行為の違い

まず比較するのは、浮気と不貞行為の違いです。この違いはハッキリとしており、婚姻関係の有無が決定的な違いとなっています。

実は、不貞行為には法律で「配偶者がある者が行う行為」として記載されています。

つまり、不貞行為が成立するのは婚姻関係がある夫婦のみなのです。

そのため、もし同じ行為で裏切られても、結婚していなければ不貞行為に該当せず、浮気に該当すると考えられます。

②不倫と不貞行為の違い

次は、不倫と不貞行為の違いですが、この2つの言葉はどちらも配偶者を裏切る行為を意味しているため、ほとんど同じ意味を表しています。

つまり、明確な違いは存在しないのです。

ただ、不貞行為には「肉体関係があること」が前提となっています。

つまり、キスやハグだけでは不貞行為に該当しません。

一方、不倫の解釈は一人ひとり異なっており、キスやハグだけでも人によっては不倫に該当します。

そのため、配偶者の裏切りに対し一定の基準が存在するのが不貞行為、明確な基準がないものが不倫といえるでしょう。

特に、不貞行為は該当する行為が限られているため、不倫という枠組みの中の1つの項目として不貞行為が含まれているとも考えられます。


4、不貞行為の証拠を集める方法

離婚事由として法律上認められている不貞行為、その証拠を集めることが、責任追及の第一歩となります。

(1)自分で不貞行為の証拠を集める具体的な方法

離婚を有利に進めるためには、不貞行為の証拠が必要不可欠です。

では、自分で集める場合はどうしたら良いのでしょうか?

①夫の衣類のポケットや財布などを調べる

男性の特徴として、レシートや領収書などを適当な場所へ入れて忘れてしまうことがあります。

特に決まった場所がない場合、入れた場所を忘れてしまい捨てたと勘違いしていることもあるのです。

そのため、まずはジャケットなどのポケットや財布、カバンの中を調べてみて、怪しいものがないかを探ってみましょう。

また、すぐに必要なのかすぐに判断できないものでも、後から活用できるように集めておくことが大切ですよ。

②夫のクレジットカードの明細書を調べる・撮影する

不貞行為をしている場合、必要になるのがお金です。

ただ、現金でお小遣いを渡している場合、遊ぶお金がないと安心しているかもしれません。

しかし、クレジットカードが自由に使える場合、資金が潤沢にあるのと同じなのです。

そこで、夫が使用しているクレジットカードの明細書を調べましょう。

また、明細書は簡単に捨てられますので、携帯電話で撮影しておき、証拠隠滅させない対策も忘れずに講じておきましょう。

③メールや通話履歴を調べる・撮影

不貞行為は1人では行なえません。

つまり、相手と連絡を取り合うことが必須となっています。

そこで、メールや通話履歴などから、不貞行為の証拠を集めましょう。

この場合、確かな証拠がなくても相手の名前や連絡先が今後の調査で活用できますので、忘れずに撮影して手元に残しておくことがポイントです。

④夫の携帯電話・パソコンのネット履歴を調べる・撮影

メールなども含まれていますが、携帯電話やパソコンにはより多くの情報が集まります。

そこで、これらの機器を調べることが、証拠集めでは重要となります。

ただし、夫の警戒心が強い場合、メールなどを逐一削除して見せないようにしていることがあります。

そこで、インターネットの検索履歴やウェブ上のスケジュール表などを調べて、不貞行為の尻尾を掴みましょう。

メールなどの直接的な情報には危機感を持ちますが、一手間かかるところにある情報は警戒が薄れることが多いです。

そこまで見ないだろうというスキを突いて、不貞行為の証拠を握りましょう。

⑤会話の中で誘導尋問をする

他のどんな場所よりも不貞行為の証拠が詰まっているのは、夫の頭の中です。

そこで、普段の会話の中から情報を引き出して、不貞行為を自白させるのも有効な証拠集めの方法です。

この場合、毎日少しずつ情報を集めていく方法と、一気に暴露させる方法の2つがありますが、後で訂正されることを考えると、その場で全て暴露させる方が良いでしょう。

また、こうした言葉による情報は言った言わないが起きて、証拠として不十分な場合が出てきます。

そのため、忘れずにボイスレコーダーで録音して、言い逃れができないような準備を行いましょう。

(2)自分で不貞行為の証拠を集める時の注意点

自分で不貞行為の証拠を集める場合、すぐにでも始められますが気をつけないといけないポイントがいくつもあります。

①証拠を集めている痕跡を残さない

不貞行為の証拠集めで重要なのが、夫に集めていることを悟られないことです。

もし悟られてしまうと、より慎重な行動を始め、証拠などを徹底して隠滅するようになります。

すると、証拠集めが非常に困難になり、いつまでたっても証拠が集まらなくなってしまいます。

見たものは同じ位置に戻す、部屋に入った痕跡を残さないなど、慎重に証拠集めを行いましょう。

②余計な費用が必要になってしまう場合がある

証拠集めの基本は、夫の持ち物を探ることです。しかし、携帯電話やパソコンなどは簡単に証拠を消せるため、思ったよりも証拠集めが進まないことが多いです。

すると、データを復元するツールを購入したり、尾行するためにタクシーなどを使用したりして、意外と費用がかさんでしまいます。

無料できるものは無料で行い、最低限の費用で証拠を集められるように注意しましょう。

③やり過ぎた行為はしない

不貞行為の証拠集めで大変なのが、決定的な証拠を集めることです。

細かな証拠は集まっても、これだ!という証拠がなければ不貞行為を立証するのが難しくなります。

すると、盗聴などのより過激な方法で証拠を集めようとしてしまいます。

もちろん、こうした方法は違法で、証拠集めだとしても犯罪行為に該当します。

初めてのことだからこそ線引(どこまで踏み込んだ調査をしていいか)を知らず、曖昧になってしまうため、より踏み込んだ方法を行いたい場合は事前に適法かを調べて、慎重に実行しましょう。

(3)探偵事務所、調査会社で不貞行為の証拠を集める方法

自分で集める以外の方法として、探偵事務所や調査方法を活用して証拠を集める方法もあります。

この方法では、調査を依頼するだけで必要な証拠を集められるため、非常に便利な方法として人気を集めています。

探偵事務所などが行う調査は、聞き込み調査、尾行、張り込みの3つがメインです。

夫の周辺情報を集めて、顔や背景が分かるように決定的な証拠を撮影し、細かい内容を報告書にまとめるのが、一連の調査の流れとなります。

また、探偵事務所などは調査の一環としての盗聴など、特殊な行為が特別に許されています。

そのため、個人で行うよりも詳細な証拠が集まりやすいです。

特に、プランによっては複数の探偵がチームに分かれて調査を行う場合もあり、証拠の信頼性などを考えると非常に有効的な方法です。

(4)探偵事務所、調査会社の具体的なメリット・デメリット

探偵事務所や調査会社を活用するために、具体的なメリット・デメリットから詳しくその特徴を確かめていきましょう。

①具体的なメリット

探偵事務所などを活用するメリットとしては、負担なく的確な証拠が集まることが挙げられます。

個人で集める証拠にはどうして限界があり、手に入る証拠の確実性も不安定です。

特に、決定的な証拠を得るためには、目の前で不貞行為が行われるさまを目撃しなければならず、その精神的な負担は計り知れません。

こうした肉体的にも精神的にも重い負担を負わずに、証拠を集められることが、非常に大きなメリットになります。

②具体的なデメリット

メリットが大きいことは事実なのですが、一方で10万円以上の高額な費用が必要です。

この費用の問題が、一番のデメリットとなっています。

特に、探偵事務所の料金は事務所ごとに異なっており、料金体系が不透明です。

さらに、調査期間や調査人数によっても費用が異なるため、高額に感じてしまうこともあります。

ただ、あらかじめ証拠を集めておくことで、最低限の費用で的確な調査が行える場合もあります。

そのため、始めから全て任せるのではなく、ある程度自分で集めてから依頼する方法も有効的な活用方法です。


5、不貞行為の証拠を集めた後の選択肢

不貞行為の証拠が集まり疑惑が確証へ変わった場合、どんな決断をするのが良いのでしょうか?

(1)夫と離婚カウンセリングを受けてみる

不貞行為の証拠を掴むと、離婚するかしないか、その選択に迫られることがあります。

しかし、自分だけで考えても、夫婦で考えてもなかなか話し合いが進まないこともあるのです。

そこで、夫と一緒に離婚カウンセリングを受けてみましょう。

離婚カウンセリングは専門のカウンセラーを交えて、夫婦の今後について話し合いができます。

お互いの考え方をぶつけながら最適な決断を選択でき、さらにその決断を実現させる具体案も頂けます。

費用はかかりますが、しっかりとお互いが納得して答えを出せますので、大きなメリットがありますよ。

(2)弁護士に相談をして慰謝料を請求する

不貞行為の責任を追及する方法として有効な慰謝料請求。弁護士へ依頼して正しい方法で請求することが、不貞行為のけじめの付け方として多く方に選ばれています。

① 離婚請求を止めて慰謝料だけを請求する

離婚と慰謝料請求はセットで考えられていますが、実はそれぞれ別の事柄です。

そのため、離婚せずに慰謝料だけを請求することができるのです。

ただ、この場合の請求再起は不貞行為の相手です。

夫が既婚者だと知って関係を持っていれば、相手もその責任を負わなくてはいけません。

きちんと慰謝料請求を行って、相手の責任を追及しましょう。

②離婚して慰謝料請求をする

どうしても不貞行為が許せず、夫と一緒に生活するのが難しいならば離婚することも視野に入れましょう。

この場合の慰謝料請求は、相手だけでなく夫も対象になります。

忘れずに2人へ請求しましょう。

また、離婚時には財産分与が伴い、子供がいる場合には養育費や親権などの問題も浮上します。

慰謝料以外にも考えなくてはいけないことが多いため、弁護士へ依頼して力を借りることがより重要になります。

(3)より高額の慰謝料を請求する方法

さて、不貞行為の慰謝料は一定ではなく、その時々の状況によって変化します。

では、どのような場合により高額の請求が可能なのでしょうか?

要因として、不貞行為の相手の状況、婚姻生活の状態、子供の有無の3つに分かれています。

不貞行為の相手の状況とは、年齢差や主導性、認識などを指しており、年齢差があるほど、結婚していることを知っているほど金額が高くなります。

また、不貞行為前の婚姻関係が良好だったり、子供がいたりすると、より慰謝料は増加します。

さらに、離婚が伴うことでも金額は増加します。

不貞行為は一定の基準によって該当するかが決められます。

しかし、一つの家族のあり方を考えることでもあるため、さまざまな状況を考慮して慰謝料の金額が判断されます。

(4)注意!不貞行為の慰謝料請求には時効がある

不貞行為をしていたという事実はいつまでも残り続けます。

集めた証拠も長期間効力を有していますが、慰謝料請求にだけは時効があるため、十分に注意しておかなければいけません。

一般的な慰謝料請求の権利は、そのことを知った日から3年間だと定められています。

不貞行為の場合もこれに準じていますので、不貞行為を知った日から3年の間に慰謝料を請求しなければいけません。

ただ、法律では離婚から6ヶ月経過しなければ時効は完成しないという条文も存在しています。

さらに、判例の中には不貞行為には離婚が含まれるため、離婚届けを提出した日から3年間を請求期間とした場合もあります。

そのため、必ずしも初めの規定が適応されるわけではなく、状況に応じて時効期間が変わります。

必ず弁護士と相談しながら慰謝料請求の計画を練って、請求を行いましょう。


まとめ

不貞行為の証拠は、許すにしても離婚するにしても必要なものです。

そのため、夫の行動が疑わしい時にはしっかり証拠集めを行う必要があります。

ただ、不貞行為の内容について知っておかないと、正しい証拠を集められず、苦労して集めた証拠が全く使えないこともあります。

また、責任を追求するための慰謝料は、不貞行為の状況次第で大きく金額が変化します。

そこで、前もって弁護士へ相談したり依頼したりして、的確なアドバイスなどをもらい、あなたに有利な形で不貞行為の責任を追及しましょう。

調査結果が出なければ「調査費用が0円!」

証拠を掴める安心の浮気調査ならRCL探偵事務所へお問い合わせください。